函館校の記事

月別過去の記事

2017年09月26日

ロシア正教会の追善供養

 ロシア正教会でも、亡くなった人の冥福を祈る追善供養が行われるそうです。このたび知人のご家族の追善供養があったとして、お料理をいただきました。死後40日目にはその人のことを思い出し、みんなでお料理を作って食べるのだそうです。その思想はなんだか東洋的でもありますね。

 私たちは亡くなった方のことは直接存じあげませんが、その人の冥福を祈り、おいしくいただきました。鶏肉のピローク(パイ)、ハムを巻いたブリヌイ、そして「糖飯(とうはん)」と呼ばれる食べ物。お米やくるみ、レーズンが入っていて、とても甘くてしっとりしています。

 仏教のおはぎや、北海道ではお盆に甘納豆で作る甘いお赤飯を食べる風習があり、似ていますね。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年09月25日

「ウラジオストク市民訪問団」がFMいるかに出演します

 函館・ウラジオストク姉妹都市提携25周年を記念して、「2017ウラジオストクの旅」市民訪問団10名が、この8月にウラジオストクを訪れました。

函館校の「ロシア語市民講座」および「はこだてベリョースカクラブ」の受講生で訪問団に参加したお二方と地元ラジオ局のFMいるか「暮らしつづれおり」に出演して、旅の様子についてお話しします。

FMいるかは地域コミュニティラジオですが、スマートフォンやパソコンを使った「サイマルラジオ」を通じて全世界で聴くことができます。どうぞお聴きください!

<FMいるか「暮らしつづれおり」人ネットワーク>

日時:平成29年9月26日(火) 11:10~11:30頃
出演:ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大渡涼子
   入間川惠美子さん、浅田昌子さん

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年09月12日

はこだてカルチャーナイト2017のご案内

 9月22日(金)、市内の文化施設や教育施設などを夜間開放し、家族そろって地域の文化に触れるイベント、「はこだてカルチャーナイト2017」が開催されます。
 ふだん何気なく通り過ぎていても、見る機会がなかった建物や入りづらかった公共施設を見学する絶好の機会であり、各施設趣向を凝らした内容で、様々な体験をすることができます。
 本校は今年もこのイベントに参加します。毎年多くの家族連れでにぎわっています。みなさまのご来校をお待ちしております。
秋の夜長、地域の文化を探検しにでかけませんか?

  日 時:平成29年9月22日(金) 17:30~20:00

  場 所:ロシア極東連邦総合大学函館校ロシアセンター

  *ロシア語で遊ぼう
   ロシア語のアルファベット表を見ながら、
   自分の名前カードをつくってみましょう。
   英語と似ているけれど、ちょっと違う、
   キリル文字で書くと不思議な感じになります。

  *ロシア民族衣装試着体験
   美しいロシアの民族衣装を着て、
   お手持ちのカメラや携帯電話で記念撮影はいかがですか。
   衣装は男性・女性・子ども用と取りそろえています。

  *本校オリジナル人形劇の人形を動かしてみよう。

  *写真展
   (本校学生が撮影してきた最近のロシア・エカテリンブルグほか)

  *ロシア民芸品の展示、DVD上映

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年08月28日

はこだてグルメサーカス2017のご案内

 函館日ロ親善協会では、今年も「はこだてグルメサーカス」に参加します。大門グリーンプラザ会場で開催される「開港都市と姉妹都市のひろば」に出店し、ボルシチとピロシキの販売を行います。どちらもお持ち帰りできますので、おみやげにもどうぞ。
 函館と姉妹・友好都市関係にある国や日本全国のご当地グルメが楽しめるグルメサーカスに、ぜひお越しください!
 
<ウラジオストク市・函館日ロ親善協会のブース>
日 時:平成29年9月2日(土) 10:00~17:00
           3日(日) 10:00~16:00

場 所:大門グリーンプラザ 開港都市と姉妹都市のひろば

メニュー:ボルシチ         600円(各日150食)
     ピロシキ(肉)      200円(各日300個)
     
    
*なくなり次第終了しますので、お早目のご来場をお待ちしております。


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年08月25日

ペテルブルク・モスクワ旅行記7

<7日目>
 そしてモスクワを離れる日となった。昨日でインターンシップの予定はすべて終了しているので、空港に向けてホテルを出発する15時まで自由行動となる。開場と同時にクレムリンに入るため、朝食とチェックアウトを済ませホテルに荷物を預けたら地下鉄で街の中心部に向かう。
 モスクワの地下鉄は非常に便利であるが、中心部では路線が交錯しているため降りる駅を勘違いしてしまい、またしても道を尋ねながらクレムリンまで少し歩いた。しかし偶然にもチャイコフスキー像のあるモスクワ音楽院の前を通ることができたのはラッキーであった。
   

 クレムリン周辺にはモスクワの見るべき建物が集まっている。最初の目的は武器庫を見ること。ガイドブックによればクレムリン内部の共通入場券とは別に武器庫の入場券を買わなくてはいけない、販売時間も決まっており、人気があるので売り切れてしまうこともあるそうな。まずはチケット売り場に並ぶ。すると私の前のロシア人客が窓口の怖そうなおばさんにえらく怒鳴られている。きちんと注文しないと怒られそうだ。二つ合わせて1,200ルーブルをおつりのないように用意する。私の番となり、意を決して「武器……」まで言うと、黙ってクレムリンと武器庫2枚のチケットをバンバンと出してくれた。外国人観光客にはやさしい(?)ということか。
 
 金属探知機をくぐり、早速クレムリンに入場したら、まずは武器庫に向かう。物騒な名前であるが、中身は歴史博物館である。歴代皇帝の王冠やダイヤモンドが散りばめられた玉座、エカテリーナ2世が戴冠式に着用したというドレスが見もの。ドレスはロマノフ王朝の紋章である双頭の鷲が全面に刺しゅうされ、後ろに長く裾を引いている、権力者が着るにふさわしい手の込んだもの。圧巻なのは馬車がぎゅうぎゅうに並べられた部屋。部屋いっぱいにたくさんの馬車が押し付け合って並べられていて、文化財保護の観点から見れば、もうちょっと隙間を開けて展示しないと傷むのでは、と心配してしまう。
 

 武器庫を出たら聖堂広場に移動する。共通入場券ではここにある5つの教会と宮殿に入ることができる。ロシア皇帝が戴冠式に臨むウスペンスキー大聖堂には祭壇に向かいイワン雷帝と皇后の玉座が置かれている。ロシア皇帝の墓所となっているアルハンゲルスキー聖堂には48もの棺が安置されている。フレスコ画が美しかったり、それぞれに特徴があるため、全部入った方がいい。どこかの教会に入る時、武器庫のチケットも一緒に出したら「武器庫は入る時間が決まっているから先にそっちに行け」と言われた。よく見るとたしかに10時開始と書いてある。しかしその時間前でも入れてくれたということだろう。もう見てきた、と言うと「早いな」と驚かれた。
 
 
 クレムリンを出たら赤の広場を抜けて、ワシリー寺院に行く。私のイメージでは赤の広場はだだっ広い荒涼な印象だったが、夏のこととあって広場内に仮設のスタジアムが建設されていたので、ソ連崩壊時に激動の歴史の象徴としてテレビに映し出されたあの感慨はまったくなかった。サッカーの試合でもするのだろう。
 

 スタジアムの周りには物産展のテントが立ち並び、お菓子や民芸品などが販売されている。その中に日本の緑茶を試飲させるテントがあり、日本人が日本人にお茶を勧めていた。
 

 ロシアで最も有名な教会といっても過言ではないワシリー寺院の周辺は混雑していた。ところがチケットを買うために窓口に行くと閉まっている。その隣の券売機も動いていない。どうすればいいんだ、ここまで来てワシリー寺院に入れないのか、あまりにも悔しい!もうあまり時間はなかったが、ほかのお客さんとともにしばらく待ってみると、窓口のおばさんがのっそりと戻ってきて何事もなかったかのようにチケット販売を開始した。休憩に行っていただけなのか、それとも入場制限でチケットを売らなかったのかはわからないが、ともかく内部に入ることができた。
 
 ワシリー寺院は純ロシア式の教会で、外観はサンクトペテルブルクの血の上の救世主教会と似ているが、こちらのほうが歴史が古く、中に入ると印象は異なる。9つあるクーポラの一つひとつが教会になっているため、迷路のような階段を上がったり下りたりしてアーチをくぐるとイコノスタスが現れたりする。一つの教会では聖歌隊がお祈りを捧げている場面に遭遇した。建物自体がすごく古くて照明も暗い。内部の天井や壁には文様が施され、歴史を感じる趣がある。
 

 駆け足だったがモスクワの名所を見学できてよかった。急いでまた地下鉄でホテルそばのパルチザンスカヤ駅に戻る。今回の大事なミッションは、ロシアの民族衣装など学校で使用する物品を購入すること。これはロシアでも簡単に手に入るものではないが、偶然私たちが泊まったホテルのすぐそばに民芸品がたくさん売っている市場があるということで、そこに行くのが実は本日最大の使命。ホテルの部屋から見えるディズニーランドのような一帯、あれは何だろう?と思っていたら、そこがその市場「ヴェルニサージュ」であった。モスクワ在住の日本の方に聞いてもみなさん、おみやげを買うなら種類も豊富で値段も安いあそこがいいよ、と勧めてくれた。
 

 平日のことで開いていないお店も多かったが、マトショーシカや毛皮の帽子を売るテント屋根の小さな屋台が両脇に連なり、それが3列ほど並んでいた。お目当てのものはなかなか見つからない。絵付けに使う白木のマトリョーシカを探したが、扱っているのは1店舗のみで、店前には3個しかないという。もっと欲しいと言うと、こっちに来いとテントの裏の方へ少し歩いて案内される。そこにはテントではない実店舗があり、白木の木工品ばかりが売られていた。しかしやっぱり必要な数はそろえられず、明日工場から持ってくるからもう一度来いと言われた。いや、今日の飛行機で日本に帰るんだと答えて、ある分だけ購入した。

 


 次に民族衣装を探す。学校では行事の際、民族衣装試着体験でお客様に来てもらったり、合唱サークルが着て歌ったりするためのもの。普通の洋服しか売っていない店で尋ねたところ、民族衣装のみを扱う店は市場の中でも1店しかないといって、そこに案内してくれた。
 

 その店には感じのいいお兄さんが一人いて、いろいろと見せてくれる。だがロシア人サイズでどれも丈が長いので、もう少し身長が低い人用のものが欲しいなどあれこれ言うと、ちょっと待ってろとママを連れてきた。ママもたいそう感じがいい。息子がサラファン(女性用のドレス)に合うココーシニク(頭飾り)を選んでくれる。しかしここでも数がそろわず、明日持ってくるからまた来い、と言われる。今日帰らなくちゃいけないんだ、と断り、赤いサラファン3枚と赤と青のココーシニクを買ったところ、ママに「青のココーシニクはこの衣装には合わない」と言われたが、そうじゃなくてすでに持っている青いサラファンに合わせるのだ、と答えると息子が「ママ、この娘(ロシアではいくつになっても娘さんと呼ばれる)はわかっている、心配いらない」などと会話している。領収書をくれと頼むと手書きでいいか、と明細まで丁寧な筆記体で書いて渡してくれた。また来てねー、明るい親子とのなかなかいい出会いであった。
 

 そして自分用に毛皮の帽子も買う。ロシアで毛皮の帽子なんてベタなこと、自分がするとは思っていなかった。しかし青空の下、ラックにずらりと帽子が掛けられ、興味をそそる。一つ手に取るごとにおじさんが「チンチラ」、「ミンク」と毛皮の種類を教えてくれる。品質がいいか、値段も適当かはわからないがすごく柔らかくて暖かそう。チンチラの毛皮がバラのように巻かれてできた帽子を被ると、「おお、一番美しいのを選んだな」と言われ、頭頂部が少しふくらんでいるのは女性の髪の毛をアップにして入れるためだと教えてくれた。こんな帽子は日本では売っていないだろうと思い、そのまま買ってしまった。とても楽しいヴェルニサージュ市場であったが、たくさんのお店が開く土日はもっと楽しいだろうな。
 
 しかしもうタイムリミットである。ホテルに戻って預けていた荷物を受け取り、ロビーで空港までの送迎車を待つ。運転手のゲンナジーさんは韓国系ロシア人であった。カタコトの日本語を話すので不思議に思ったら、娘さんが結婚して横浜に住んでおり、日本にも行ったことがあるという。
 それにしても聞きしに勝るモスクワの渋滞。4車線もある広い道路でも少しの隙間があれば車線変更し割り込み、進もうとする。みんながそれをするので危ないし、結局のところあまり進まない。2時間も前にホテルを出たのに。到着した時は空港からホテルまで40分くらいだったのに。金曜日の夕方は特に混むとのことで止むを得ないが、ちゃんと飛行機に乗れるのか、ゲンナジーさんは次の仕事に間に合うのか、お互い次第に無口になり道路の隙間を縫う。そしてギリギリで何とか到着。スーツケースをボンボンと下ろして、お別れもそこそこ、ゲンナジーさんは次の仕事に向かい、私たちはアエロフロートの長蛇のチェックインカウンターに並ぶ。結果、空港で水を買う時間もトイレに行く暇もないまま帰国便に乗り込んだ。余韻に浸る間もなく、慌ただしくロシアの地を離れることとなってしまった。

 アエロフロートの機内ではおいしいブリヌイの食事が提供された。英語で話しかけるキャビンアテンダントにはロシア語で応答する。そのまま寝てしまい、起きるとシートの前ポケットに英語の税関申告書が挟まれていた。隣の日本人は日本語の申告書をもらっていた。私はヘンなロシア語をしゃべる韓国人か中国人かわからないヤツだと思われたのだろう。
 

 帰りの便は夜間飛行だったので、天気が良ければシベリア上空からは暗闇に油田から上がる炎がポッ、ポッ、と見えてとてもきれいだと聞いた。しかし残念ながら席は窓際ではなかったので何も見えなかった。次の機会のお楽しみ。
 1週間でペテルブルクとモスクワを知るにはあまりに短すぎるが、今回は仕事とはいえ、とてもいい経験をさせてもらうことができた。この機会を与えていただきお世話になったみなさま、現地で出会ったすべての方々に感謝を申し上げます。(おわり)
 

                   

ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年07月07日

ロシアの定番おやつ!?スィローク

 先日、卒業生で去年の夏までウラジオストクに住んでいた方からとある情報をいただいた。
 ロシアで定番のスィローク(Сырок:сырはロシア語でチーズの意味)というお菓子が日本でも、そしてこの函館でも業務スーパーで手に入るらしい、とのこと!

 情報化社会、インターネットで様々な情報が手に入るが、顔を知っている人からの情報というのはやはり元ネタがインターネットからでも嬉しい。しかも、今回の場合は食べたことのある人からの生の声でもある。これは食べてみないといけない。
 卒業生の方いわく、子どもたちのおやつとして幼稚園でも出ていたポピュラーなものだという。

 スィロークというお菓子について、ロシア人の先生方に聞いたところ「Птичье Молоко(鳥のミルク)」というチョコレート菓子を冷やしたものに似ているとのこと。
 ちなみにロシアで売っているものは、保存料などが入っていないので賞味期限が1週間もないらしい。中にはジャムが入っているものもあるのだそう。
 とにもかくにも、まずは買って食べてみよう、ということで近くの業務スーパーへ。

 他地域では売り切れになっている種類もあるそうだが、函館では全種類を複数購入することができた!(やったね!)

 パッケージを見るとリトアニア産で味はバニラ、ストロベリー、ブルーベリーの三種類。
  
 
 

 函館でも日差しの強くなってきた6月下旬、早速みんなで試食!
お茶のお供におひとつどうぞ。
  

 味は日本語のパッケージ通り、チーズケーキバーというだけあってノーマルなバニラ風味でも結構酸味がある。ストロベリーやブルーベリーのほうが癖が無く、食べやすいかも。
 割ってみるとこんな感じ。中に何か入っているわけではなく、それぞれチーズケーキ風味のアイス?がベルギーチョコレートでコーティングされている。

 なぜ、「アイス?」なのかというと、どうも中身はアイスではないらしい。ロシアで売られている物は、中身はスフレ状になっており、凍らせることはないのだそう。多分、これもそうで凍らせるべきものではないものを凍らせているため、冷凍庫から出したばかりだととても固くて食べられなかった。(写真は包丁で切った)
 

 しかし、味はとても美味しい!職員室に「美味しいー!」との声がこだまする。
 先生方からはどこで買ったと質問攻め。店を教えるが、まだ売っているのかが心配。まぁ、この場はみんなで美味しく、楽しめたので良かったと思おう!
 今度はウラジオストクで本物を食べたいな。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年07月06日

ミリオン・ズビョースト 第92号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第92号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、パドスーシヌィ・ワレリー教授による「ユル・ブリンナー」です。アメリカ映画や舞台の俳優として有名ですが、彼はウラジオストクにゆかりのある人物でもあります。今回はそのユル・ブリンナーの生涯について書いています。

 また、4月に入学した1年生たちの寄稿や、北方四島交流事業に参加した学生の寄稿もあります。新入生からの寄稿では新しい環境に戸惑いつつも、ロシア語学習への意欲を感じる文章となっています。是非、ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年07月05日

今年もみんなで大沼キャンプ!

 毎年恒例・教職員親睦の大沼キャンプを6月末の土日に行いました。函館から車で1時間ほどのところにある大沼は、緑の季節真っ盛り。ご招待を受けた学校関係者の別荘はまるでロシアのダーチャのような場所で、先生たちも毎年ここに来るのを楽しみにしています
 
 今年のメインディッシュはアイーダ先生が作る羊のスープ“шурпа(シュルパー)”。骨付きのラム肉からたっぷりの脂が出て、玉ねぎと塩コショウだけの味付けでも濃厚な味。お椀に持ってからヨーグルトを入れて食べます。するとさっぱりして、また違った味わいになります。

 
 色鮮やかなビーツのサラダ、“винегрет(ビネグレット)”も作りました。ビーツも畑で育てたもの。
 
 P1110303_R.JPG
 ほかにもスペアリブや魚介のバーベキュー、ロシアのハチミツやライ麦パン、デザートまでテーブルいっぱいに並びます。
 
 
 食後は森の中を1時間ほどお散歩。野の花が咲き、蝶々が舞ったり。日も射して気持ちのいいお散歩タイムです。

 
 狐くんもお散歩。

 
 庭ではバトミントン。お風呂は近くの温泉に出かけます。今時期は日が長いので、焚火も焚いて遅くまで外で楽しむことができます。

 翌朝はロシア人の先生方も巻きずし作りに挑戦!上手に巻けました。朝からゆったりお茶を飲んで、楽しい休日を過ごしました。
 P1110419_R.JPG

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年06月02日

ペテルブルク・モスクワ旅行記6

<6日目>
 いよいよインターンシップ最後の日、今日はシェレメチェヴォ空港そばの東洋トランス社に伺う。ロシアCIS諸国に強みを持つ物流の会社だ。
 ホテルから地下鉄でベラルースカヤ駅に移動し、鉄道駅のベラルーシ駅からアエロエクスプレスの赤い車両に乗る。二つの駅は隣り合っているので乗換えはスムーズだ。
 列車は30分ごとに走っていて、空港までの所要時間はおよそ35分。ペテルブルクでの遅刻を繰り返さぬよう、早めにホテルを出た。
 アエロエクスプレスのチケットは券売機でも買えるが、窓口で買おうと試みた。「10時発のシェレメチェヴォ空港行きをください」、しかし「その便はまだ早い、発売前だ」と断られてしまう。こういうところは意外と厳密。30分待合室で過ごし、ようやくチケットを手に入れることができた。

 

 エクスプレスと言いながらも、全然エクスプレスではなかった。ベラルーシ駅を出発するとすぐにのどかな田園風景が広がり、ゆっくり走る鈍行列車の印象だ。

 

 空港の改札には東洋トランスモスクワオフィスの日本人駐在員の方2名が迎えに来てくださり、車でオフィスに向かう。この会社は函館校の卒業生が過去何人も就職し、現在も1名がモスクワに駐在中。しかしちょうど日本に帰国中で卒業生には会えなかったので、ほかの社員の方に社内を案内していただく。会社概要の説明を受け、ヘルメットを被り倉庫を拝見。日本の飲料メーカーの自販機がずらりと並んでいる姿は壮観であった。モスクワで自販機を売るということは、それに入れる飲料も日本から輸出できるということ。学生たちは前日、マネージ広場で見かけた自販機で飲み物を買っていたので実感できたようだ。日本と同じ缶コーヒーやジュースをルーブルで買うと、日本語で「ありがとうございます」と自販機がしゃべる。

 
 
 ふたたび空港まで送っていただいた後、アエロエクスプレスに乗り、今度は地下鉄パヴェレツカヤ駅に向かう。午後からは双日ロシア会社を訪問する。そこで私たちはまた道に迷ってしまった!地下鉄パヴェレツカヤ駅と鉄道パヴェレツキー駅は大きな道路をはさんで向かい合っているが、その二つを混同し、いただいた地図に従って進んだつもりがまったくの反対方向に行ってしまったのだ。ここでも人々は親切にロシア語で、時には英語で道を教えてくれた。大幅に遅れてようやく双日社に到着した。

 ここでは日本から駐在している社員の方のお話を伺い、商社という大きな仕事の一部について教えていただいた。双日はスバル自動車の輸入卸販売代理店の仕事もしている。ペテルブルクでもモスクワでも、トヨタや日産の自動車をよく見かけた。マツダのテレビCMも見た。しかしスバル車は全然見かけなかったので質問してみたところ、スバリストという熱烈なファンがいて、モスクワのような都会よりも郊外の悪路で活躍しているのだとか。
 お話の後で日本に留学した経験があるという若いロシア人スタッフ3人の方ともおしゃべりすることができ、おすすめの観光名所などを聞いた。

 ひととおりの企業訪問はこれで終了。学生たちは慣れないスーツを着てがんばった。ホテルまでの帰路、地下鉄の中で私たちを中国人と勘違いしたロシア人男性に話しかけられた。その人は英語とドイツ語の通訳をしていて、中国語も勉強し始めたので興味を持って話しかけてくれたようだ。私たちがパルチザンスカヤ駅で降りると言ったら「あの駅にあるパルチザンの像の意味を知っているか?」と聞かれ、よく知らないと答えるとじゃあ教えてあげるよ、と一緒に降りてくれた。
 第二次大戦中、土地の住民が武器を持って戦った。この人たちは兵士ではない、だから中には女性もいる。パルチザンは英雄なんだ、というようなことを汗をかきながら熱弁してくれた。たしかにプラトーク(ロシアのスカーフ)を被った女性の像もあり、みな強い意志を持って戦いに挑んでいるようなまなざしだ。その男性の家はまだ先の駅だそうで、ふたたび地下鉄に乗るために手を振って戻っていった。そこまでして教えてくれたことに感動する。

 

 地下鉄構内は日本のように電光掲示板であちこち看板が出ているのと違い、表示も小さく数も少ない。車内のアナウンスも次の駅を一度しか言わないので、注意していないと降り遅れてしまう。ご用心。
 
 ちなみにソ連時代に作られたモスクワの地下鉄駅は、美術館や宮殿にも例えられるほど豪華な装飾と彫刻が印象的である。私が見た数少ない中で気に入ったのはプローシャチ・レヴォリューツィ駅。アーチ状の通路が連なり、アーチごとにすべて違う彫像が置かれていて荘厳な雰囲気。街全体について、ペテルブルクがロマノフ王朝の面影を強く感じさせるのと対照的に、モスクワは共産主義の印象が色濃く残っていると感じた。

 

 企業訪問も済んで気が楽になったので、夕食は各自自由とした。ホテルの周りにはロシアのファストフードチェーンのほか、サンドウィッチのサブウェイや観光客用の土産物店が並んでいる。土産物店の看板は大々的に中国語で書かれ、ほとんどが中国人客であった。
 私もお土産を買おうとしたが、強引な中国人が山ほど買っているのでなかなか注文できない。大方の商品はショーケースに並べられているため、店員に頼まないと手に取ることもできない。お客が少ない店を見つけて、チョコレートや紅茶、グルジアワインなどを買い求める。

―グルジアワインはあるか?
―ある。赤か白か?
―赤。
―甘いのか、辛いのか?
―辛いの。
―じゃあ“ムクザニ”ね。
―ちょっと待って、そのきれいな瓶は?
―これはちょっと甘口の“フヴァンチカラ”。
―それもちょうだい。

 こうして私は素焼きの美しいボトルに入ったグルジアワインの赤を手に入れた。この程度の会話でも買い物はできる。こちらががんばってロシア語で話すと、お店のお姉さんは親切に対応してくれるが、逆に割り込もうとする通訳なしの中国人には「待て!」と手厳しい。という訳で、勇気を出してロシア語で店員さんに話しかけることをおすすめします。

                  

ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年05月09日

2017カスピ・サマースクールのご案内


 ロシア・アストラハン国立大学ではロシア語短期留学文化体験プログラム「2017カスピ・サマースクール」参加者を募集しています。

 ロシア南部ヴォルガ川下流にあるアストラハン国立大学では現在、卒業生の長谷川里子さんが日本語講師を務めています。
 長谷川さんは2005年に函館校を卒業後、ウラジオストク本学やJICAから派遣されてキルギスで日本語講師の仕事をするなど、幅広く活躍しています。その様子は、以前このブログに連載されていた「グータラ猫のウラジオ日記」や現在連載中の「グータラ猫のアストラハン日記」からも知ることができます。

 今回募集するプログラムはアストラハン国立大学が開催するもので、ロシア語初心者を対象としています。例年、日本の大学から5~6名の実績があります。
 興味をお持ちの方はアストラハン国立大学ロシア・アジアセンターjapanese.aspu@gmail.comまで直接お問合せください。

 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年04月27日

ペテルブルク・モスクワ旅行記5

<5日目>
 豪華寝台列車「赤い矢号」がモスクワに近づき夜が明けてくると、車掌の女性がコンパートメントのドアを強くノックして、熱々の紅茶を運んでくれる。これは前夜に注文を聞かれて、下車する時にテーブルに料金を置いておく仕組み。たしか30ルーブルほどだったと思う。その後で朝食のブリヌイにジャムやドライフルーツが添えられて出される。こちらは乗車料金に含まれている。温かいのでとてもうれしい。
 

 「赤い矢号」では歯ブラシやお手ふきのほか、ミントや靴べら、歯間ブラシまでアメニティとして配られた。
 

 さて、モスクワではレニングラード駅に到着する。レニングラードはサンクトペテルブルクのソ連時代の名称である。このあたりにはターミナル駅が集中しており、行き先によりカザン駅、ヤロスラヴリ駅、ベラルーシ駅などに別れる。どの駅舎も特徴があり美しい。

 

 旅行会社の送迎車でホテルベストウエスタンヴェガに向かう。ホテルが林立するこのイズマイロヴォ地区は、1980年のモスクワオリンピックの選手村だったところだが、現在ではアメリカ資本などが入り、観光客向けのショッピングセンターも充実するなどその面影は少ない。私たちが泊まったヴェガ(ほかにアルファやベータ、ガンマなどがある)などすっかりアメリカンスタイルのホテルになっていた。日本を含む西側諸国の大半がボイコットした当時の五輪のことを考えると隔世の感である。
 

 しかし、まだ早すぎてチェックインはできない。このまま企業訪問に出かける私たちは、ホテルのトイレでスーツに着替え、スーツケースを預ける。預り所にはおじさんがいて、名前を書いて鍵を受け取る。注意しなければならないのは、このホテルの場合、基本は無料であるが受け取りが18時以降になると150ルーブルを支払わなければならない。
 時間に余裕があるので、雨の中近くのイズマイロフスキー公園を散策。緑が目に新鮮である。
 

 昨日の遅刻の二の舞はしたくないので、早めにこの日の訪問先となるモスクワ日本センターがあるモスクワ大学(МГУ)へ向かうことにした。
 モスクワ大学は日本でいえば東大にあたるロシア屈指の名門。函館校にも、ここの寮に住まい、通った教員が何人かいる。スターリン・クラシック建築と呼ばれるソ連時代の建物は、市内に7つあるスターリン様式の中でも最大のものだ。見上げても天に突き刺さるばかりの尖塔は威容を誇り、かつ美しく圧倒される。とても一枚の写真には収まらないのである。
 

 モスクワ大学のすぐそばには市内を一望できる名所、雀が丘がある。手前にはモスクワ川が流れ、眼下にあるのはモスクワオリンピックの競技場。オスタンキノのテレビタワーやモスクワ・シティの高層ビル群も見えて、ペテルブルクとは違う近代化された街の様子がうかがえる。

ロシアの人々はこのような眺めの良いところで婚礼写真を撮る風習がある。この日もウエディング姿のカップルに出会った。私たちはベンチで休み、屋台でポンチキ(ロシアのドーナツ)を食べるなどして時間をつぶした。
   

 モスクワ日本センターはモスクワ大学構内にあり、建物の前には「2012年10月 日本国民の友情の印として、日本政府の協力により建設された」旨の碑がある。ここではロシア語を勉強して将来どうするか、ロシア語ができるだけでは駄目で、その背景にある歴史など幅広く学ばなければならないということを教わり、北海道新聞モスクワ支局の取材も受けた。
 

 この日の夜は、モスクワ在住の知人の案内で、まず赤の広場に連れて行ってもらう。モスクワに来たら必ず訪れたい場所。しかし、この日はなぜか16時には門が閉まっていたので、鉄柵の外からのぞくだけで入場することはできなかった。近隣のボリショイ劇場や国営百貨店グム(ГУМ)、マネージ広場、などを見て回る。どこも観光客でいっぱいだ。
 

 夕食には日本ではなかなかお目にかかれない、グルジア(現在の国名はジョージア)料理をリクエスト。ウ・ケティ(キティーちゃん)というこのカフェは、時々店名が変わるが昔からあるお店だそうで、とてもおいしかった。
 

バドリジャーニという、くるみやにんにくのペーストをソテーしたナスでくるんだ前菜や、中にとろけるチーズがたっぷり入ったピザのようなパン・ハチャプリ、お米の入ったピリ辛のスープ・ハルチョーなどを堪能。コーカサス地方の料理は意外と日本人の好みにも合う、大変な美味である。
 

 満腹になって地下鉄でホテルに戻る。最寄りの駅はパルチザンスカヤ。18時を過ぎたので料金を支払って荷物を受け取り、ようやく部屋に入ることができる。今日も長い一日であった。
 

              

ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年04月26日

イースターエッグを作ろう!2

 今度は卵を染めるタイプのキットを使ってみましょう。キットの中には染料のタブレットが入っています。今回は紫と黄色を試してみます。

 

 説明書をよく読んで、1カップの水に大さじ1杯の酢を入れたものにタブレットを溶かします。2色作るので、器も二つ用意します。

 

 液に卵を浸します。今回はゆで卵のほか、殻に針で小さな穴を開けて中身を抜いたものも試しました。ゆで卵は液の中に沈むので簡単ですが、殻は浮いてしまうのでコロコロ転がしながら染めます。
 
 つける時間は2~5分とありますが、長ければ長いほど色が濃くなるので10分ほどつけてみました。

 

 卵が乾いたら、添付のシールをお好みで貼りつけます。

 

 カラフルなイースターエッグが完成!

 

 先生方も大喜びです。この卵は後でおいしくいただきました。

 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年04月21日

イースターエッグを作ろう!1

 今年のロシア正教の復活大祭は4月16日(日)の午前に行われました。
 復活祭といえば、イースターエッグ。伝統的な作り方は玉ねぎの皮を煮出して卵を赤く染めるなどしますが、ロシアではカラフルなイースターエッグを作るために、いろいろな種類の専用のキットが売られています。

 

 たとえばフィルムタイプのものを使ってみましょう。1枚で6個できるものは、一つひとつ切り離します。

 

 フィルムをゆで卵にかぶせます。

 

 煮立ったお湯の中に卵を投入します。

 

 すると1~2秒できれいに卵の表面に熱着します!

 

 あっという間にきれいなマトリョーシカ柄イースターエッグの完成です。

 

 次回は染料で卵を染めるタイプに挑戦します。
 お楽しみに!

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年04月03日

ミリオン・ズビョースト 第91号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第91号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、イリイン・セルゲイ校長による「日ロ交流の見通しについて私の個人的な意見」です。国際情勢が刻々と変化している中、私たちに何ができるのか、何をすべきなのかを考えさせられるお話となっています。

 そのほか、3月に函館校を巣立った卒業生からの寄稿や、学生通訳に派遣された在校生の寄稿もあります。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年03月17日

ペテルブルク・モスクワ旅行記4

<4日目>
 4日目にしてようやくインターンシップらしく企業訪問が始まった。この日はサンクトペテルブルク郊外にある世界最大のタバコ工場、JTIペトロ工場の見学である。送迎車で工場へ向かい、会議室で概要説明を受けた後、タバコの葉が紙巻きタバコになり、箱詰めされるまでのすべての工程を見せていただいた。終了後に工場内のカフェテリアでランチをご馳走になった。ロシア料理をベースにして、スープやパン、メインディッシュなど好きなものを組み合わせられるようになっていて、多くの職員でにぎわっている。仕事の合間のリラックスしたひと時だ。
 工場の入り口にはロシアの国旗、JTI(JTインターナショナル)の社旗に加えて日本の国旗も掲げられているのが印象的であった。

 

 工場見学の後はエルミタージュ美術館へ向かう。3日いても飽きないと思うが、我々に与えられた時間は90分。一般の入口は中国人団体客がバス何台もで乗りつけるためごった返しているが、私たちは専用ガイドをつけてもらうため、別な入口から入ることができた。しかしビジネススーツを着た4人組は、韓国総領事館の訪問団と間違われてしまった。“Я японка(私は日本人)!と叫んで、ようやくガイドのマリーナさんと落ち合うことができた。

 マリーナさんはとても上品な年配の女性だった。ロシア語で案内してもらう。時間が90分しかないことを告げると、「大丈夫、まず何を見たい?」と聞くので、一番見たかった「ラファエロの回廊」と答え、イタリア美術の一角に連れて行ってもらう。

   

 エルミタージュは建物自体が美術品であり、どこをみても豪奢な装飾、その上世界の名画がこれでもか!と飾ってある。時間がないのが本当に悔やまれるが、マリーナさんは「大丈夫、私たちは慣れているから心配ない、大事なものは全部見せる」と言って、効率よく見せてくれたのでとても助かった。ダ・ヴィンチの聖母もダナエもからくりの金時計も、見たいものは見ることができた。

 エルミタージュ美術館では昔から地下や屋根裏でネズミ取り用の猫を飼っていて、それが「エルミタージュの猫」として有名である。猫は大切な職員の一員。前庭で見かけたこの黒猫も「エルミタージュの猫」であろうか。ロシア人は黒猫を不吉なものとして極端に嫌うが、そんなことお構いなしに悠々と芝生の上を歩いていた。

 

 そこから地下鉄に乗り、今度はサンクトペテルブルク日本センターへと向かう。しかし私たちは地下鉄の駅を出てから、道に迷ってしまった。
 ロシアの地下鉄は日本と違い、出入り口が1か所しかないので間違うはずがない、と過信していた。だが地図のとおりに歩いたつもりでも何か違う。わからない時は誰かに聞くに限る。ロシア人は笑わないというけれど、どこでも誰でも急いでいても、とにかく親切に道を教えてくれた。
 それでもまだ日本センターにはたどり着かない。結局センターに電話して、職員の方に通りまで迎えに来てもらう始末。

 日本センターでは現地でロシア人向けに開いている日本語や日本文化を広める活動について、またペテルブルクに進出している企業の話などを聞くことができた。
 この日の予定はこれで終了だが、帰りにまた迷われてはかなわないと、所長さんが職員のエレーナさんに、そのまま帰っていいから通りまで送るよう指示してくれた。エレーナさんは日本語を勉強中で、東京の日本語学校に1ヵ月留学したことがあるそうだ。まだまだ勉強中と言いながら、一生懸命話をしてくれた。
 今回の旅では旅行会社からペテルブルクで使える「ジェトン」というメトロコイン(1枚35ルーブル)を5枚もらっていた。帰りに使う分と記念に1枚手元に残してもまだ余るので、みんなでエレーナさんにささやかなお礼としてジェトンをプレゼントして、ネフスキー大通りで別れた。

 通りを歩いていると京都・福寿園のカフェを発見。日本センターの所長さんからも話は聞いていたが、今は日本茶がブームで、このカフェも流行っているそうだ。今回の旅で驚いたことに、訪問先で「お茶がいいか、コーヒーがいいか?」と聞かれ、お茶と返すと「紅茶か、緑茶か?」と聞かれることが多かった。ロシア=紅茶と思い込んでいたのでびっくりだ。そのくらい、緑茶が浸透しているという実感があった。

 

 学生たちと一緒に、この前とは別の“Чайная Ложка(チャイナヤ・ローシカ=ティー・スプーン)で夕食。ほうれん草のブリヌィとブロッコリーのポタージュを注文する。店員が不安に思ったのか、スープ鍋のフタを開けて「こんなのだけどいいのか?」と確認してくる。大丈夫。学生たちは初めてなので、それぞれがんばってロシア語を使って、好みのブリヌィと飲み物を注文していた。

 そして今夜でペテルブルクともお別れ。モスクワ駅から豪華寝台列車КРАСНАЯ СТРЕЛА(赤い矢号)に一晩乗ってモスクワへ。ロシアの駅は向かう先が駅名になっていることが多い。
 日本ではもう寝台列車は走っていないので非常に楽しみにしていた。駅は暗くて、案内板も一つしかないので、気をつけていないとどの列車に乗るかわかりづらい。

 
 
 豪華列車らしく、各車両の搭乗口の前には制服に身を包んだ屈強なおばちゃん!が直立していて、近づくと「パスポート!」と言われる。予約と照合し、確認ができれば中に入ることができる。

 


 赤を基調とした車内、刺繍がほどこされたカーテン、テーブルには箱に入った水のボトルやパン、ケーキが人数分セットされている。とても素敵!

    

でも私は驚いた。4人用のコンパートメントは廊下に対してはドアがあり、鍵もかかるが、コンパートメント内の各寝台はカーテンすらない。男子学生と一緒でこれでは着替えもままならない。出発前にホテルのトイレ(朝のうちにチェックアウトしているので部屋には入れない)でスーツから着替えておいて本当によかった。今回は学生たちと同じ部屋だけれど、見知らぬ人と一緒だとちょっと怖いかな、それとも旅は道連れで楽しいのかな。

 

 23時55分にモスクワに向けて出発、約8時間の列車の旅が始まる。ペテルブルクの夜は雨で気温12℃。とても8月とは思えない寒さだったけれど、街は落ち着いていて美しくて、悪い印象は一つもない。また来たいな。まだまだ見たいものはたくさんある。
 そして明日の朝はモスクワ、今度はどんな出来事が待っているだろうか。

                 

ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年03月14日

盛岡出身の卒業生 三好さんからいただいた「ロシアビスケット」

 戦前の函館には、様々なロシア人が暮らしていました。20世紀初頭には、「旧教徒」と呼ばれる人たちが、自己の信仰を守りながら自給自足的な暮らしを函館郊外で営んでおり、またロシア革命後は白系ロシア人が定住し始め、さらに1925年から45年までの約20年間は、ソ連領事館関係者(ソ連国籍者)も暮らしていました。
 当時の新聞から、旧教徒が「ブラーガ酒」という自家製の蜂蜜酒を日本人に販売したことがわかっています。また、白系ロシア人が作った麺麭(ロシアパン)やジャムの美味しさは、今なお函館の人たちの記憶に残っています。
 「ロシアケーキ」のように、ロシア人の菓子職人を通して、各地に広がっていった洋菓子もあれば、ロシアの永久凍土をイメージして日本人職人が作ったと言われている(諸説あり)「シベリア」(羊羹をカステラで挟んだ菓子)のように、パン屋でよく見かけた和菓子風の菓子もあります。
 今回ご紹介する「ロシアビスケット」は、「盛岡正食普及会」で製造販売しています。

 「ロシア」と名の付くものには何でも興味を持つ我々としては、思わず盛岡出身の4年生の三好さんに、「ロシアビスケット」ってどんなお菓子?と聞いてみたのです。すると三好さんは、就職活動で地元に帰省した際にお店に立ち寄り、「クルミ」と「クルミ・レーズン」の2種類を学校へのお土産として買って来てくれたのです。
 三好さんがお店の方から聞いてきた話しによると、「ロシアビスケット」の考案者は、シベリア抑留者だそうです。ビスケットの包装には、「原材料名 岩手県産の小麦粉、粗製糖、クルミ、添加物の入らないマーガリン、卵、小麦胚芽」、とありますが、シベリアから無事生還した考案の方は、「ロシアビスケット」にどのような思いを込めたのでしょうか。
 店舗となっている建物もなかなか素敵だったと聞き、調べてみたところ、盛岡市ホームページに「旧井弥商店(現盛岡正食普及会)」盛岡市指定保存建造物に挙げられていました。
 ぜひ一度訪れてみたいものです。
 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年03月08日

3月8日は国際女性デー

 ロシアの女性にとって一番大切な日、それは自分の誕生日と3月8日の国際女性デー"Международный женский день”です。いつも以上に男性が女性を大切に扱い、花を送り、この日だけは家事も男性が行ってくれます。ウラジオストクでもお花屋さんにはチューリップの花があふれているそうですよ。

 ロシアは休日ですが、函館校では誰からともなくお菓子や果物を持ち寄り、自然とパーティーが始まりました。

 この日は女性にプレゼントを贈る日でもあり、私たち職員もアイーダ先生からめずらしいカザフスタンの紅茶(写真中央の赤い箱)などをいただきました。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年02月20日

ユジノサハリンスク訪問

 唐突ですが、ロシア地域学科3年生の金子 智昭さんが、昨年末にユジノサハリンスクを訪問しました。
 先日、行われた第19回はこだてロシアまつりの学生発表でも金子さんにはこの訪問時のことなどを発表してもらいました。
 なぜ、冬のロシア、ユジノサハリンスクを訪れることになったのか、そして現地でどのような体験をしてきたのか、その感想をまとめてもらいました。
 ぜひ、ご一読ください。

 

 十二月十四~十七日にかけてサハリン州の州都であるユジノサハリンスクを訪問して参りました。これは昨年末に札幌で行われた全道ロシア語弁論大会にて自分が二等を受賞した際の褒賞でしたが私がウラジオへ行っていた関係でこの時期に行く事と相成りました。
 当地はこの時期最高気温でさえマイナス十度を下回る事が珍しくない為ウラジオ以上の寒さを覚悟しておりましたが意外にも市内は風も無く比較的過ごし易い天気が続きました。
 この訪問はサハリン州政府からの招待でしたが、事前に現地で何をするのかは詳しく知らされず実際に行ってみて初めて知るといった具合で色々な事に驚かされもしました。例えば宿泊は大学の寮と聞かされていましたが実際にはホテルの広々とした一室を与えられ、更には毎食現地の学生や関係者に連れて行ってもらい全て官費で賄われる為、自分達は一コペイカたりとも使う事はありませんでした。しかし一番驚いたのはサハリン国立大学にて日本語を学ぶ学生たちとの交流会に出席した時の事で我々は沢山の記者、カメラマンに囲まれたのでした。折しもプーチン大統領が日本を訪問中で両国関係が俄かに脚光を浴びていた為に起こった珍事とも思われますが緊張を感じずにはいられない瞬間でした。
 大学では学生達が私達の為にロシア語の授業をしてくれた他、最終日の夜には寮に招待をしてくれ、ロシア料理にて心のこもったもてなしをしてくれました。日中は授業の後市内観光や現地の道事務所の訪問と時間をめいっぱい有効に使い、実質三日程の滞在でありながらそれを感じさせないほどの内容の濃い三日間でありました。
 ウラジオからの帰国とサハリンの訪問という些か慌ただしい冬休みとなりましたが、ウラジオ以外のロシアを見ることが出来、またウラジオとも少し違う街や学生の雰囲気なども味わえて良かったと思っています。このような機会に恵まれた事を感謝いたします。
      

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア地域学科3年 金子 智昭

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年01月26日

2017「本のこれからを考える」講演会のご案内

 函館校も加盟しているキャンパス・コンソーシアム函館の図書館連携プロジェクトチーム・ライブラリーリンクでは、「本のこれからを考える」をテーマに講演会を開催します。
 「『電子書籍』と『地域』と『図書館』」をキーワードに、メディアの多様化による「本」を取り巻く環境の変化、そして図書館が果たすべき役割について考えます。
 講演会は図書館職員向けの研修会ですが、本に興味のある方ならどなたでも参加いただけます。「本」のこれからについて一緒に考えてみませんか?

日 時:平成29年2月4日(土)14:00~17:00

場 所:函館市中央図書館 大研修室

内 容:14:00~15:10
     函館で電子出版を始めて考えたこと
     ―デパートの凋落にイメージが重なる出版の今―

      大西 剛さん(新函館ライブラリ 代表)

     15:15~16:20
     本の世界を広げるために―電子書籍でつながる地域と図書館―

    淺野隆夫さん(札幌市中央図書館 札幌市図書・情報館担当係長)
   
     16:30~17:00 質疑応答

* その他:定員50名、参加無料、申込み不要、当日直接会場にお越しください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

ペテルブルク・モスクワ旅行記3

<3日目>
 昨日に引き続き時差ボケで、また朝早く目が覚めてしまった。ホテル内の24時間スーパーはアルコール売り場が閉鎖されている以外は、何でも売っている。そこで水を買い、ホテル周辺を散歩する。
 アレクサンドル・ネフスキー大修道院の手前には、向かって右側にチフヴィン墓地、左側にラザレフ墓地がある。ただの墓地とあなどってはいけない。彫刻博物館のようになっていて、外国人は300ルーブルのチケットを買って入るのだ。私はチフヴィン墓地に入ってみた。

 

 さほど広くはないが、ほとんどの墓碑が胸像や美しい彫刻でできており、見ごたえがある。しかも埋葬されている人がすごい。ドストエフスキー、リムスキー=コルサコフ、ムゾルグスキー、ルビンシテインなど、我々もよく知る18~19世紀に活躍した文化人の墓が並ぶ。
 中でもひときわ大きく、目を引くのがチャイコフスキーの墓である。胸像に二人の天使が寄り添い、一つのモニュメントとなっている。

 

 さて、この日は月曜日、サンクトペテルブルク国立大学の学生有志と函館校の学生で交流をした。夏休み中ということで学内には入れなかったので、ロシア版フェイスブックVKで日本語を勉強している学生を募ったところ、5人の学生が集まってくれた。
 私は前の晩、事前に情報を得ていたうちの一人、ウラジオストクの極東連邦総合大学出身で現在ペテルブルク大学東洋学部の大学院に在籍するエカテリーナさんに電話をしていた。私たちがペテルブルクに無事着いていること、明日みなさんとお会いできるのを楽しみにしていること。彼女はとても上手な日本語で、私たちも楽しみに待っていると言ってくれた。

 ペテルブルク大学は宮殿広場からネヴァ川をはさんだ西側に位置する。待ち合わせ場所である大学前まで、前日にガイドのリーヤさんから教えてもらったとおりバスで移動する。バスはホテル前からネフスキー大通りをまっすぐ走る。ロシア人の乗客はICカードをかざして席に着くが、私たちはカードを持ち合わせていない。どうしようかと車内を見回すと、車掌のおばさんが近づいてきたので、一人30ルーブルでチケットを買う。 
 車掌さんに地図を見せて、ここに行きたいがどこで降りたらいいかと尋ねると、字が小さくて見えないと言って、そばにいた若い女性客にどこの場所を指しているか確認してくれた上で、そのバス停が来たら教えてやる、と言う。笑わないけど親切だ。バスは次の停留所を一度しかアナウンスしないので、耳をそばだてる。席に座っている車掌に次か?と目で合図をすると、そうだ、とうなずいた。おかげで無事降りることができた。 

 この日は朝から冷たい雨であった。私たちは10時の待ち合わせに30分も遅れてしまったが、男子はロス、イゴーリの2人、女子はエカテリーナ、ヤーナ、クリスティーナの3人、計5人の学生が私たちを待っていてくれた。うちの学生は日本語とロシア語の名刺を渡して、お互い自己紹介した。聞けば、集まってくれた5人はみな東洋学部の学生または大学院生であるが、お互いにはあまり面識はなく、日本人学生とお話しできるという興味でそれぞれ集まってくれたのだそう。

 ペテルブルク大学の日本語教育はモスクワ大学、極東大学と並んで大変歴史があり優秀とされるが、5人の学生はみな日本に留学経験がある、またはこれから日本に留学するというだけあり、日本語は本当に上手であった。しかも、留学先は東大、阪大、法政大など有名大学ばかりである。
 エカテリーナさんは極東大学出身ということで、昨年本学から函館校の教員になったスレイメノヴァ・アイーダ先生に教わっていたそうである。函館校の卒業生で、おととしまで本学で日本語教師をしていた小早川さんのこともよく知っており、懐かしんでくれた。帰国後、アイーダ先生にその話をしたところ、彼女は日本語弁論大会の手伝いをしてくれて、いい学生だったということだ。遠いペテルブルクの地で縁のある人に出会えてとても嬉しい。
 
 街歩きをすることにして、まずは宮殿広場を横切り、ネフスキー大通りにある大型書店ドム・クニーギに連れて行ってもらう。ここは1904年に建てられたモダン建築で、元はシンガー社の建物であった。重厚な造り、外壁には美しい装飾がほどこされ、中には向かいのカザン聖堂が一望できるカフェもある。ロシアの学生たちに手伝ってもらい、お土産にするポストカードやしおり、ロシア語の勉強に使う本などをたくさん買うことができた。

 

 ソビエトカフェ“Дачники(ダーチニキ)”で昼食をとる。ソビエトカフェというのはソ連時代の内装をしたお店で、ちょっと古くさい感じがして、ソ連を知らない若い世代に人気があるようだ。ウハー(魚のスープ)、ブリヌィ(ロシア風クレープ)、スィールニキ(チーズの焼き菓子)など、それぞれおすすめのロシア料理を注文する。

 

 まだお互いになんとなく硬かったのだけれど、日本の好きな作家やアニメ、映画の話をし始めると、だんだん盛り上がっていった。驚いたのは、日本の小説でも夏目漱石や芥川龍之介、村上春樹はもちろん、湊かなえやうちの学生も知らないような現代の作品をネットで購入して読んだり、映画も古い物から最近のものまでたくさん見ているということであった。とにかく日本が好きで、寝る間も惜しんで勉強や情報収集をしているということがよくわかり、うちの学生たちは大いに刺激を受けたようである。
 その場で日本の学生からは日本で買ってきたお菓子をプレゼントした。私は日本手ぬぐいや、女子にはシート型のフェイスパック(とても喜ばれる)、男子には消せるボールペン(これも喜ばれる)とロシア語版の函館の観光パンフレットを用意していった。日本に来たら、函館にも遊びに来てくださいと言ったら、みんな熱心に読んでくれた。

 食事の後は血の上の救世主教会を見学した。ペテルブルクでは外せない観光地であるが、「おどろおどろしい名前とけばけばしい外観の教会」というのは私の先入観であった。ネフスキー大通りから先ほどのドム・クニーギの角を入るると、グリボエードフ運河沿いに荘厳な教会が姿を現し、どっしりとしたたたずまいに感動する。天気が悪かったからかもしれないが、写真で見たようなけばけばしさはなく、近くで見ると繊細な造りに驚く。

 

 250ルーブルのチケットを買って中に入ると、壁から天井までブルーを色調に全面埋め尽くされたイコンは、書かれたものではなくなんとモザイクでできている!中に入った瞬間に背中をのけぞらせて圧倒されてしまうほど。何から何まで壮大である。

 

 次にイサク聖堂に向かう。世界で最も大きな教会建築の一つとされ、天気がいいとドーム屋根の展望台に上り、ペテルブルク市内を一望できるそうだ。残念なことに、尖塔の部分は改修工事中のため、シートで覆われていた。

 


 ここも250ルーブルを支払って中に入る。柱も太く、とにかく大きい。内装は血の上の救世主教会とはまた違う雰囲気で、美術館か宮殿のようなキンキラキンの壁画がびっしり描かれている。ロシア人学生にどちらの教会が好きですか?と聞かれたが、私は血の上の教会のほうが、ロシア正教独特の感じがして好きかな。

 


 16時、聖堂を出ると雨も風も激しさを増し、傘を差すのもやっとの悪天候。もう少し街歩きをしたかったが断念して、最寄りの地下鉄駅まで送ってもらう。
 夏休み中にわざわざ私たちのために集まってくれて、案内してくれてありがとうございました。みなさんも日本の学生との交流を楽しんでくれたら、とても嬉しいです。みんなで記念撮影して解散。

 

 そして私たちは知人に案内された夕食のレストランまで地下鉄で移動することに。ペテルブルクの地下鉄で使えるジェトンというメトロコインは旅行代理店から一人5枚プレゼントされていた。自動改札機に1枚投入するとゲートが開く仕組みで、ロシアの地下鉄初体験。ホームが地下深いところにあるため、長い長いエスカレーターに乗らなければいけないが、列車は次々に走っているので待ち時間も少なく快適である。

 約束の時間まで少し間があったので散歩していたら、ハチミツの屋台を発見。アカシヤや蕎麦、菩提樹などのハチミツをおばさんがあれこれ味見させてくれるので、気に入ったものを500g単位の量り売りで買うことができる。ロシアのハチミツはまろやかで味も濃くておいしく、ちょっと重たいけれど日本へのお土産にするのもおすすめです。

 

          

ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年01月13日

ミリオン・ズビョースト第90号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第90号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、デルカーチ・フョードル副校長による「子供時代から知っているお正月料理」です。日本ではお正月に御節料理を食べますが、ロシアでは何を食べるのか。料理の見た目や味の説明も書いていますが、そのほかにもソ連時代はそれらの料理の食材をどうやって入手したのか、お正月の過ごし方など興味深い内容となっています。

 そのほか、今号は日本ロシア文学会全国大会に参加したスレイメノヴァ・アイーダ准教授の報告や、ウラジオストク留学から帰った2、3年生の感想もあります。学生たちの1か月または3か月間過ごしたウラジオストクでのあれこれ、ロシア語学校での授業の様子など、様々な刺激を受けてきたことがわかります。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年12月28日

2016年を振り返る

 いつも「極東の窓」をご覧いただき、ありがとうございます。
 2016年、函館は3月の北海道新幹線開業に沸いた1年でありました。運行開始の3月26日にはブルーインパルスが上空を飛行してお祝い、今では飛行機のほかに新幹線で東京に行く、という選択肢が生まれました。
 10月にウラジオストクの極東大学本学から日本語を学びにきた留学生たちは、ウラジオストクから韓国の仁川経由で青森空港に到着、乗り換えて新幹線で函館に入るというように、交通手段が増えたことは、ますます函館への距離も近くなったことを意味します。どうぞ身近になった函館へお越しください。

 今年ブログでは、過去の「はこだてロシアまつり」で作ったスタッフTシャツをアーカイブとして振り返りました。
 ロシアまつりは秋、夏、冬と時期を移しながら、過去18回開催していますがTシャツは第4回から作り始め、今までに15枚のTシャツができ上がりました。その時のまつりのテーマは何だったか、誰がデザインしたか。その時々で学生からいろいろなアイディアが出て、みんなで作り上げたまつりの楽しかったことを思い出します。頭を悩ませ、時間をかけてのまつり準備は大変ですが、大変なほど、お客様にもたくさん来ていただけるし、喜んでいただけるものでもあります。

 ところで今年は事務局の職員がロシアに出張する機会にも恵まれました。
 私は8月末から9月の初め、JT奨学金夏季短期インターンシップに参加する学生3名に同行し、初めてサンクトペテルブルクとモスクワを訪れることができました。
 今までは学生だけでロシアに送り出していましたが、インターンシップが3年目にあたる今年、一度検証が必要だったことと、受け入れ先へのご挨拶も兼ねて職員が同行することになったのです。
 学生時代に東京やロシアで企業訪問をし、現地で働く日本人に話を聞く機会などそうあるものではありません。企業訪問以外にも、留学実習で必ず訪れるウラジオストク以外のロシアを見ることができ、今まで学習してきたロシア語の力を試す機会でもあります。学生にとって将来進むべき方向を定めるためにも、大変有意義なプログラムであることがよくわかりました。
 そして現地で活躍される日本のビジネスマンたちは、自分の仕事に誇りを持ち、ものすごく優秀であり、努力もしている方々でありました。学生には高い目標でありますが、自分の夢を叶えるために何をすべきか、考えるきっかけになったことでしょう。

 私自身は、過去2回訪れたウラジオストクとはまた違う、ペテルブルクとモスクワの歴史の重厚さに圧倒されながら、ロシアの奥深さを再認識した旅でした。そして知っている限りのロシア語を使い、何とか目的地にたどり着いたり、ほしい物を手に入れたり。例えば窓口で列車の切符を買うこと一つにしても、前の人の表現を真似てみたり、たとえ片言でもこちらが一生懸命話そうとすれば、向こうもわかろうとしてくれるので、何とか通じる。そのような肌で感じたロシアについては、この「極東の窓」でも訪問記として追々お伝えできればと思っております。

 また、事務局の福尾瞳さんが初めてのロシアとして、10月にウラジオストク本学へ出張しました。サンクトペテルブルク、モスクワ、そしてウラジオストク。出張の合間にそれぞれが撮ってきた写真があまりにも絵になるので、カレンダーを作ってはどうか、という話になりました。
 写真を選び、月や曜日もロシア語で入れよう、だったらロシアの祝祭日も加えて、巻末に意味も載せようと、どんどん盛り上がっていきました。カレンダーのデザインや構成は福尾さんが担当してくれました。ロシア語の表記についてはロシア人の先生方の力を借りて、とても素人が作ったとは思えない、満足のいく仕上がりになりました。
 このカレンダーは来る2月11日(土・祝)の第19回はこだてロシアまつりで販売するほか、その前でも事務局にて販売します。収益はロシアまつりの収入とし、学生の活動に役立てようと考えています。
 
 最初からカレンダーにするつもりはなく写したスナップばかりですが、それでも切り取った景色からこのような写真が撮れてしまうのは、ロシアのすごいところだと思います。
 来年もまた、ガイドブックやウィキペディアではわからない、私たちにしか伝えられないロシアの魅力を書いていければと思います。
 みなさまにとりまして、来年もよい年でありますよう。

 

ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年12月16日

ペテルブルク・モスクワ旅行記2

<2日目>
 サンクトペテルブルクの朝、時差ボケか4時ごろに目が覚めてしまう。朝食にも早いので、外はまだ薄暗いが散歩に出かける。今年の夏は異常に寒いそうで吐く息が白く、とても8月とは思えない。街行く人々はライトダウンやウールのコートにマフラーをぐるぐる巻きにした冬の格好だ。
 ホテルの前のアレクサンドル・ネフスキー大修道院に行ってみると、日曜日の礼拝のため、朝早いにも関わらずプラトーク(ロシアのスカーフ)で頭を覆った女性たちが多く訪れていた。

 

 それにしても寒い。ホテルに戻り、朝食会場に向かう。ビュッフェスタイルでアラディ(パンケーキ)やビーツのサラダ、キュウリやトマトの塩漬け、チーズなどロシア料理が多く並ぶ。

 この日は休日なので、学生3人とともに日本から申し込んだオプショナルツアーでペテルゴフとツァールスコエ・セローの見学に出かける。出発前、誰に聞いてもペテルゴフは絶対に見るべきと言われたので、とても楽しみだ。
 ホテルのロビーに昨日のガイド、リーヤさんが運転手とともに迎えに来てくれた。ツアーの料金は一人あたり18,800円と少々高めだが、値段の価値はあると思う。というのも、この頃は主に中国人を中心に団体観光客が増えたため入場制限があり、個人で訪れてもチケットすら買えない場合があるそうだ。それにガイドは必見のポイントを日本語で効率的に案内してくれる。

 車で1時間ほどでペテルゴフに到着。気温は上がり、空の濃い青が、緯度の高いところにいることを実感させてくれる。フランス式の上の庭園を通り、大宮殿の中を見学する。絢爛豪華なホールを次々と抜ける。大変混雑しているため立ち止まることは許されず、リーヤさんは年号や皇帝一家の名前、部屋の特徴などを何も見ずに早口の日本語でまくしたてる。すごい。

 大宮殿を出ると、眼下にはフィンランド湾に注ぐ大滝とそれに続く運河が。ピョートル大帝の命により作られたこの庭園には全部で150以上もの噴水があるというが、ポンプなど一切使わず、自然の高低差だけを利用し、噴出しているという。
 「いたずらの噴水」や「傘の噴水」など、人が近づくと水が噴き出す遊び心あふれる仕掛けがたくさんあり、とても楽しい。
 

 
 リーヤさんのおすすめという大きなアイスクリームを食べ、ツァールスコエ・セローへ移動する。

 エカテリーナ宮殿の見えるレストランでランチの後、宮殿内に入る。横に300mも広がる建物の大きさに圧倒され、細やかな装飾の美しさに目を見張る。

 中に入ってからも、天井まで届くほど大きな陶器でできたペチカや当時のままのシャンデリアなど、華麗な調度品に心を奪われる。

 そして大黒屋光太夫がエカテリーナ2世に謁見し、日本帰国の許可を得たという大広間。実際に見るとどこもかしこもキンキラキンで目もくらみそうだ。江戸時代の漂流民が日本に帰りたい一心でペテルブルクまでたどり着き、こんな豪奢な場所で女帝陛下に帰国を願い出るとは、いったいどのような気持ちだっただろう。想像するだけで涙が出そうだ。

 宮殿内はフラッシュさえ焚かなければ写真撮影は自由であるが、続く「琥珀の間」だけは禁止であった。第二次世界大戦時、ナチス・ドイツに壁ごと持ち去られ、2003年に復元された「琥珀の間」はさほど大きくはないが、四方の壁一面に琥珀が張りめぐらされた部屋など、ほかで見ることはできないだろう。しかしここが一番混雑しており、「早く出て!」という係の女性の言葉で、すぐ出て行かなければならない。

 リーヤさんによれば、ここ数年は日本人観光客が激減し、日本語ガイドにとっては死活問題なのだそう。代わりにビザなしで観光できる中国人がバス何台もで乗りつけるようになったため、リーヤさんも中国語の勉強を始めたが、日本人のガイドをした後に中国人のガイドは我慢できない、つまり日本人ほどマナーのいいお客さんはいないので、中国語の勉強はやめてしまったそうである。

 ツァールスコエ・セローは「皇帝の村」というその名のとおり、宮殿のほかにも美しく整えられた庭園の中に、エカテリーナ2世の食堂やお風呂など、別棟の建物が点在している。天気に恵まれ、建物のブルーやイエローといったヨーロッパ独特のパステルカラーが青空に映えて、一日いっぱいの散策もとても楽しかった。

 再びペテルブルク市内に戻る。街中のショッピングセンターで下ろしてもらい、ガイドのリーヤさんとはここでお別れ。夏休みで保養地に行っていた小学生の息子が明日帰ってくるの、と携帯電話の待ち受けでイケメンの少年の写真を嬉しそうに見せてくれた。大変お世話になりました。

 学生ともショッピングセンターで解散し、一人で夕食をとりにブリヌィ(ロシアのクレープ)のファストフード店“Чайная Ложка(チャイナヤ・ローシカ=ティー・スプーン)に入る。じゃがいもとキノコのブリヌィと、アクローシカという冷たい夏のスープにスメタナ(サワークリーム)を添えてもらい、207ルーブル(約400円)。
 ブリヌィは中の具がおかず風の物から甘いものまで様々選べるので、簡単な食事としては便利である。アクローシカも黒パンを発酵させた“クワス”というロシアの夏の飲み物で作るため、この時期に飲んでみるとよいでしょう。

ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年11月02日

イリイン校長、還暦祝い!

 10月27日(木)、イリイン・セルゲイ校長が還暦を迎え、昼休みに教職員でお祝いしました。ロシアでは還暦(60歳)を祝う風習はありませんが、日ロ国交回復60周年となる今年、それを《канрэки(かんれき)》と称するなど、日ロ関係者の間にはこの言葉がなじみつつあるそうです。

 

 この日はアファナシエフ・エフゲニー駐日ロシア大使と在札幌ロシア連邦総領事館のファブリーチニコフ・アンドレイ総領事からお祝いのメッセージが贈られ、在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所のソコロフ・ボリス所長がそれぞれを読み上げ、記念のメダルも渡されました。また、函館事務所の元所長で現在はベトナムのダナンに勤務するブロワレツ・アンドレイ総領事からも祝福の電話が入りました。

 誕生日を迎えた人が振る舞うロシア式で、校長の差し入れによるケーキと紅茶でお祝いし、ケーキは一部、学生にも振る舞われました。

 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年10月05日

ミリオン・ズビョースト第89号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第89号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、イリイナ・タチヤーナ准教授による「2016ウラジオストク」です。この夏、ウラジオストクで孫娘の世話をしながらおだやかに過ごす日常、そして9月に中央広場で開かれたコンサートを楽しむ様子など、タチヤーナ先生がこよなく愛する街・ウラジオストクの雰囲気が伝わってきます。

 また、今号は北方四島交流事業で択捉島を訪れた学生や、インターンシップでサンクトペテルブルク・モスクワを訪れた学生からの投稿もあります。現地のロシア人たちと触れ合い、様々な刺激を受けてきたことがわかります。
それぞれが夏休みを経て、一段成長した様子です。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年09月28日

ペテルブルク・モスクワ旅行記1

 2016年8月27日(土)から9月3日(土)の8日間、ロシアを代表する2大都市、サンクト・ペテルブルクとモスクワを訪れた。学生3名がJT夏季休暇短期インターンシップに参加するのに同行したのである。
 私は極東のウラジオストクには2度行ったことがあるが、ロシア西側を訪れるのは初めてである。ここでは仕事以外の旅行記として、見聞きしたこと、感じたことをお伝えしたいと思う。

*  *  *  *  *

<1日目>
 今回の旅行は東京のJIC旅行センターに手配をお願いした。ロシアに行くには経験豊富なロシア専門の旅行会社が心強い。チケットとともにさまざまなグッズが送られてきた。パスポートケースやネームタグなど、どれもマトリョーシカがモチーフで、とてもかわいらしい。これだけで「ロシアに行くぞ!」という気分が盛り上がってしまう。

 成田空港12:00発のアエロフロート機で、まずはモスクワに向かう。ブルーが基調の機内で、あざやかなオレンジ色の制服を着たロシア人CAがにこやかに出迎えてくれる。あまりににこやか過ぎて、ロシアもずいぶん資本主義化されてきたのだなあ、と面食らってしまった。
 日本人には英語であいさつしてくれるが、ロシア語で返すと以後はロシア語で話しかけてくれるので、飲み物や食事の注文はロシア語でトライする。

 私にとって10時間以上の長いフライトは初めてだ。日本とモスクワの時差は6時間で、途中2回機内食が提供される。この日の昼食はお寿司が入った魚料理、夕食はパスタであった。メインディッシュが肉か魚は選べる。

 

 ユーラシア大陸上空、窓から見える景色はほとんどが広大なタイガ、その間を縫うようにうねる川。川が渦を巻いている。果てしなく続く同じ景色に、江戸時代の漂流民 大黒屋光太夫はこのタイガを何年もかけて渡り、ペテルブルクを目指したのかと思うと気が遠くなりそうだ。
 
 

 現地時間16:10にモスクワ・シェレメーチェヴォ空港到着。ペテルブルクのプルコヴォ空港行きに乗り換えるため国内線のターミナルを探すが、乗り換える人は少ないのか、少しわかりづらい。「本当にここでいいのか?」と不安になる暗いドアをくぐりパスポートコントロールを経て、ようやく搭乗口にたどり着く。
 天気は良かった。西日が射し込む時間となり、待合ロビーにはビールを飲みながらゆったりと搭乗を待つ人々。移動でセカセカする日本人とは違う光景に、ロシアにいることを実感する。
 ペテルブルクまでは2時間10分の搭乗であったが、ここでも軽食が出た。スモークサーモンとチーズをはさんだ黒パンのサンドイッチはおいしかったが、なんだか狭いところで食べてばかりで、ブロイラーの鶏のような気持ちになる。

   

 プルコヴォ空港に到着すると、現地ガイドのリーヤさんが私たちを出迎えてくれる。外は暮れなずみ、空気が寒々しい。リーヤさんに“Здравствуйте!(こんにちは) ”と元気よく挨拶すると、発音がいいとほめられた。しかし“Спасибо(ありがとう)”を「スパシーバ」と発音すると、ペテルブルクでは「スパシーボ」と発音してください、モスクワのようにバ、バ、なんて汚い発音はしません!と以後何度も注意される。実際には街では「スパシーボ」と明確に発音する人には出会わなかった気がするが、リーヤさんのペテルブルク愛は強く感じた。

 ペテルブルクでの宿泊先はアレクサンドル・ネフスキー大修道院の向かいにあるホテルモスクワ。ソ連時代からある外国人向けのホテルで、地下鉄プローシャチ・アレクサンドラ・ネフスカヴァ駅と直結、地下には何でもそろう24時間スーパーがあり、便利なところであった。2階には郵便局もある。部屋にはテレビと金庫以外、時計もなく簡素であるが清潔で快適。チェックイン時にフロントでパスワードをもらうとすぐに部屋でWi-fiが使えるようになる。
 部屋に荷物を置いたら早速24時間スーパーで水やチーズなど簡単な食料を買う。日本はもう明け方の4時頃だと思うが、時計を巻き戻して移動しながら与えられたものを食べ続け、気分も高揚しているので時間の感覚がわからない。だけど身体は疲れているに違いない。明日の準備をして、ベッドに潜り込む。明日から本格的にペテルブルクの旅が始まる。

 
 
 そして、ペテルブルク観光をする前にぜひお勧めしたいのが、NHK Eテレの「テレビでロシア語」を見ていくこと。 “魅惑のサンクトペテルブルクをめぐる旅” をテーマに、世界遺産や街の人気スポットを訪れて、旅で役立つフレーズを勉強するシリーズ。私は出発前に、録りためたもので集中的に勉強してから行ったのだが、ロシア語のフレーズはもちろん、観光ガイドとしてもとても参考になった。このシリーズは10月からまた再放送があるので、ペテルブルクを訪れたいと思う方はご覧になるとよいでしょう。(つづく)

ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

     
コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年09月20日

グータラ猫のアストラハン日記

 ロシア南部のアストラハン国立大学で日本語講師をしている卒業生・長谷川里子さんがブログ「グータラ猫のアストラハン日記」を始めました。

 長谷川さんは以前、ウラジオストク本学の日本語講師をしている間の2006年10月~2009年3月、この「極東の窓」に「グータラ猫のウラジオ日記」を連載していました。
 
 カスピ海沿岸アストラハンでの奮闘の日々、ぜひご覧ください!

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年09月09日

いよいよ明日はグルメサーカス!

 明日はグルメサーカスです!
 以前も告知しましたが、函館日ロ親善協会が今年も参加します。
 場所は、大門グリーンプラザ(マルハン函館大門店の横)、『開港都市と姉妹都市のひろば』のブースの7番です。詳しくは下記の地図、もしくは公式ホームページをご覧ください。
 
 今日までぐずついたお天気でしたが、明日と明後日は晴れの予報!!
 この日のためにメニューの看板も新調しました。チェブラーシカが目印のカラフルな看板です。
 
 毎年、好評につき開店と同時に長蛇の列になりますので、その際は『最後尾』と書かれた看板を持った係員の指示に従ってお並びください。
 
 写真の表情は固いですが、当日は笑顔で心より、みなさまのお越しをお待ちしております!

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年09月07日

ロシアのスタバ・タンブラー

 スターバックスコーヒーのご当地限定タンブラー、右がちょっとふっくらしたロシアバージョン、左はおすましのサンクト・ペテルブルクバージョンです。

 「世界一かわいい!」と評判になるのもわかりますね。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年09月06日

ロシアの新学期

 ロシアの9月1日は「知識の日」と言って新学期が始まる日でもあります。1年生の女の子は白いリボンを頭に飾り、花束を持って登校して先生に渡すのが習わしです。

 モスクワ大学の正面入り口にも横断幕が掲げられています。“С началом нового учебного года!”(新学期おめでとう!)
 モスクワで一際目を引くスターリン・クラシック様式と呼ばれる7つの建物は1950年代に建築されたものですが、いまだに偉容を誇っており、その中でもモスクワ大学は最大の建築物です。

 モスクワのメトロやバスで使えるICカード、上は通常のものですが、下のものは新学期を祝って「9月1日おめでとう!」の文字とリュックサックのイラストが。かわいいですね。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年08月24日

はこだてカルチャーナイト2016のご案内

 9月21日(水)、市内の文化施設や教育施設などを夜間開放し、家族そろって地域の文化に触れるイベント、「はこだてカルチャーナイト2016」が開催されます。
 ふだん何気なく通り過ぎていても、見る機会がなかった建物や入りづらかった公共施設を見学する絶好の機会であり、各施設趣向を凝らした内容で、様々な体験をすることができます。
 本校は今年もこのイベントに参加します。毎年多くの家族連れでにぎわっています。みなさまのご来校をお待ちしております。
 秋の夜長、地域の文化を探検しにでかけませんか?

日 時:平成28年9月21日(水) 17:30~20:00

場 所:ロシア極東連邦総合大学函館校ロシアセンター

     *ロシア語で遊ぼう
       ロシア語のアルファベット表を参考にして、
       自分の名前カードを作ってみましょう。
       英語と似ているけれど、ちょっと違う、
       キリル文字で書くと不思議な感じになります。

     *ロシア民族衣装試着体験
       美しいロシアの民族衣装を着て、
       お手持ちのカメラや携帯電話で記念撮影はいかがですか。
       衣装は男性・女性・子ども用と取りそろえています。

     *本校オリジナル人形劇の人形を動かしてみよう

     *写真展(本校学生撮影による最近のロシア)

     *ロシア民芸品の展示、DVD上映

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年08月23日

はこだてグルメサーカス2016のご案内

 函館日ロ親善協会では、今年も「はこだてグルメサーカス」に参加します。大門グリーンプラザ会場で開催される「開港都市と姉妹都市のひろば」に出店し、ウラジオストク市の紹介とともにボルシチとピロシキの販売を行います。どちらもお持ち帰りできますので、おみやげにもどうぞ。
 函館と姉妹・友好都市関係にある国や日本全国のご当地グルメが楽しめるグルメサーカスに、ぜひお越しください!
 
<ウラジオストク市・函館日ロ親善協会のブース>
日 時:平成28年9月10日(土) 10:00~17:00
           11日(日) 10:00~16:00
場 所:大門グリーンプラザ 開港都市と姉妹都市のひろば
メニュー:ボルシチ         600円
             (土曜日200食、日曜日100食)
     ピロシキ(肉)      200円(各日400個)
     ピロシキ(リンゴ)    200円(各日100個)
    
*なくなり次第終了しますので、お早目のご来場をお待ちしております。

  

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年08月22日

カキじいさん、ふたたび函館へ!

 8月20日(土)、今年で8回目となる「はこだて国際科学祭」が開幕しました。今年のテーマは“海を食べよう”。そこで気仙沼の牡蠣養殖家で「森は海の恋人」活動で知られる畠山重篤さんの講演会が開催されました。
 海と日本プロジェクトプレゼンツ・サイエンスライブ「ジャズと楽しむ海の宝の物語」と題して、前半が畠山さんによる講演、後半はサッポロビールの協賛により、ビールを飲みながら地元演奏家によるジャズライブを楽しむイベントでした。

 畠山さんの著作「カキじいさんとしげぼう」は英語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語に訳されていますが、ロシア語版の翻訳を担当したのは函館校のグラチェンコフ・アンドレイ先生です。カキじいさんは畠山さんの別名でもあります。その縁で2012年のはこだてロシアまつりでは畠山さんの講演会も開催しました。

 その時以来の再会となりましたが、その後、畠山さんはロシア語版「カキじいさんとしげぼう」を携え、極東ロシア・アムール川流域を訪問してきたそうです。本は大変喜ばれました、とのお褒めの言葉をいただき、グラチェンコフ先生もにっこりです。
 北日本の豊かな漁場はアムール川流域の広大な森林から海に流れ込む鉄分により育まれるそうで、アムール川流域の環境に関心を持つことが、北海道の水産業にとってとても大切とのことでした。

 この頃はテレビ出演や講演会などでお忙しく飛び回る日々、本業の牡蠣養殖業は今が一番忙しい時期だそうですが、そんな中また函館でお会いできて、とても嬉しかったです。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年08月17日

ロシア領事館函館事務所がfacebookを始めました!

 在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所がfacebookを始めました。函館で行われるロシアに関するニュースが日ロ両言語で紹介しています。
時々、函館校の関係するイベントも載っていますので、こちらも合わせてご覧ください。

https://www.facebook.com/ruscons.hakodate/


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年07月26日

教職員親睦 大沼キャンプ

 函館から40㎞ほど離れたところにある大沼は、美しい自然と静かな景色が広がるリゾート地です。
 ここで開かれている教職員による親睦キャンプは今年で3回目。学校でお世話になっている方の別荘はまるでロシアのダーチャのような場所で、先生たちも大のお気に入りです。
 

 今年はボルシチとシャシリク(串焼肉)を作りました。黒パン、サラダ、ゼリーなどがテーブルいっぱいに並びます。

 日中は散歩や焚火、湖でカヌーを楽しみ、夜は近くの温泉に出かけたり、外でお茶を飲んで語らいました。

 函館校は今、試験の真っ最中ですが、きれいな空気と景色の中で休息を取り、リフレッシュすることができました。試験がつらいのは、受ける学生も実施する教員も同じです。夏休みまでがんばりましょう。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年07月20日

ロシア語市民講座・課外授業~ボルシチを作ろう!~

 ロシア語市民講座入門コース(昼間部)で、課外授業を行いました。
 市民講座で課外授業はほとんどありませんが、今回は特別にコースを担当しているイリイナ先生が、ボルシチを受講生の方々と一緒に作りました。

 普段は、教室でテキストを見ながら文字の勉強や、簡単な会話の勉強をしていますが、今回は教室をキッチンに移して、調味料など料理のときに使う言葉を中心に勉強しました。
 日本ではあまりなじみのないスビョークラ(свёкла=ビーツ)をフライパンでピーマンや人参と一緒に軽く炒めると、それだけで美しい赤色になります。
 受講生の方々は、見慣れないその赤色を見て、ますます仕上がりが楽しみになったようで、会話が弾みます。
 そうこうしている内に、ボルシチの完成です。早い!

 食事中もロシア語の勉強は続きます。
 習ったばかりのКофе(コーヒー)、Чай(紅茶)、Вино(ワイン)など飲み物の単語を使って、食後には何を飲むのかロシア語で質問しあいました。
 最後になりましたが、場所を提供してくださった受講生の浅田様、ありがとうございました。

前期の授業はいよいよ来週が最後です。
今後このような特別授業は行う予定はありませんが、これからもロシア語を楽しく勉強しましょう!До свидания(さようなら)!


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年07月08日

ミリオン・ズビョースト第88号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第88号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、3月末に函館校に着任したスレイメノヴァ・アイーダ准教授による「私の日本・日本文学」です。短歌や俳句などに造詣が深い先生は歌碑を巡る旅をし、函館にも来たことがあったそうです。そんな先生が今回は日本・日本文学を学ぶに至った経緯についてお話しています。

 また、同じくこの春入学した学生からの投稿もあります。ロシア語を学び始めて約3カ月。その喜びや苦労が垣間見える文章です。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年06月22日

ともに歌いましょう、「歌声喫茶」

 ある一定のご年齢の方には大変懐かしい「歌声喫茶」。店に集まった人々が同じ歌を一緒に歌うことを目的とし、1950~60年代に一世を風靡しました。東京では有名な店が何件もあり、連帯感が生まれるフォークソングやロシア民謡を歌う場合が多かったようです。

 函館では「シニアサロン・クローバー」という集まりが定期的に開かれ、地元の音楽家ムックリ横内さんのギター伴奏で童謡、唱歌、歌謡曲まで楽しく歌っているそうです。

 この日は「ロシア民謡を歌うところをロシア人に聴いてほしい!」という要望があり、本校のイリイン・セルゲイ校長が参加しました。
 「ともしび」、「カチューシャ」、「黒い瞳」、「赤いサラファン」など、日本でもよく知られたロシア民謡を、日本語で声を合せて楽しく歌いました。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年06月17日

ようこそ!ロシア領事館 ソコロフ所長!

 5月に退任した在札幌ロシア連邦総領事函館事務所ウスチノフ・イーゴリ所長の後任に、ソコロフ・ボリス所長が着任しました。ソコロフ所長はモスクワ出身で、日本を初めて訪れたのは1978年、モスクワ国際関係大学の実習生の時だそうです。
 その後、在日ロシア大使館で働いたほか、タイや南アフリカに長期間勤務し、現在に至ります。
 着任してからは、墓地清掃や避難訓練などを一緒に行いました。領事館事務所は極東大学と同じ建物にあるので、校内ですれ違うといつも笑顔でにこやかにお話ししてくださいます。
 これから学校行事など色々な場面でお世話になると思います。ソコロフ所長、よろしくお願いします!

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

今年初めてのスビョークラがやってきた!

 ロシア人の大好きなボルシチに欠かせない野菜、スビョークラ(свёкла=ビーツ)。鉄分や食物繊維が豊富で栄養価が高いとして、最近は日本でも注目を集めるようになりました。でもまだ生のスビョークラは手に入りにくく、貴重品です。

 今日は、今年初めてのスビョークラが関東地方から届きました!学校関係者の方が毎年、自分の畑で育てたものを送ってくださいます。大きな段ボール箱いっぱいの、葉付きの新鮮なスビョークラ、それに生のウクロップ(ディル=ロシア料理に欠かせないハーブ)や月桂樹まで。北海道では今の時期まだスビョークラは育っていないので、初物です。

 
教職員みんなで山分け。平等になるよう、みんな真剣です。北海道で収穫できるようになる秋頃まで、大切に保存しながらボルシチやサラダにして味わいます。


ありがとうございました!

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年04月21日

さようなら、ウスチノフ領事

 2012年8月に着任以来、3年9ヵ月にわたり在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所の所長を務めたウスチノフ・イーゴリ領事が定年による退職で離任します。4月末日の退任を前に、函館市と極東大学函館校、函館日ロ親善協会、日本ユーラシア協会函館地方支部による合同の送別会が開催され、多くの人が参集してウスチノフ領事夫妻との別れを惜しみました。

 着任した翌月にはロシア正教会最高指導者・キリル総主教の来函や2014年に開催された初代駐日ロシア領事ゴシケヴィッチ生誕200年記念事業など、大きなイベントにも受入側として奔走されたほか、市内にあるロシア人墓地の整備にも尽力されました。

 今後は出身地であるモスクワに戻り、趣味の畑仕事をするのを楽しみにされているとのことです。これからも元気でお仕事をされることを願っています。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年04月05日

スレイメノヴァ先生の歓迎会を開きました!

 3月25日、ウラジオストク本学から新しい先生が着任しました。スレイメノヴァ・アイーダ准教授です。スレイメノヴァ先生はイリイン校長の教え子で、与謝野晶子や石川啄木、亡命ロシア人と近代日本などのテーマで研究をしています。京都の大学で1年間研究員をしていたなど来日経験も豊富で、函館にも過去2回来ているそうです。早速函館の街にもなじみ、生活を楽しんでいるようです。


 教職員による歓迎会は4月1日の夜、市内のカフェで開催されました。スレイメノヴァ先生からは、ウラジオストクのシンボルであるアムールトラと市内の名所が描かれた楯がは函館校へのお土産として贈られました。
 4月12日に始まる新学期から、ロシア文学史や通訳・翻訳の演習などの科目で2~4年生の授業を受け持ちます。学生のみなさん、会えるのを楽しみにしていてくださいね。


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年04月01日

ミリオン・ズビョースト 第87号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第87号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、倉田有佳准教授・学務課長による「北の地の『春』」です。
育った環境によって季節のイメージは異なると思いますが、春に関していえば、新たな一歩を踏み出す季節というのは、日本人の共通のイメージの一つです。新たな一歩に不安もあるかもしれませんが、この文章を読むと悩む前に行動しようと思うのではないでしょうか。

 そのほか、3月に函館校を巣立った卒業生からの寄稿や、学生通訳に派遣された在校生の寄稿もあります。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年03月29日

今夜放送!NHK-BS「世界ふれあい街歩き」

 北海道新幹線開業で賑わう函館。テレビや新聞、多くのメディアで函館が取り上げられ注目されていますが、今夜放送のNHK-BSプレミアム「世界ふれあい街歩き・函館スペシャル」には函館校のデルカーチ・フョードル副校長が出演します。
 撮影は昨秋行われましたが、少しだけ、函館の街案内をする予定です。どうぞご覧ください!

放送日時:2016年3月29日(火) 午後8時~8時59分

再 放 送:4月 5日(火) 午前8時~
       4月12日(火) 午前0時15分~
    

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年03月28日

北海道新幹線 運行開始!

 3月26日(土)北海道新幹線が運行を開始しました。道内にとどまらず、全国のニュースでもたくさん取り上げられ、もう食傷気味の方もいらっしゃるかもしれませんが、それでもどこかワクワクした気持ちになるのは、各種イベントで街が賑わっているからではないでしょうか。北海道新幹線の歓迎ムードは、函館にいればどこでも感じることができるくらいです。
 函館校も違わず、26日(土)に行ったブルーインパルス祝賀飛行のリハーサルを前日の25日(金)に教職員一同で見て、とても盛り上がりました。
 隊をなして、青空に円を描くたびに歓声があがり、写真を撮り、「東京オリンピックを思い出す」なんて話をしながら、仕事を忘れ(?)、少しの間空を眺めました。
 北海道新幹線が開業したことで、新函館北斗から新青森間は最速1時間1分で結び、東京へは最速4時間2分で結ばれます。東京、東北方面にお住いの方は、函館(北海道)まで、ぐんっと近くなったのではないでしょうか。
 この機会に、ぜひ函館に遊びにきてください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年03月01日

ロシア・アストラハン国立大学 カスピサマースクールのご案内

 現在ロシア・アストラハン国立大学で日本語講師を務める卒業生・長谷川里子さんから短期語学留学(ロシア語)プログラム「2016年度カスピサマースクール」の案内が届きました。

 長谷川さんは2005年に函館校を卒業後、ウラジオストク本学やJICAから派遣されてキルギスで日本語講師の仕事をするなど、幅広く活躍しています。その様子は、以前このブログに連載されていた「グータラ猫のウラジオ日記」からも知ることができます。

 今回募集するプログラムは長谷川さんが現在勤めている、ロシア南部ヴォルガ川下流にあるアストラハン国立大学が開催するもので、ロシア語初心者を対象としています。例年、日本の他大学から5~6名の実績があります。
 興味をお持ちの方は要項をよくお読みいただき、直接長谷川さんまでお問合せください。

カスピ・サマースクールのFacebookはこちら


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年01月20日

「本のこれからを考える」講演会のご案内

 函館校も加盟しているキャンパス・コンソーシアム函館の図書館連携プロジェクトチーム・ライブラリーリンクでは、「本のこれからを考える」をテーマに講演会を開催します。北海道在住のライターと函館市中央図書館館長を講師に迎え、現代における「本」の意味や可能性を探ります。
 講演会は図書館職員向けの研修会ですが、本に興味のある方ならどなたでも参加いただけます。「本」のこれからについて一緒に考えてみませんか?

日 時:平成28年2月6日(土)14:00~17:00

場 所:函館市中央図書館 視聴覚ホール

講 師:本多政史氏  フリーランス編集者兼ライター
              /北星学園大学非常勤講師 
     丹羽秀人氏  函館市中央図書館館長 

その他:定員150名、参加無料、申込み不要、当日直接会場にお越しください。


librarylink_poster.jpg

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2016年01月13日

ミリオン・ズビョースト 第86号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第86号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、イリイン・ロマン講師による「アネクドートが物語るロシアのお正月」です。アネクドートとは、ロシア語で滑稽な小話を指します。いわゆる、ロシアンジョークですね。初笑いには少し遅くなってしまいましたが、新年(ロシアの旧暦の新年は1月14日)にまつわるロシアンジョークで、読むとくすり☺としてしまうかもしれません。

また、今回の号は学生からの寄稿が数多く寄せられました。留学実習に、全道弁論大会、そして道庁主催の未来のビジネスリーダー事業に参加しロシアへ行ってきた学生の様子が載っていますので、是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年12月28日

2015年を振りかえって

 いつも「極東の窓」をご愛読いただき、ありがとうございます。年の暮れにあたり、この1年を振り返りたいと思います。

 今年は函館校の学生が外に出て、目立った活躍をした年でありました。
 昨年から始まったJT奨学金による夏季休暇短期インターンシップ研修では、4名の学生が校内選考で選ばれ、サンクトペテルブルクとモスクワを訪れました。昨年よりも現地での訪問先も増え、モスクワの大学生との交流など、企業訪問に留まらない充実した内容で研修を終えることができました。

 11月に札幌の道庁赤レンガで行われた全道ロシア語弁論大会には、函館校から2名の学生が出場、2位と3位という優秀な成績を収めました。この二人はこれに先立って校内で開催されたАБВГ-Day(言語まつり)の1位と2位でありましたから、函館校の実力が全道レベルであるとの証しにもなりました。

 12月には北海道が道内の大学生を対象に主催した「未来のビジネスリーダー養成交流事業」というプログラムに1名の学生が参加。これは、北海道とロシアとのビジネス交流を促進するグローバルな人材を育成しようというもので、全道から70名の応募があった中、30名の選考に残り、函館からは唯一の参加でありました。ウラジオストク・ハバロフスク2都市を回るスタディツアーで、現地経済団体や企業を視察し、ヒアリングを行いました。
 この成果は来年2月に札幌で行われる発表会で報告され、極東に進出する道内企業とのビジネスマッチングも兼ねることから、今後、ロシア語を生かした就職につながるものと期待されます。

 函館校は少人数の学校です。大きなキャンパスもなく、函館という土地柄、他大学の学生と交流する機会も少ないのが現状です。そんな中でも、札幌や東京だけでなく、極東そしてモスクワへと、どんどん羽ばたいて力を付けて戻ってくる学生たちを見ていると、とても頼もしく心強く思います。

 総合学習や修学旅行で函館校を訪れてくれる小中高校生も多数ありました。ロシア人の先生とロシア語のあいさつを勉強したり、キリル文字で自分の名前を書いてみたり、民族衣装を着たり。未知の国・ロシアに楽しく触れる機会になればと思います。昨年に引き続き、という学校が多かったのは、このプログラムを気に入ってくれた証拠と、嬉しく思います。

 中でも函館盲学校の来訪では、最初は目の不自由な子どもたちに何をしてあげられるだろう、と不安になりましたが、そんな心配は無用でした。子どもたちは自らの楽しみを自らみつけて、マトリョーシカを開けて数の多さに驚いたり、サモワール(湯沸し器)を触って機能を確かめ、ロシア風のお茶の飲み方を覚えたり、文字通り肌でロシアを感じました。
 函館ハリストス正教会の協力も得て、貴重な聖書を特別に触らせてもらうなど、楽しい学習となりました。子どもたちにとってもよい思い出となったようで、後日手書きや点字のお礼状も届きました。

 悲しいこともありました。昨年末、函館校は開校20周年を盛大に祝いましたが、その祝宴で見事な歌唱を披露してくださった函館在住のソプラノ歌手・引地桂子さんが、9月に病気でお亡くなりになりました。引地さんは函館校のロシア語市民講座に通い、コンサートの前には教員から発音の指導を受けながら、熱心にロシア語の歌を歌われていました。合唱サークル「コール八幡坂」の学生のために、発声指導をしていただいたこともありました。
 クラシック歌曲のほか、歌声喫茶風のコンサートを開き、身近にロシア民謡を歌う機会を広めるなど多岐に亘る活動をし、そのような時には函館校から民族衣装をお貸しして、マトリョーシカのようなかわいらしい姿で歌っておられました。
 昨年の函館校開校20周年・函館日ロ親善協会25周年の会では、ラフマニノフの歌曲を素晴らしい歌声で披露し、祝宴に花を添えていただきました。あまりにも急で早すぎる死に、我々の心も深く痛みました。ご冥福を心からお祈りします。

 来年も、この小さな学校から大きな花火を打ち上げたい、そう願う年の瀬です。みなさまにとっても、よい年となりますように。


ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年12月24日

FMいるかの23周年記念番組に出演しました

 函館のコミュニティ放送局・FMいるかは12月24日が誕生日。今日は開局23周年記念特別番組「サンキュー&メリークリスマス」を放送していました。いるかでは以前、デルカーチ副校長が“FMデルカ”というコーナーを持っていたり、“身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版”という、ひと月に一度、教員がロシアについてお話するコーナーを担当していたりと、少なからぬ縁があります。函館校は開校21周年ですから、いるかが2歳先輩です。

 今日は中継車・いるか号がやってきて、インタビューを受けました。パーソナリティーの山形敦子さんと、ロシアの新年の迎え方や、1月7日に行われるロシア正教のクリスマスについてお話ししました。

 いるかの放送局は函館校から徒歩5分のところにあり、この秋リニューアルされた函館山ロープウェイ山麓駅の中に移転、オープンスタジオとなりました。
 開局当初は函館山から函館駅前あたりまでの狭い範囲でしか聴くことができませんでしたが、今では函館市近郊はもとより、インターネットラジオで世界中どこでも聴けるようになりました。

 イリイン校長は「FMいるかが30周年を迎えるときにはまた、ここでインタビューを受けてメッセージを送りたい」、とますますの発展をお祈りしました。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年11月20日

留学生からの贈り物

 函館校には毎年秋に、ウラジオストク本学から日本学科で学んでいるロシア人留学生が日本語学習を深めるために来校します。もともと日本語はかなりのレベルですが、ここに来てホストファミリーや日本人学生と生活をともにすることにより、一層上達して帰ります。
 今年度の留学生は先ごろ、3週間のプログラムを終え帰国したばかりですが、昨年の留学生4名から、思いがけないプレゼントが届きました!

 箱を開けてみると、日本では手に入りにくい黒パンやマルメラード(マーマレード、ゼリー)、そしてお手製の杏のワレーニエ(ジャム)などが入っていました。
 4人連名の手紙が添えられていて、昨年お世話になったことへの感謝の気持ちがロシア語と日本語で綴られていました。とくにロシアのワレーニヤは、日本のジャムとはちょっと違って果物の食感が残り、少しゆるいものです。「日本にはないでしょうから」、と手作りの物を送ってくれました。

 ちょうど翌日が今年の留学生の修了式だったため、終わった後のティーパーティーにお集まりの、ロシア極東大学留学生支援実行委員会の方々にも食べていただきました。みなさん、めずらしいロシアの食べ物をおいしい、おいしい、と召し上がっていました。
 何よりも、4名の女子学生たちの心遣いが嬉しいですね。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年10月28日

ロシアフェスティバルin神戸

 10月24日(土)、神戸市勤労会館で開催された「ロシアフェスティバルin神戸」に行ってきました!  

 当初、ビルの入り口には“RUSSIAN FESTIVAL”と書かれた紙が1枚貼ってあるだけで、本当にここでいいの?と不安になりましたが、7Fでエレベーターを降りた途端、あざやかなサラファンに身を包んだロシア美人や走り回る子どもたちの熱気にすっかりあてられてしまいました。


 ロビーで開催されたバザーには、函館校がいつもロシアまつりでお世話になる神戸の「ロシア雑貨・いりえのほとり」も出店し、マトリョーシカや小物の販売のほか、日本初上陸のロシア蜂蜜の発酵酒、メドブーハの試飲販売を行っていました。
 このメドブーハは蜂蜜のやさしい甘さと酵母発酵による微炭酸、黄金色が特徴のお酒で、アルコール度数はビール並みの5%。店主の牛塚いづみさんが惚れ込んで、生産地の古都スズダリに何度も交渉に出かけ、やっと輸入にこぎつけたものだそうで、口当たりがよく、くいくい飲めまちゃいます。


 ほかにはボルシチやブリヌイ、サラダなどのロシア料理、グルジアワイン、チョコレート、毛織物やグジェリ陶器などが所狭しと並べられていました。


 そもそも神戸にはロシア人が多く移り住んできており、日本のデパートで売られているチョコレートのブランド「モロゾフ」、「コスモポリタン」、「ゴンチャロフ」などは神戸のロシア人亡命者からスタートしたブランド。このイベントも在神ロシア人が企画したものです。ここに集まったのは神戸だけでなく、関西一円に住むロシア人たちで、こんなにもいるのか、と驚きます。
 会場の話では、来場者の90%がロシア人およびその家族だそうで、日本人にロシア文化を広めるというよりも、ロシア人自らがとても楽しんでいるお祭りに見えました。


 ステージでは歌、楽器演奏、ダンスなど、美しい衣装に身を包んだ演奏家たちがクオリティの高い演奏を披露しました。また、音楽に合わせ、来場者が手に手を取ってハラボット(хоровод=輪舞)を始めると、どんどん輪も大きくなり、盛り上がりを見せていました。


 フェスティバルの帰りには、北野にある「いりえのほとり」のお店にも寄ってみました。かわいいロシア雑貨がお店いっぱいに並んでいますよ。みなさんも神戸散策の折にはぜひお立ち寄りくださいね。

ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年10月08日

ミリオン・ズビョースト 第85号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第85号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、大渡涼子総務課長による「読むこと、書くこと」です。小学生のころの可愛いお手紙など、自身の経験に基づいて、読むことだけでなく書くことの楽しさを述べています。書くという行為が、自己理解につながり、成長していくうえで大切なものだというメッセージを学生に与える文章になっています。

 また、この夏、北方四島交流事業で国後島に派遣された学生や、JT奨学金による夏季短期インターンシップでサンクト・ペテルブルク、モスクワに研修に行った学生からの投稿も掲載しています。初めての体験に緊張しながらも、ロシアへの興味関心が一層高まり、学習意欲もさらに高まったことが伺えます。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年09月14日

はこだてカルチャーナイト2015のご案内

 10月2日(金)、市内の文化施設や教育施設などを夜間開放し、家族そろって地域の文化に触れるイベント、「はこだてカルチャーナイト2015」が開催されます。
 ふだん何気なく通り過ぎていても、見る機会がなかった建物や入りづらかった公共施設を見学する絶好の機会であり、各施設趣向を凝らした内容で、様々な体験をすることができます。
 本校は今年もこのイベントに参加します。毎年多くの家族連れでにぎわっています。みなさまのご来校をお待ちしております。
 秋の夜長、地域の文化を探検しにでかけませんか?

日 時:平成27年10月2日(金) 17:30~20:00

場 所:ロシア極東連邦総合大学函館校ロシアセンター

     *ロシア語で遊ぼう
       ロシア語のアルファベット表を参考にして、自分の名前カードを作ってみましょう。
       英語と似ているけれど、ちょっと違う、キリル文字で書くと不思議な感じになります。

     *ロシア民族衣装試着体験
       美しいロシアの民族衣装を着て、お手持ちのカメラや携帯電話で記念撮影はいかがですか。
       衣装は男性・女性・子ども用と取りそろえています。

     *本校オリジナル人形劇の人形を動かしてみよう

     *写真展(本校学生撮影による最近のロシア)

     *ロシア民芸品の展示、DVD上映

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年09月01日

はこだてグルメサーカス2015のご案内

 函館日ロ親善協会では、今年も「はこだてグルメサーカス」に参加します。大門グリーンプラザ会場で開催される「開港都市と姉妹都市のひろば」に出店し、ウラジオストク市の紹介とともにボルシチとピロシキの販売を行います。今年はリンゴのピロシキも販売します。どちらもお持ち帰りできますので、おみやげにもどうぞ。
 函館と姉妹・友好都市関係にある国や日本全国のご当地グルメが楽しめるグルメサーカスに、ぜひお越しください!
 
<ウラジオストク市・函館日ロ親善協会のブース>
日 時:平成27年9月5日(土) 10:00~17:00
           6日(日) 10:00~16:00
場 所:大門グリーンプラザ 開港都市と姉妹都市のひろば
メニュー:ボルシチ         600円(各日200食)
     ピロシキ(肉)      200円(各日400個)
     ピロシキ(リンゴ)    200円(各日100個)
    
*例年午前中には売り切れてしまいますので、昨年より数量を増やしておりますが、お早目のご来場をお待ちしております。


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年08月24日

ビジネスセミナーが本学のホームページに掲載されました

 函館校で全学生を対象に年4~5回開催している渡辺善行講師によるビジネスセミナーウラジオストク本学のホームページに紹介されました。 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年07月10日

法学入門「模擬裁判」を行いました。

 6月25日(木)と7月9日(木)の2回にわたり、法学入門の授業で模擬裁判を行いました。
 弁護士であり本校非常勤講師の荒木知恵先生が模擬裁判のシナリオを作成してくださり、学生たちはそれに沿って、開廷から証人尋問、判決まで行いました。

 教室を裁判所に見立てて机を移動し、学生たちは、裁判官、検察官、弁護人、証人、被告人と役を与えられました。

 裁判官役3人には卒業式に着用する黒いマントを着てもらったのですが、素人目には本物の裁判官にしか見えません。
 他の役を割り当てられた学生たちも、難なくこなし(むしろすごく感情移入している学生も中にはおり)、傍聴人としてはとても見ごたえのある模擬裁判でした。

 裁判というものはドラマなどで目にする機会はあっても、なかなか経験することはありませんので、裁判の進め方も知らない人がほとんどではないでしょうか。
 今回の授業を通して、裁判全体に対する理解が深まり、裁判がより身近に感じることで、学生自身が社会について、本講義で学習到達目標としている対立利益の存在について考える、よい機会になったことでしょう。
 荒木先生、ありがとうございました。

 さぁ!学生のみなさんは来週が試験ですよ!がんばりましょう!

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年07月01日

ミリオン・ズビョースト 第84号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第84号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、4月から極東大学に着任した筑土清彦事務局長による「西部地区ならでは… 極東大函館校に勤務して」です。着任しまもなく100日が経ち、うれしく感じることを今までの経歴を交え、書いていただきました。

 また、同じくこの春入学した学生からの投稿もあります。ロシア語を学び始めて約3カ月。その喜びや苦労が垣間見える文章です。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年06月12日

函館市内のライブラリーマップを配布しています

 函館市内の大学・高専図書館の多くが広く市民にも開放されていることをご存じですか?
ライブラリーリンクはキャンパス・コンソーシアム函館に加盟する高等教育機関の図書館と函館市中央図書館が連携し、高等教育機関相互または地域との連携に取り組んでいる組織です。
 そのうち学外開放している6つの図書館と函館市中央図書館の蔵書数の合計は、150万冊以上。この数字は大規模図書館にも匹敵します。ライブラリーリンクは、これら7つの図書館が連携して、読書をはじめ、学習や研究のより充実した環境を函館地域のみなさんに提供しています。

その利用促進のため、ライブラリーマップを5年ぶりに更新しました。A3両面の8ツ折で、デザインは公立はこだて未来大学の学生が担当しました。各館の蔵書の特徴や開館時間などの情報のほか、公共交通利用時の地図なども載っています。
 市内各図書館で配布していますので、ぜひ手に取って、地域の大学図書館を活用してください。


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年01月21日

FMいるかにアニケーエフ先生が出演します

 函館校でロシア語や文学の授業を担当するアニケーエフ・セルゲイ教授が下記番組に出演します。

 昨年末発行された文芸誌「視線」第5号に特別寄稿した「不思議な盲目作家エロシェンコ」をテーマに、戦前の日本で作品を発表したロシア人作家、ワシリー・エロシェンコについて語ります。

 FMいるかは函館地域のコミュニティー放送ですが、「サイマルラジオ」というシステムでインターネットやスマートフォンがあれば世界中どこからでも聴くことができます。詳しくは、FMいるかのホームページをご覧ください。


FMいるか「暮らしつづれおり」
「人ネットワーク」
平成27年2月5日(木) 11:10~11:30
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校 教授 アニケーエフ・セルゲイ

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年01月15日

ミリオン・ズビョースト 第82号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第82号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、鳥飼やよい准教授による「八幡坂で20年」です。函館校開校とほぼ同時期に着任し、20年間の学校の移り変わりを見続けてきた鳥飼先生が、自ら率いる合唱サークル「コール八幡坂」を通して、これまでをふり返ります。

 また、昨年9月にウラジオストク留学実習に行った2年生や、ゴシケヴィッチ生誕200年記念事業の一環で来日した、ベラルーシ国立大学の学生の交流団に同行した4年生の感想記もあります。どちらもロシア語を駆使して交流を深める様子がよく書かれています。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年01月09日

開校20周年記念パンフレットを発行しました

 1994年4月11日に開校した函館校は、おかげさまで2014年に20周年を迎えることができました。それにあたり、今までの活動をまとめたパンフレット「20年の歩み」を作成しました。

 函館校はこの20年間、ロシアを取り巻く環境がさまざま変化する中、将来の日ロ交流を担う「ロシアのスペシャリスト」を育成し、両国の相互理解に寄与すること、また、ロシアと歴史的なつながりの深い函館という地域に根差し、貢献することを変わらぬ目標に活動してまいりました。このパンフレットはそれらがわかる内容になっております。

 同窓生や学校関係者にはお送りする予定ですが、その他ご希望の方には事務局にて配布しております。郵送をご希望の方は140円切手を貼付した角3サイズ以上の封筒に返送先住所と宛名を書いたものを同封の上、事務局までお送りください。2部以上ご希望の場合は代金が異なりますので、お電話にてお問合せください。

<お問合せ先>
〒040-0054 函館市元町14-1
ロシア極東連邦総合大学函館校事務局
℡0138-26-6523

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2015年01月07日

小林和男氏講演会NCV放映のご案内

С Новым годом(新年おめでとうございます)!
今年も「極東の窓」をよろしくお願いいたします。

 さて、昨年末に行われた標記講演会の内容が、函館のケーブルテレビNCVのスペシャル番組として放映されます。
当日来場された方も、聞き逃した方も、是非ご覧ください。

NCVスペシャル
「ロシア極東大学函館校開校20周年・函館日ロ親善協会設立25周年記念講演会」

講師:ジャーナリスト 小林和男氏(元NHKモスクワ支局長)

日時:平成27年1月31日(土) 14:00~、21:00~
           2月 8日(日) 14:00~、21:00~
 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年12月26日

2014年を振りかえって

 いつも「極東の窓」をご愛読いただき、ありがとうございます。今年もまた1年をふり返る時がやってきましたが、今回は特別な年でありました。1994年4月11日に開校した函館校は、20周年という節目を迎えることができました。

 2014年の年明けはソチ五輪の熱気に沸きました。2月のロシアまつりは初めての冬開催、しかも冬を追い払うロシア伝統のおまつり「マースレニッツァ」と同時に行いました。ちょうどオリンピック開幕中でロシアに注目が集まったこともあり、初めてのお客様にも多くお越しいただき、賑わいました。
 学生の間から生まれた「スーシキン」という、極東大函館校の公式キャラクターも誕生し、まつりで販売するために函館高専の学生さんの協力を得てキーホルダーを作成、好評を得ました。

 今年初めての試みとしては、小学生を対象に自由研究に役立ててもらおうと「夏休みマトリョーシカ絵付け教室」を開催。函館市内だけでなく、本州からも参加者があり、3時間かけて白木のマトリョーシカに思い思いの色を塗りました。総合学習や修学旅行で来訪する小中学生も増えました。色鮮やかなロシアの民芸品に触れたり、民族衣装を着て記念撮影をしたり、初めて見るキリル文字で書かれた自分の名札を探し当てたり。キラキラと目を輝かせる子どもたちの表情がとても印象に残りました。こうした地域貢献や生涯学習といった面でも、もっともっと市民のみなさんに親しんでいただける極東大学になれば、と思います。

 函館校の学生についていえば、日本たばこ産業株式会社(JT)の支援による「JT奨学金」が新設され、3名の学生が夏季休暇を利用してサンクトペテルブルクとモスクワにインターンシップ研修に出かけました。極東ウラジオストクには全学生が必修の留学実習で訪れますが、ヨーロッパロシアに出向く機会の少ない学生にとっては、現地の企業で卒業生がロシア語を生かして働く姿を見ることにより、目標を定めたり、就業意識を高めるとてもよい経験となりました。

 また、9月末に行われた初代ロシア領事ヨシフ・ゴシケヴィッチ生誕200年を記念した一連の行事では、ゴシケヴィッチが現在のベラルーシ出身ということもあり、ロシアとベラルーシの両大使がそろって来函し、セレモニーが盛大に行われました。函館校の教員がどの場面でも通訳として働き、交流の一翼を担いました。その際、ベラルーシ国立大学で日本語を学ぶ学生6名も来日し、函館では極東大学の学生が市内観光や浴衣の着付けなど日本文化体験のお手伝いをしたほか、その後京都・東京と旅行を続ける中で、函館校の学生2名が通訳補助として同行するなど、日頃勉強したロシア語を試す機会が与えられました。

 そのほか、社会人となった卒業生が休暇を利用して函館に戻り、オープンキャンパスのお手伝いをしてくれたり、在校生のために自身の就職体験を踏まえながら、今の時期に何を考え、何を身につけるべきか、在学中の過ごし方についてアドバイスをくれるなど、ありがたいこともありました。在校生にとっては身近な先輩から聞く体験談が何より参考になるようです。
ロシア語を学ぶだけではなく、それ以外のことにも視線を向け、知識を広げることの重要性。この学校では授業以外にも様々な行事や課外活動を通じることにより、それが可能です。学生がもっと積極性を持っていろいろなことに挑戦し、そこから吸収してくれることを願います。

 そして開校20年の今年を締めくくる、12月20日に行われた記念行事。ソ連崩壊・新生ロシアの誕生という歴史の大きな節目にNHKモスクワ支局長として現地から日本へ情勢を伝え続けたジャーナリスト・小林和男氏をお招きして記念講演会を開催できたのは、大変光栄なことでした。その時代のロシアウォッチャーにとっては、小林さんはスターです。著作も面白く、始まる前に「小林さんに来ていただけるなんて、夢のようです!」、とお伝えしたら、「嬉しいなあ。それじゃあ、はりきって講演します」、とおっしゃいました。そのお言葉どおり、エネルギッシュで観客の心をつかんで離さない、笑いの絶えない講演会となり、約240名の来場者が口々に「おもしろかったね、よかったね」と言いながらお帰りになりました。

 引き続き関係者にて行われた祝賀会には、函館校20周年と函館日ロ親善協会25周年を祝い、道内、本州、ウラジオストクからもゆかりの人々が駆けつけてくれました。同窓生、旧職員、日本人もロシア人も、どの顔も懐かしい顔、そして笑顔。私自身はここに勤めて15年目ですが、開校時の苦労は並大抵ではなかったでしょう。この20年の間には鬼籍に入った方も何人かおられます。様々な困難を乗り越えての今日であることを心から喜ばしく思うとともに、ここまで函館校を作り上げ、支えていただいた多くの方々にあらためて敬意を表したいと思います。

 来年はまた笑顔で1年を締めくくることができるよう。みなさまどうぞよろしくお願いいたします。


ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年12月05日

FMいるか出演のお知らせ

 ロシア極東連邦総合大学函館校は今年開校20周年、同じく函館日ロ親善協会は設立25周年を迎えました。これまでのみなさまのご支援に感謝する意味を込めて、12月20日(土)には、ジャーナリスト・小林和男氏(元NHKモスクワ支局長)をお招きし、記念講演会「ロシアで学んだダメもと精神」を開催するほか、この間の活動をまとめた記念誌「20年の歩み」を発行する作業を現在進めています。

 これに関連して、函館校同窓会長であり函館日ロ親善協会の事務局長である小柏哲史さんと事務局職員がFMいるかに出演します。

 FMいるかは函館地域のコミュニティー放送ですが、「サイマルラジオ」というシステムでインターネットやスマートフォンがあれば世界中どこからでも聴くことができます。詳しくはいるかのホームページをご覧ください。


FMいるか「暮らしつづれおり」
「人ネットワーク」
平成26年12月10日(水) 11:10~11:30
出 演:函館日ロ親善協会 事務局長 小柏哲史
ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大渡涼子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年11月07日

小林和男氏講演会「ロシアで学んだダメもと精神」のご案内

函館校開校20周年、函館日ロ親善協会設立25周年を記念し、下記のとおり講演会を開催します。
 講師の小林和男氏はNHKを代表する国際ジャーナリストで、NHK時代はモスクワ支局長、解説委員を歴任。ソ連崩壊から新生ロシアへの変貌を間近でとらえ、日本に報道し続けました。
 今回はその小林氏がロシアでのカルチャーショックから学んだ、ロシアとロシア人の魅力的な側面についてお話する講演会です。日本エッセイストクラブ賞を受賞した「エルミタージュの緞帳」をはじめ著作も多く、ラジオ番組でも定評のあった楽しいお話が聞けることと思います。是非お越しください。
 

日 時:平成26年12月20日(土)
開場 15:30
開演 16:00~17:30

場 所:ロワジールホテル函館 3F「彩光」
 函館市若松町14-10 TEL 0138-22-0111

定 員:300名

申込み:入場無料ですが、事前申込みが必要です。12月15日(月)までにFAX(0138-26-0342)、電話(0138-26-6523)、メール(info@fesu.ac.jp)のいずれかの方法にてお申込みください。なお、先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます。

締め切りを過ぎましたが、まだ若干の空きがございます。ぜひ一度お問い合わせください。
   

 
主 催:ロシア極東連邦総合大学函館校
    函館日ロ親善協会

後 援:在札幌ロシア連邦総領事館 函館市 公益財団法人函館市文化・スポーツ振興財団 一般財団法人北海道国際交流センター 日本ユーラシア協会函館地方支部 函館日ロ交流史研究会 北海道新聞函館支社 函館新聞社 NHK函館放送局 函館山ロープウェイ㈱FMいるか キャンパス・コンソーシアム函館

<小林和男氏プロフィール>

1940年長野県生まれ。東京外語大卒業後NHK記者、モスクワ、ウィーン支局長など海外駐在14年。海外ウィークリー、NHKスペシャルキャスター。
92年ソ連崩壊の報道で菊池寛賞。93年ロシアの客観報道でモスクワジャーナリスト同盟賞。08年ロシア文化への貢献でロシア政府プーシキン勲章。プーチン大統領と長時間対談した稀な経験を持つ。
解説主幹、作新学院大学教授を経て現在フリージャーナリスト、サイトウ・キネン財団評議委員、FEC日本民間外交推進協会日ロ経済文化委員、下野新聞客員論説委員、日墺協会理事。
著書「エルミタージュの緞帳」(日本エッセイストクラブ賞)、「1プードの塩〜ロシアで出会った人々〜」、「狐と狸と大統領」、「白兎で知るロシア」、「プーチンと柔道の心」など。


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年11月05日

今年もロシア人留学生が来ました!

 ウラジオストク本学の日本学科で学ぶ4名の学生が函館校にやってきました。全員女子の2年生と3年生です。
 10月30日(木)、初登校の日の放課後には学生自治会による対面式が行われ、函館校の学生や教職員から歓迎を受けました。

 自治会長のロシア地域学科2年 吉田翔太さんと副会長のロシア地域学科4年 河瀬愛子さんが「ようこそいらっしゃいました。函館滞在中、一緒に仲良く過ごしましょう。」とロシア語で歓迎のあいさつをし、1年生から花束が贈られました。
 留学生は函館の美しい秋に「ウラジオストクと景色がよく似ている。」と感激した様子で、日本語で街の印象を述べながら自己紹介をしました。函館校の学生もロシア語で、趣味などについて自己紹介をし、徐々に打ち解けていきました。
 今年は19日間という短い日程ですが、留学生にとっては全泊ホームステイで過ごし、日本語だけでなく、日本の家族の生活を通した実りある学習の機会となります。楽しく充実した留学生活になりますように。


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年10月15日

全国大学ビブリオバトル 函館地区予選

 10月12日(日)、公立はこだて未来大学の学園祭「未来祭」の中で開催された「全国大学ビブリオバトル2014~函館地区予選」に、先日の校内予選で勝ち進んだロシア地域学科2年 三好拓さんが出場しました。


 当日はキャンパス・コンソーシアム函館に加盟する未来大・北海道教育大函館校・函館高専と本校から計5名のバトラーが渾身の一冊を持ち寄り、プレゼンテーションを行いました。三好さんは一票差で惜しくも2位、チャンプ本に選ばれたのは教育大の学生が発表した山田詠美著「風味絶佳」でした。


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

みらいだいがくの古本市・ブキニストに初参加しました

 10月11日(土)、公立はこだて未来大学の学園祭「未来祭」の中で開催された古本市・ブキニストに極東大学図書室で不用となった本を出品し、学生もボランティアとして参加しました。


 当日はお目当ての本を安価で手に入れるチャンスとあって、開店の10時には20名以上の行列ができました。白いシャツにデニムという、おそろいのユニフォーム姿でお手伝いした1年生も一生懸命働き、休憩時間には未来大学の学園祭も楽しめました。

 この売り上げは、新規図書の購入費用に充てられます。



コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年10月14日

ミリオン・ズビョースト 第81号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第81号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、パドスーシヌィ・ワレリー教授による「ロシアのお茶」です。ロシア人が一番好きな飲み物、お茶がどのようにして国民的な飲み物になったのか。その興味深い歴史について書かれています。

 また、この夏、北方四島交流事業で国後島に派遣された学生や、今年度新設されたJT奨学金による夏季短期インターンシップでサンクト・ペテルブルク、モスクワに研修に出かけた学生からの投稿も掲載しています。学生たちが夏季休暇を有効に活用し、ロシアへの見聞やロシア語学習への意欲を高めたことが伺えます。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年10月10日

全国大学ビブリオバトル 校内予選開催!

 12月に開催される「全国大学ビブリオバトル2014~京都決戦」出場を目標に、その前の北海道地区決戦、函館地区予選に進む学生を選ぶためのビブリオバトル校内予選を開催しました。

 知的書評合戦・ビブリオバトルはすでにゲームとして認知され、あちこちで広く行われていますが、今回は大学生の代表を選ぶ京都決戦が最終目標ということで、力も入ります。
 校内で行われるのは3回目、今回は2名のバトラーが極東大学代表の座を賭けて戦いました。見事チャンプ本に選ばれたのは、ロシア地域学科2年 三好拓さんが紹介したサイモン・シン、エツァート・エルンスト共著「代替医療解剖」でした。

 三好さんは10月12日(日)公立はこだて未来大学未来祭の中で行われる函館地区予選に進みます。当日はキャンパス・コンソーシアム函館に加盟する市内の大学、高専からバトラーが集まり、戦いを繰り広げます。三好さんの健闘を祈ります!


全国大学ビブリオバトル2014~函館地区予選

日 時:平成26年10月12日(日) 11:30~12:20
会 場:公立はこだて未来大学 1Fプレゼンテーションベイ中央



コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年10月06日

みらいだいがくの古本市・ブキニストに参加します

 10月11日(土)公立はこだて未来大学の第15回未来祭にて開催される「みらいだいがくの古本市 Bouquinistes@FUN2014」に、極東大学で不用となった本も一部出品します。
 未来大では例年開催しており、開店時刻からいつも大賑わいのこのイベントに、今年は極東大学が初参加。Bouquinistes(ブキニスト)とは、パリのセーヌ川沿いで16世紀から続く古本市のことですが、ロシア語にもフランス語が語源で同じ意味、同じ響きのБукинист(ブキニスト)という言葉があります。今回はロシア語と日本語の本や雑誌の販売を予定しています。
 未来大の学祭の中のイベントですから、学生による模擬店やステージ発表なども楽しめる機会です。小銭とマイバック持参でぜひお越しください。

日時: 2014年10月11日(土)10時~16時
会場: 公立はこだて未来大学 484教室
内容: 情報ライブラリーやロシア極東大で不用になった図書や
    雑誌約2,500点を 安価で販売します。
    図書は、情報科学・数学などの専門書が中心です。

     図書100円・300円/雑誌10円・100円

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年09月18日

はこだてカルチャーナイト2014

 10月3日(金)、市内の文化施設や教育施設などを夜間開放し、家族そろって地域の文化に触れる催し、「はこだてカルチャーナイト2014」が開催されます。
 ふだん何気なく通り過ぎていても、見る機会がなかった建物や入りづらかった公共施設を見学する絶好の機会であり、各施設趣向を凝らした内容で、様々な体験をすることができます。
 本校は今年もこのイベントに参加します。毎年多くの家族連れでにぎわっています。みなさまのご来校をお待ちしております。
 秋の夜長、地域の文化を探検しにでかけませんか?

 日 時:平成26年10月3日(金) 17:30~20:00

 場 所:ロシア極東連邦総合大学函館校ロシアセンター

    *ロシア語にふれてみよう
       ロシア語のアルファベット表を参考にして、
       自分の名前カードを作ってみましょう。
       英語と似ているけれど、ちょっと違う、
       キリル文字で書くと不思議な感じになります。

    *ロシア民族衣装試着体験
       美しいロシアの民族衣装を着て、
       お手持ちのカメラや携帯電話で記念撮影はいかがですか。
       衣装は男性・女性・子ども用と取りそろえています。

    *本校オリジナル人形劇の人形を動かしてみよう

    *写真展示
     (最近のウラジオストク、ゴシケヴィッチ生誕200年記念事業)

    *ロシア民芸品の展示、DVD上映

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

ゴシケヴィッチ生誕200年記念事業のご案内

 9月27日(土)より、初代駐日ロシア領事ゴシケヴィッチの生誕200年を記念する行事が市内各所で開催されます。
 1858年、日本で最初のロシア領事館が函館に設置されるとともに初代領事として着任したゴシケヴィッチの功績や生涯を振り返るため、生まれ故郷であるベラルーシ共和国を中心に、ロシア、日本が連携して実施する事業です。
 函館校はこの事業に協力しています。期間中、ベラルーシ国立大学で日本語を学ぶ学生6名が来日し、函館校の学生も市内観光や文化交流のお手伝いをするほか、函館校の学生代表2名が東京・京都と旅行する際に同行します。
 市内で開催される行事は一般の方が参加できますので、この機会に函館の歴史の1ページであるゴシケヴィッチの功績にふれてください。

    主催:ゴシケヴィッチ生誕200年記念事業実行委員会(五十音順)
             ゴシケヴィッチ顕彰会
             日本ユーラシア協会函館地方支部
             函館日ロ交流史研究会
             函館日ロ親善協会
             (一財)北海道国際交流センター
    後援:外務省 函館市
     協力:ロシア極東連邦総合大学函館校  
                                 ほか


ゴシケヴィッチ生誕200年記念移動展

 日 時:平成26年9月27日(土)~10月18日(土) 9:00~21:00
 場 所:函館市地域交流まちづくりセンター1F (入場無料)
 内 容:ゴシケヴィッチ関連資料やパネル展示を行います。
      函館での開催は、ミンスク(ベラルーシ)、
      サンクトペテルブルク(ロシア)、
      パリ(フランス)に続き、4ヵ所目となります。


移動展オープンセレモニー&ギャラリートーク

 日 時:平成26年9月27日(土) 13:30~
   (ギャラリートークは14時頃からカフェで行います)
 場 所:函館市地域交流まちづくりセンター1F 
 内 容:駐日ロシア大使、ベラルーシ大使を招き、
      オープニングセレモニーを開催します。
      セレモニー終了後は、ベラルーシ国立歴史博物館関係者を
      交えたギャラリートーク(先着20名ドリンク付)を開催します。
      ドリンクチケットは13時よりセレモニー会場内で配布します。


記念講演会・フォーラム

 日 時:平成26年9月28日(日) 10:00~12:00
 場 所:函館山ロープウェイ カフェ・ペルラ (入場無料、申込不要)
 講演会:「初代駐日ロシア領事ゴシケヴィッチと函館」
    講師 本校准教授  倉田 有佳
 パネルディスカッション(予定):
    駐日ロシア特命全権大使 エフゲニー・アファナシエフ
    駐日ベラルーシ特命全権大使 セルゲイ・ラフマノフ
    本校准教授  倉田 有佳
    高田屋嘉兵衛子孫  高田 菜々


旧ロシア領事館特別公開

 日 時:平成26年9月27日(土)~28日(日) 10:00~15:00
 場 所:旧ロシア領事館(函館市船見町17-4)
 内 容:建物内部(一部)の公開および旧ロシア領事館をテーマとした
      国際設計コンペ優秀作品展示

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年09月12日

はこだてグルメサーカス終了!

 9月7日(土)、8(日)、大門グリーンプラザで開催された「はこだてグルメサーカス」。天候にも恵まれ、二日合わせて17万人もの市民で賑わいました!

 函館日ロ親善協会が出店した姉妹都市・ウラジオストク市のブースでは、親善協会若手会員と極東大学の教職員がボルシチとピロシキの販売を行いました。
 昨年は早々に売り切れてしまったため、今年は数を増やしましたが、10時開店と同時に長い行列ができました。

 300個用意したピロシキは、2日とも約2時間で完売。ボルシチも150食ほど用意しましたが、お昼すぎには売り切れてしまう盛況ぶりでした。
 「昨年、買えなかったので今年は早めに来た」と言って並んでくれたお客様のほか、「昨日、買えなかったからまた来たよ」と連日足を運んでくださったお客様もいらっしゃいました。嬉しい限りです!!
多くのご来場、誠にありがとうございました!!

  

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年09月02日

はこだてグルメサーカス2014のご案内

 函館日ロ親善協会では、今年も「はこだてグルメサーカス」に参加します。大門グリーンプラザ会場で開催される「開港都市と姉妹都市のひろば」に出店し、ウラジオストク市の紹介とともにボルシチとピロシキの販売を行います。どちらもお持ち帰りできますので、おみやげにもどうぞ。
 函館と姉妹・友好都市関係にある国や日本全国のご当地グルメが楽しめるグルメサーカスに、ぜひお越しください!
 
<ウラジオストク市・函館日ロ親善協会のブース>

日  時:平成26年9月6日(土) 10:00~17:00
               7日(日) 10:00~16:00
 
場  所:大門グリーンプラザ 開港都市と姉妹都市のひろば

メニュー:ボルシチ           400円(各日100食)
      ピロシキ(肉)        200円(各日300個)
      ボルシチ・ピロシキセット 500円

*昨年より数量を増やしておりますが、例年午前中には売り切れてしまいます。お早目のご来場をお待ちしております。

昨年の様子


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年07月22日

本校に入学して 6

 本校に入学して一番初めに思ったことは、学生数が少ないということです。友達ができるか不安に思いましたが、すぐに同じ1年生や先輩と仲良くなりました。
 授業ではロシア語文法、ロシア語会話、ロシア語演習があり、毎日楽しくロシア語を勉強できています。文法の授業は分かりやすくゆっくり少しずつ学ぶことができ、会話の授業では教科書以外の知識を増やすことができます。文化史や民族学、地理ではロシアに関するさまざまなことが学べ、日ロ関係史では日本とロシアのつながりを学ぶことができます。小テストや宿題は毎日のようにあるけれど、わからないところがあれば先生が教えてくださいます。助かります。本校に入学して良かったです。

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア地域学科1年 山本 実里奈

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年07月18日

本校に入学して 5

私がロシア語を学びたいと思ったきっかけは、ロシア文化の面白さをもっと知りたかったからです。政治、ロシア文化史、あらゆるものに影響を与えているという国の中身を知りたかったのです。
 本校では、ロシア人の先生方が熱心に勉強を教えてくださいます。文法や会話はもちろん、文化史や民族学、地理学などロシアに関するあらゆることを学べて、とても充実した日々を送れるのではないかと思います。課題は毎日ありますが、わからないところがあれば先生方が熱心に教えてくださいます。そのおかげか私のロシアへの興味は更に増しています。

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア地域学科1年 奥山  茜

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年07月17日

本校に入学して 4

 私がこの大学でロシア語を学び始めてから3カ月程経ちます。最近は授業でも覚えねばならないことが多く、少し難しく感じます。それでも個性的で楽しい先生方のおかげで地道に頑張ることができています。
 この大学にはロシア人の先生がたくさんいます。日本語訛りのないロシア語での授業はいい刺激になります。授業を終えてからもロシアセンターや図書館で勉強することができます。特にロシアセンターでは日替わりで先生がついてくれていますから解らない所を聞くことができるので、心強いです。
 ロシア語の授業は難しいですが内容が濃く、とてもやりがいがあります。ロシア語だけでなく歴史やロシア地理や英語の授業も行っているので自分の可能性を十二分に伸ばせる大学だと感じています。
 サークルも少ないですが、ロシア語で歌を歌ったり、人形劇をしたりとどちらも個性的なサークルです。
 あと食堂があるのでお弁当を忘れたときに私はよく利用します。日替わり定食とスムージーがおいしいです。


ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア地域学科1年 大平 桃子


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年07月16日

本校に入学して 3

 私が本校に入学して3ヵ月が経ちました。入学以来、日々ロシア語に精進しております。お陰でキリル文字にも大分慣れましたが、何分文法が複雑で授業の進度が速い。最近はいよいよ難しく、複雑を極め、少しく頭が混乱しております。この混乱ゆえに授業中、先生や同輩からの問いかけに対しとんちんかんな返答する事一再ならず。これではいかんと気持ちを新たに引き締める今日この頃であります。
 ただ、何分理解が浅くとも精進するだけの甲斐はあります。今夏JT奨学金インターンシップ研修でモスクワ、サンクトペテルブルクへ行ける事となりました。このインターンシップは今年が第1回目だそうで、このような機会に参加できる事を光栄に存じます。これを励みに、今後ともロシア語学習に精を出し、授業について行けるよう努めて参りたいと思います。

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア地域学科1年 金子 智昭

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年07月15日

本校に入学して 2

 私は、この学校に来て、生きたロシア人の言語や文化、彼らの気質を理解することができました。教授のほとんどが日本語、英語ともに堪能なロシア人教師から成っており、1年生の時点で日常会話だけでなく分かりやすい文法や文化史、地理、民族学、英語、法学、貿易実務など実用的な講義を受けることができます。
 私は入学以前からロシア語やソ連史の基礎知識を有しておりましたが、連邦崩壊前の時代を生き抜いた教授陣の奥深い講義に興味が尽きることはありません。この学校はウラジオストクにある極東連邦総合大学の分校ですが、函館市に密着した活動を主にしており、年1回のはこだてロシアまつりをはじめ、市民向けの文化講座・はこだてベリョースカクラブなどで函館における貴重なロシア文化の発信地としても機能しております。そして毎年、同じ建物内にある北海道国際交流センターに来る米国人留学生やウラジオストク本学の日本語学部生徒の来校、数ヶ月間の本学への留学実習など、国内の他の国立、私立大学に比べ国際交流の機会に恵まれていると感じます。
 ロシアに関するあらゆる学術に少しでも興味をお持ちの方は、入学を強くお勧めします。

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア地域学科1年 權田 和希

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年07月14日

本校に入学して 1

 4月に入学した1年生の投稿「本校に入学して」を学報「ミリオン・ズビョースト 第80号」に掲載しましたが、載せきれなかった投稿を6回に渡りご紹介します。
*  *  *  *  *

 まず、本校に入学したいと私に強く決断させたきっかけは、近年ロシアとの企業関係、貿易が活発的になり、ロシア側が日本の高度技術に注目しているためです。しかし、あまり日本国内ではロシアのニュースが流れないのが少し悲しいところです。これは大変重要な事だと思います。このような社会情勢の中、私は両国のビジネスや交流関係の発展に繋がる仕事に就きたいと思い、このロシア極東大学で学ぶ事を決めました。      
 授業の内容では、ロシア語を使い会話、演習、文法を習ったりロシアの歴史や童話等を学んだりしています。その中で、やはり一番魅力的なのはネイティヴの先生から直接ロシア語を聞いて覚えられることです。これは日本国内では珍しい事だと思います。授業の合間に面白い小話が聞けたり、個性的な教授陣がいて勉強では退屈をするどころか楽しいくらいです。
 毎日こうして濃い時間を過ごし早や2ヶ月ですが、今気が付いたら前まで読めなかったキリル文字の筆記体や文章が少しずつ読めるようになってきている自分に驚いています。覚える量の多さは非常に多く、大変ですが、その分、自分の目標へ一歩一歩近づいているのだと実感しています。

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア地域学科1年 福島 佳苗

 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年07月10日

ミリオン・ズビョースト 第80号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第80号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、4月に学務課教務・学生係として着任した福尾瞳さんによる「今日も明日も“До свидания”」です。
 3月まで高校で国語の教員をしていた福尾さんですが、ロシアという未知の世界に飛び込み、新しい仕事・新しい環境に生き生きと順応していく姿が読み取れます。

 また、同じく4月から函館校に仲間入りした1年生による投稿「本校に入学して」も特集しています。入学して3ヵ月あまり、膨大な宿題や予習に戸惑いながらも、学ぶ喜びを感じ取っている様子が、学生自身の言葉でつづられています。
 是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年07月04日

小学生対象・夏休みマトリョーシカ絵付け教室のご案内

 函館校のロシア人の先生が下絵を描いた白木のマトリョーシカに一人1個、色をぬります。小さなお子さんでも簡単に作業ができるので、夏休みの自由研究に最適です。
 大きさは大・中・小あり、その中から1個選んでいただきます。また、ロシア語で作った名札もプレゼントします!興味のある方はぜひご連絡ください。

日 時:平成26年8月12日(火) 9:00~12:00
場 所:ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシアセンター
     (函館市元町14番1号)
費 用:一人1,000円(当日いただきます)
定 員:小学1~6年生 10名(先着順、付き添いの方もどうぞ)


申込み:ロシア極東連邦総合大学函館校事務局までお電話でお申込みください。
    7月7日(月)~8月6日(水) ←募集を延長しました!
    *ただし10名になり次第、締め切らせていただきます。

    電話 0138-26-6523
    (月~金 9:00~17:00)

絵付け教室(JPEG).jpg

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年06月13日

「2014オープンキャンパス」のお知らせ

 ロシア極東大学函館校では、本校への進学を考えている方や保護者を対象に、「オープンキャンパス」を開催しています。今年は年2回とし、さらに充実した内容で開催します。
 ロシア人教員と現役学生による模擬授業をはじめ、学生による学校生活の紹介や、社会人として活躍する卒業生による就職の話などもあり、入学をご検討中の方には、本校について理解を深めていただく上できっと参考になるはずです。
 気候もいい季節です。疑問に思うところを教職員に直接聞くこともできますので、この機会に、函館・元町にあるキャンパスを気軽に訪れてみませんか?
 スケジュールが合わない、という方は、随時個別の学校見学も受け付けています。どちらも事前にお電話(0138-26-6523)またはメールで事務局までお申し込みください。

 詳しくは函館校ホームページでご確認ください。

オープンキャンパス 
第1回 2014年6月28日(土) 13:00~15:30
第2回 2014年9月21日(日) 10:00~12:30

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年05月13日

合同公開講座「函館学2014」のご案内

 キャンパス・コンソーシアム函館(CCH)が主催する一般市民向け合同公開講座「函館学」が、今年も6月7日(土)から開催されます。
 CCH加盟の機関より各講師がそれぞれの研究テーマによって講義をするもので、前期・後期合わせて全6回が予定されています。
本校からは第4回目に、アニケーエフ・セルゲイ教授が「函館の姉妹都市ウラジオストク―日ロの文化人が往来した街」と題してお話します。
 日本とロシア、さらにはヨーロッパとの結節点だったウラジオストク。二葉亭四迷、与謝野晶子、ロシア文学翻訳者 瀬沼夏葉、日本(函館)で最初に生まれたロシア人・マトヴェーエフ、小説家プリニャーク、盲目の詩人エロシェンコなど、同地を往来した日ロ両国の文化人の知られざる功績について日本語でご紹介します。
 全講座受講のほか、各回ごとの申し込みも受け付けています。大学の講義が気軽に受けられるこの機会をどうぞご利用ください。

合同公開講座 函館学2011 6月11日(土)~11月26日(土) 全6回

<うち第4回>
日 時:9月27日(土) 13:30~15:00
テーマ:「函館の姉妹都市ウラジオストク―日ロの文化人が往来した街」
講 師:ロシア極東連邦総合大学函館校 教授 アニケーエフ・セルゲイ
会 場:北海道教育大学函館校 講義室
(本校ではありませんのでご注意ください)
定 員:各回200名(先着順)
受講料:1講座につき800円、全回受講 3,500円(ともに税込)
    キャンパス・コンソーシアム函館加盟校の学生(聴講生・科目履修生を除く)、
    および高校生以下は無料で受講できます。

 お申し込み、お問い合わせはキャンパス・コンソーシアム函館(℡0138-44-4211)またはこちらのホームページで確認してください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年04月16日

ミリオン・ズビョースト 第79号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第79号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、イリイン・セルゲイ校長による「我が極東連邦総合大学函館校が成人を迎えた」です。函館校は4月11日で開校20周年を迎えます。ロシアの国立大学の分校がなぜ函館に開かれたのか、そしてこの20年間、函館校はどのような活動をしてきたのか。イリイン校長の言葉で振り返ります。

 また、3月に函館校を巣立った卒業生からの寄稿もあります。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年04月09日

モスクワで活躍する豊留さん

 函館市文化・スポーツ振興財団が発行する「ステップアップ2014年4月号」に函館校の卒業生、豊留大和さんが寄稿しています。2008年に函館校を卒業し、東京に本社を置くロシア物流に強みを持つ会社に就職した豊留さんは、現在モスクワの駐在員として働いています。ソチ五輪における日本選手団や安倍首相がロシアを訪問する際の政府専用機の貨物受け入れを担当するなど、目覚ましい活躍です。
 記事はこちらからもご覧いただけます。8ページに掲載の「郷土にエールを贈る 私を育ててくれた函館の街」のコーナーを是非ご一読ください!


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年02月08日

FMいるか出演のお知らせ

 2月11日(火・祝)に開催される第16回はこだてロシアまつりのPRのため、職員がFMいるかに出演して、まつりの中身やスーシキンについてご紹介します。

 FMいるかは函館地域のコミュニティー放送ですが、「サイマルラジオ」というシステムでインターネットやスマートフォンがあれば世界中どこからでも聴くことができます。詳しくはいるかのホームページをご覧ください。


FMいるか「暮らしつづれおり」
「人ネットワーク」
平成26年2月10日(月) 11:10~11:30
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大渡涼子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2014年01月16日

ミリオン・ズビョースト 第78号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第78号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、デルカーチ・フョードル副校長による「マースレニッツァ」です。
 函館校では来る2月11日(火・祝)に第16回はこだてロシアまつりを開催します。今回は、冬を追い出し春を呼ぶ、ロシア伝統のおまつり「マースレニッツァ」がイベントの中心となります。これを読むとマースレニッツァが古来ヨーロッパ民族の土着信仰から生まれた経緯や、どういう行事なのかが詳しくわかります。
 
 ウラジオストク留学から帰った2年生の報告もあります。ロシア語学校での授業の様子がよく書かれています。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年12月29日

2013年を振りかえって

 今年も長いようで短かった1年が終わろうとしています。いつも「極東の窓」をご愛読いただき、ありがとうございます。
 毎年の最後にはその1年を振りかえりますが、2013年最大の特徴は、はこだてロシアまつりが行われなかったこと!でも、心配しないでください。年明け2月11日(祝・火)に初の冬開催で行うべく、準備を進めている最中です。しかも今年は冬を追い出し、春を呼ぶロシア伝統の行事・マースレニッツァと合体です。乞うご期待。

 1年間の記事を読み返すと、今年も教員や学生が学外へ出て、発表の機会を多くいただいたことがわかります。函館市内のイベントだけではなく、学生がウラジオストク青年フェスティバルや北方四島交流事業などへ派遣されるなど、得難い経験をしています。ウラジオストク留学実習についてもそうです。学生たちが生き生きとした文章で、その様子を伝えてくれました。

 イベントばかりに見えますが、地元出身の前田一男衆議院議員による特別授業や元川重商事社長の渡辺善行氏による学生向けビジネスセミナーを年数回開催するなど、学生にとってはロシア以外のことに目を向け、知識を広げるためのサポートをいただいております。学外の方から極東大学に目を向けていただけることは、大変ありがたいことです。大学の学問だけでなく、社会の大先輩たちからの教えはこれから社会人となる学生にとって、非常によい刺激となっています。

 来る2014年、最初のイベントは何と言ってもソチオリンピックです。すでに代表選手の選出などで盛り上がりを見せておりますが、果たしてソチについてどれくらいの日本人が何を知っているでしょうか?
 ロシアの小説や映画に親しんでいる方には、あこがれの避暑地としておなじみですが、普通、日本人にはあまりイメージができない土地ではないでしょうか。そんな中、元日早々、地元のFMいるかがロシア特番を放送予定、ソチ五輪やロシアの新年の迎え方などを紹介する予定です。ほかのメディアもソチに照準を合わせ、すでに本校への取材もいただいております。五輪に向けてますますロシアが注目されるのは、間違いありません。

 16回目となるロシアまつりが行われるのは、まさにソチ五輪の最中です。ロシアが人々の耳目を集める今、私たち極東大学も大きくジャンプする年にしたいものです。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子


冬を燃やせ!(2013年のマースレニッツァの様子)

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年12月27日

はこだて自由学校【月曜舎】に参加しました

 市内で月2回開講される「はこだて自由学校【月曜舎】」で、本校のイリイン・ロマン講師が講話を行いました。テーマは「ロシアの冬の過ごし方、ロシアのクリスマスの話を聴く。」でしたが、ロシアのことはよくわからない、という受講生がほとんどだったため、国全体や出身地のウラジオストクについて解説し、途中ティータイムをはさみながらロシアの冬についてお話しました。

 会場が明治期に建てられた古い土蔵を改装した “カフェ ハルジョオン・ヒメジョオン”だったため、お店の協力でロシアンティーが提供されました。ロシアではジャムをなめながら紅茶を飲むのが一般的ですが、もう一つ、ティーポットに濃い紅茶液を作っておいてカップに注ぎ、それにお湯を注ぎ足して飲むと、香りが強く長持ちすると好まれています。お店で手作りのラズベリージャムとリンゴジャム、そして焼き菓子を食べながら、受講生のみなさんとお茶を楽しみ、フランクに会話しながらの講話となりました。


 ロシアのクリスマスについて、アメリカやヨーロッパのサンタクロースとの違い、モミの木はいつ飾るか、また年越しにはどんな料理が用意されるかなど、写真を見ながら解説しました。サモワール(湯沸し器)やグジェリ陶器の展示も行い、ロシアらしい雰囲気も演出しました。

 このカフェでは普段から本の展示や企画展を行っているため、今回は極東大学図書室所蔵の、ソ連時代の子どもが必ず購読していた雑誌「ピオネール(ロシア版ボーイスカウトのこと)」の1960年代冬号も展示しました。ロマン先生も子どもの頃読んでいたので、とても懐かしいそうです。寒いロシアの地で、子どもたちが元気に遊ぶ様子が目に浮かびます。


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年12月26日

元日FMいるか「デルカのロシアなう!」のお知らせ

 函館の地域コミュニティ放送、FMいるかでは、元日に約2時間の特別番組を放送します。

 2014年最初の世界的イベントは何と言ってもソチ・オリンピック!ソチとはどんなところなのか、オリンピックに向けてロシアではどのような動きがあるのか、などなどソチ五輪に焦点をあてて、ロシアの新旧音楽とともに本校のデルカーチ・フョードル副校長とFMいるかのパーソナリティー・中野由貴さんがお話します。ロシアのお正月事情なども合わせてご紹介する予定です。

 ちなみにデルカーチ先生は10年以上前、FMいるかの番組内で「FMデルカ」というコーナーを持っていたことがあるので、このタイトルが付きました。

 FMいるかは「サイマルラジオ」というシステムで、インターネットやスマートフォンがあれば世界中どこからでも聴くことができます。詳しくはいるかのホームページをご覧いただき、是非新年はロシアの音楽とともに過ごしてください。

FMいるか 新春特別番組 「デルカのロシアなう!」

日 時:2014年1月1日(祝・水) 13:00~14:54
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校 副校長 デルカーチ・フョードル
     FMいるか  中 野 由 貴


IMGP4198.JPG

スタジオで打ち合わせ中の二人

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年11月27日

はこだて自由学校【月曜舎】のご案内

 明治期に建てられた古い土蔵を改装した “カフェ ハルジョオン・ヒメジョオン”を会場に月2回開講している「はこだて自由学校【月曜舎】」に、本校のイリイン・ロマン講師がゲスト出演します。毎回ジャンルにこだわらずテーマを設定し、様々な分野から講師を招いて「聴き」「学び」「感じ」「考える」を目的としている講座です。

 今回は「ロシアの冬の過ごし方、ロシアのクリスマスの話を聴く。」というテーマで、ウラジオストクで生まれ育ったイリイン・ロマン講師が、ロシアのクリスマスやお正月、家の中の様子など、寒い冬を楽しく過ごす方法についてお話します。
 参加お申し込みは直接会場へお電話でお願いします。みなさまのお越しをお待ちしております。


はこだて自由学校【月曜舎】
第18回 ロシアの冬の過ごし方、ロシアのクリスマスの話を聴く。

日  時:2013年12月16日(月)
場  所:カフェ ハルジョオン・ヒメジョオン
      函館市大手町3-8
講  師:イリイン・ロマン(ロシア極東連邦総合大学函館校講師)
参加費:1,500円
要事前申込:TEL 0138-24-6361(カフェ ハルジョオン・ヒメジョオン)
主  催:エシカル・ストリーム北海道

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年11月12日

「北方領土を学ぶ市民の集い」のご案内

 11月17日(日)、今年7月に札幌で行われた北方四島交流受入事業(青少年)に参加した本校学生が、参加報告を行います。
 公益社団法人千島歯舞諸島居住者連盟ほかの主催によるもので、地域住民の領土問題に対する理解と認識を深めるために開催されます。みなさまのご来場をお待ちしております。


北方領土を学ぶ市民の集い

日 時:平成25年11月17日(日)10:00~11:45
場 所:函館市中央図書館視聴覚ホール
      函館市五稜郭町26-1 0138-35-5500
内 容:1.北方四島交流受入事業(青少年)に参加して
        ロシア極東連邦総合大学函館校
         ロシア語科1年 酒 井 星 弥
     2.講演
       毎日新聞社北海道支社報道部・根室  本 間 浩 昭 氏
参 加:無料
主 催:公益社団法人千島歯舞諸島居住者連盟
     千島歯舞諸島居住者連盟函館支部

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年11月11日

「函館西部地区総合芸術祭」のお知らせ

 地域の文化発展と交流を目指し、保育園から大学・町内会までが集まって日ごろの活動の成果を発表する芸術祭が下記日程で開催されます。

 展示部門ではロシア人留学生による書道展や、ロシアの民芸品・衣装の展示を行います。

 演奏会には、合唱サークル「コール八幡坂」が来函中のロシア人留学生とともに出演します。先日のHAKODATEアカデミックリンク2013で披露し、大変好評だった「はこだて賛歌」と「函館イカ踊り」のロシア語バージョンを合唱します。函館市民なら誰もが知っているこの2曲を、学生たちが翻訳から取り組みました。

 この機会に是非、見にいらしてください。

IMG_8091.JPG

<展示部門>
日  時:平成25年11月15日(金)~17日(日)
      9:00~18:00(最終日は16:00で終了)
場  所:函館市地域交流まちづくりセンター 2F
      函館市末広町4-19
内  容:各団体による作品展示(絵画・書道・工芸品等)

IMG_8111.JPG

<演奏会>
日  時:平成25年11月17日(日) 10:00~12:00
場  所:函館市公民館
      函館市青柳町12-17
内  容:各団体による音楽発表と会場合唱
      ロシア極東大学・コール八幡坂出演 10:20頃
      合唱「はこだて賛歌」
         「函館いか踊り」
         *2曲ともロシア語バージョン

参加団体:駒止保育園、谷地頭保育園、遺愛幼稚園、元町白百合幼稚園、龍谷幼稚園、函館市立西中学校、函館市立潮見中学校、北海道函館西高等学校、ロシア極東連邦総合大学函館校、函館西警察署

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年11月08日

HAKODATEアカデミックリンク2013のお知らせ

 11月9日(土)、はこだて高等教育機関合同研究発表会・アカデミックリンク2013が開催されます。市内8高等教育機関と函館市で構成するキャンパス・コンソーシアム函館の主催によるもので、本校学生も下記の内容で2チームによるグループ発表を行います。
 学生による、日ごろの研究成果や課外活動についての発表です。函館の若い力が集結します。是非お越しください。

日時:平成25年11月9日(土) 11:00~16:00
場所:函館市青年センター
   函館市千代台町27-5 0138-51-3390

<ブースセッション>
 函館とロシアの交流史
 ―チーム・函館とロシア 11:00~16:00
 

本校の周辺には、ハリストス正教会、旧ロシア領事館、ロシア人墓地といったロシアゆかりの場所があります。今回はビデオでこれらの場所をロシア語で紹介します(日本語の字幕付き)。ブースでは「函館とロシアの交流史」パネルを展示するほか、クイズも行います。函館とロシアの交流史やロシア語に興味をもつきっかけになれば幸いです。

   
<ステージセッション>
 ロシア語で函館を唄おう 
 ―チーム・コール八幡坂 13:30~15:30の間

 

函館市民に長く親しまれている「はこだて賛歌」!これをロシア語に翻訳し、本邦初演いたします。ロシア語で歌われる函館の心をお聞きください。もう一つ、翻訳不可能と思われた「函館いか踊り」もロシア語に完訳!おどりと共にロシア語のリズムで歌われる「いか踊り」をお楽しみに!


コール八幡坂の練習風景

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年10月23日

またまたラジオ「NHKワールド」にデルカーチ先生が出演

 ラジオ「NHKワールド」10月20日(日)の放送に本校デルカーチ・フョードル副校長が電話出演しました。6月につづき、2回目のリポートです。
 今回は函館に残るロシアとのドラマティックな歴史について。初代駐日領事・ゴシケーヴィチと、東京駿河台の「ニコライ堂」の名で親しまれ、日本正教会の礎を築いた聖ニコライ・ヤポンスキーという、函館に大変ゆかりの深い二人の人物を中心に紹介しています。

 NHKワールドは海外に日本の情報を放送しているラジオ番組で、ロシア向けのロシア語放送もあります。
 今回の放送はこちらから20 октябряのПослушать をクリックすると聞くことができます。ロシアの作家ウラジミル・ソローキン氏のインタビューに続き、登場しますのでどうぞお聞きください。


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年10月08日

北海道新聞夕刊コラム「魚眼図」に連載

 北海道新聞夕刊の文化面に毎日掲載されているコラム「魚眼図」。道内の大学教員が交代で執筆を担当していますが、その一人として、このたび本校のイリイン・セルゲイ校長が加わることになりました。
 第一回目が10月8日(火)に掲載されました。「私とペレストロイカ」と題して、イリイン校長が日本と関わるようになった自分の運命について語っています。
 これから不定期で掲載されますので、道内にお住まいの方はどうぞご覧ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年10月03日

ミリオン・ズビョースト 第77号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第77号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、イリイナ・タチヤーナ准教授による「今日のウラジオストク」です。この夏、帰省したタチヤーナ先生による最新の街の様子、現地で活躍する函館校の二人の卒業生についても書かれています。
 また、同じくウラジオストクに出張・研修で滞在した倉田有佳 准教授・学務課長による「ウラジオストク訪問記」もあり、今号はウラジオ情報満載です。
是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年09月24日

はこだてグルメサーカス

 9月7日(土)、8(日)、大門グリーンプラザで開催された「はこだてグルメサーカス」。天候にも恵まれ、二日合わせて17万人もの市民で賑わいました!

 函館日ロ親善協会が出店した姉妹都市・ウラジオストク市のブースでは、親善協会若手会員と極東大学の教職員がボルシチとピロシキの販売を行いました。
 昨年は早々に売り切れてしまったため、今年は数を増やしましたが、10時開店と同時に長い行列ができました。



 200個用意したピロシキは、2日とも1時間で完売。ボルシチも150食ほどに増やしましたが、午後早々には売り切れてしまう盛況ぶりでした。
 「昨年、買えなかったので今年は早めに来た」と言って並んでくれたお客様も何人かいらして、感激です。買いそびれたお客様、ごめんなさい。

 またお客様の中には、ボルシチの上にかけたスメタナ(サワークリーム)の作り方を熱心に聞いてくる方もあれば、ボルシチの色がなぜ赤いのか、辛いスープではないのか、などといった質問があり、これがロシアの食文化への理解を深める機会にもなりました。
 多くのご来場、誠にありがとうございました!


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年09月10日

はこだてカルチャーナイト2013のご案内

 10月4日(金)、市内の文化施設や教育施設などを夜間開放し、家族そろって地域の文化に触れる催し、「はこだてカルチャーナイト2013」が開催されます。
 ふだん何気なく通り過ぎていても、見る機会がなかった建物や入りづらかった公共施設を見学する絶好の機会であり、各施設趣向を凝らした内容で、様々な体験をすることができます。
 本校は今年もこのイベントに参加します。昨年は多くの家族連れでにぎわいました。みなさまのご来校をお待ちしております。
 秋の夜長、地域の文化を探検しにでかけませんか?

日 時:平成25年10月4日(金) 17:30~20:00

場 所:ロシア極東連邦総合大学函館校ロシアセンター

* かんたんロシア語
ロシア語のアルファベット表を参考にして、自分の名前カードを作ってみましょう。英語と似ているけれど、ちょっと違う、キリル文字で書くと不思議な感じになります。

* ロシア民族衣装試着体験
美しいロシアの民族衣装を着て、お手持ちのカメラや携帯電話で記念撮影してください。衣装は男・女・子ども用と取りそろえています。

* ロシア民芸品の展示、DVD上映、ウラジオストク市パネル写真展



コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年09月02日

はこだてグルメサーカス2013のご案内

 函館日ロ親善協会では、昨年に引き続き「はこだてグルメサーカス」に参加します。大門グリーンプラザ会場で開催される「開港都市と姉妹都市のひろば」に出店し、ウラジオストク市の紹介とともにボルシチとピロシキの販売を行います。
 昨年はお得なセット販売のみでしたが、リクエストにお応えして単品販売もいたします。ボルシチ、ピロシキともお持ち帰りができますので、おみやげにもどうぞ。
 函館と姉妹・友好都市関係にある国や日本全国のご当地グルメが楽しめるグルメサーカスに、ぜひお越しください!
 

<ウラジオストク市・函館日ロ親善協会のブース>
日  時:平成25年9月7日(土) 10:00~17:00
               8日(日) 10:00~16:00
場  所:大門グリーンプラザ 開港都市と姉妹都市のひろば
メニュー:ボルシチ           400円(各日100食)
      ピロシキ(肉)        200円(各日200個)
      ボルシチ・ピロシキセット 500円

*昨年は早めに完売してしまいました。今年は昨年より数量を増やしておりますが、売り切れの心配がありますので、お早目のご来店をお待ちしております。



コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年08月22日

北方四島訪問交流事業に参加して

 8月15日、北方四島交流訪問事業に先立ち、根室にて行われた事前研修会に参加させていただきました。元島民の方や、元島民の2世3世の方々、政府関係者の方々が一堂に介し北方領土の歴史についてや領土問題解決に向けての講話を聞き、簡単なロシア語講座を行いました。会が進むにつれて、普段立ち入ることができない地に、私は本当に行くのだなと実感が湧いていきました。


 次の日、いよいよ私たち訪問団は今回乗船する「えとぴりか号」と対面しました。エトピリカとは根室半島や北方四島に分布している黒い体にオレンジ色のくちばしが特徴の海鳥で、船内のいたるところにエトピリカの絵が描かれていました。アイヌ語で「ピリカ」とは「美しい」の意味で、まさにその言葉通り船内は非常にきれいで設備も素晴らしく、この船で島に渡るのだなあ、と感動したのを覚えています。


 他の参加者の方々と挨拶したり、船内を探索しているうちに出航の時間となったのですが、船はなかなか出航できませんでした。何故かというと当日の根室の天気は悪く、湾の中でさえ風のせいで波がせわしなく揺れている状況でした。国後島や択捉島、そして海上の天気も良くなかったため、非常に残念でしたが、今回の訪問は中止となってしまいました。
 船に乗ればすぐそこに島があるのに、天候に阻まれ、近くて遠い場所という感じがしました。また機会があれば是非行ってみたいです。


 中止が決定した後、短時間ではありましたが船内にて参加者の交流会が行われ、元島民の方の体験談を聞きました。当時の島では、お金ではなく物々交換で生計を立て、魚が獲れた時も地域の人たちで分け合い生活していたそうです。島を追われた後、サハリンに移されたそうなのですが、そこで生きていくためにはお金が必要だという現実を突きつけられ、非常に苦労したというお話をされていました。
 今回は残念な結果となってしまいましたが、貴重な話や体験談を聞くことができてよかったと思います。根室に行ったのも初めてだったのですが、町の案内図や、看板にロシア語表記がされていて、ロシアと密接な地域だという事が一目で分かりました。短期間の滞在の間にも、ロシア人の漁師を見かけました。彼らにとっては根室は、重要な生活の拠点のようです。
 今後、領土問題が解決され、二国の人々が平和に暮らしていけるようになってほしいです。

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア地域学科4年 鍋谷 真依

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年08月03日

ロシア語で村上春樹を読んでみましょう!


 現在、世界中で一番注目される日本人作家と言えば村上春樹氏ですが、ロシアでもまた大人気です。このたび、下記小説のロシア語版・計7冊が寄贈され、図書室に開架しています。

 村上作品の多くをロシア語に翻訳をしているコワレーニン・ドミトリーさんは極東大学東洋学部日本語学科の卒業生で、函館校イリイン校長の教え子です。コワレーニンさんはロシアにおけるハルキ・ブームの火付け役と言われ、村上氏のサハリン旅行にも同行する親しい間柄。今回寄贈された本もすべてコワレーニンさんの翻訳によるものです。

 装丁も、とても素敵な本たち。学生のみなさんは、ちょうどこれから夏休み。時間のあるこの時期に村上作品をロシア語で読んで、コワレーニンさんの翻訳術を学んでみるのもいいかもしれませんよ。


 「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」
 「ねじまき鳥クロニクル」
 「スプートニクの恋人」
 「海辺のカフカ」
 「1Q84 book1~3」

以上、計7冊

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年07月11日

ミリオン・ズビョースト 第76号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第76号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、4月に着任した倉田有佳 准教授・学務課長による「私の『ウラジオストク物語』」です。自己紹介を兼ね、自身の転機となったウラジオストクや極東大学とのかかわりについて書いています。

 また、同じく4月から函館校に仲間入りした1年生による投稿「本校に入学して」も載っています。それぞれが新しい環境に戸惑いながらも、熱意を持ってロシア語を習得しようとする姿が伺えます。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年07月03日

ビブリオバトルin科学祭 校内予選会開催!

ビブリオ 毎年夏に行われる「はこだて国際科学祭」が、今年は“みんなの食卓”をテーマに8月17日(土)~25日(日)に開催されます。そのイベントの一つとして今年初めて、市内8高等教育機関が加盟するキャンパス・コンソーシアム函館(CCH)の図書館連携プロジェクトチームが「CCHビブリオバトルin科学祭」を開催することとなりました。

 CCH図書館連携プロジェクトチームでは昨年初の試みとして、学生による合同研究発表会「HAKODATEアカデミックリンク」と同時開催でCCHビブリオバトルを開催したところ、5校から学生が参加し、好評でした。

 昨年以上に知的書評合戦・ビブリオバトルというゲームが認知されたこともあり、校内予選会には4名の学生が果敢に出場、熱戦を繰り広げました。
 小説・講義録・画集など思い思いの本を携え、力のこもった発表が行われた結果、聴衆と発表者の挙手によりロシア地域学科3年の佐野晃さんの「勝間和代の日本を変えよう」がチャンプ本に選ばれ、8月の本選に挑むことになりました。佐野さんは昨年の校内予選でも優勝、アカデミックリンクでの発表にも進んでおり、今年も善戦が期待されます。

 ビブリオバトルは読書欲を刺激される楽しいイベントです。普段自分では読まないタイプの本でも、手に取ってみようかな、という気持ちになりますよ。是非本選に足を運び、学生たちの熱弁に耳を傾けてください。

CCHビブリオバトルin科学祭
日 時:平成25年8月24日(土) 14:00~15:00
会 場:文教堂書店函館昭和店
対 象:学生・一般市民(大人向け)
テーマ:「食」または「科学」に関連する本のプレゼンです。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年06月22日

ビジネスセミナー講師の渡辺さんがFMいるかに出演

 本校で学生向けにビジネスセミナーを開催している川重商事株式会社顧問 渡辺善行さんが6月17日(月)放送のFMいるか「暮らしつづれおり・人ネットワーク」にゲスト出演しました。

 放送の模様とパーソナリティー・山形敦子さんのコメントはこちらから。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年06月21日

ラジオ「NHKワールド」にデルカーチ先生が出演

 ラジオ「NHKワールド」6月16日(日)の放送に本校デルカーチ・フョードル副校長が電話出演しました。函館の街についてレポートしています。
 NHKワールドは海外に日本の情報を放送しているラジオ番組で、ロシア向けのロシア語放送もあります。デルカーチ先生が函館の夜景や和洋折衷建築、イカ漁についてなど、函館の魅力を紹介しています。
 放送はこちらから16 июняのПослушать をクリックすると聞くことができます。ロシア文化フェスティバル日本組織委員会・長塚英雄事務局長のインタビューに続き、登場しますのでどうぞお聞きください。

ラジオ「NHKワールド」
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/russian/top/podcasting.html

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年06月17日

学校紹介パンフレットを更新しました

 函館校のホームページに掲載している電子版・学校紹介パンフレットを平成25年度のものに更新しました。函館校で配布している紙のパンフレットと同じものをホームページから簡単にご覧いただくことができます。
 入学を検討している方で紙版のパンフレットをご希望の場合には郵送も可能ですので、資料請求フォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

平成25年度版学校紹介パンフレット
http://www.fesu.ac.jp/infoschool/index.html

資料請求はこちらから
http://www.fesu.ac.jp/mail/request.html

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年06月07日

第16回はこだてロシアまつり日程のお知らせ

 ここ数年7月に開催していた「はこだてロシアまつり」は、今年度は来年2月に行う予定です。
 詳細は決まり次第ホームページでお知らせします。趣向を変えたプログラムを検討中ですので、どうぞお楽しみに。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年05月30日

FMいるか出演のお知らせ

 本校イリイナ・タチヤーナ准教授がFMいるかの番組「スムージー・ディライト」に6月のマンスリーゲストとして出演します。「スムージーメイト」というコーナーで、函館に住む外国人が月替わりで登場し、函館の印象や自国の文化などをパーソナリティーの伍楼康広さん・木村保絵さんとともに紹介します。
 毎回、「今週の言葉」として、函館市民が知っておきたいロシア語のあいさつなども練習します。
 函館地域のみの放送となりますが、どうぞお聞きください。

FMいるか「スムージー・ディライト」
「スムージーメイト」のコーナー
日 時:平成25年6月7、14、21、28日
     いずれも金曜日の9:15~9:25ごろ
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校 准教授 イリイナ・タチヤーナ

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年05月23日

カザフスタンの絵皿

 函館校では、来校したお客様よりたくさんのお土産をいただきます。ロシアはもちろん、旧ソ連の国々、ウズベキスタンやタジキスタンなどからも、お国柄を表す民芸品をいただくことがあり、図書室に飾っています。

 今回、市内在住の方からカザフスタンの絵皿を寄贈していただきました。素敵な箱に入った4枚組の絵皿で、それぞれラクダや馬に乗って移動する人が描かれています。


 シルクロードを行くエキゾチックな旅の様子が伝わってきます。


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年05月21日

「2013オープンキャンパス」のお知らせ

 ロシア極東大学函館校では、本校への進学を考えている方や保護者を対象に、年3回の「オープンキャンパス」を開催しています。
 ロシア人教員と現役学生による模擬授業をはじめ、学校生活の紹介や、社会人として活躍する卒業生による就職の話などもあり、入学をご検討中の方には、きっと参考になるはずです。
 気候もいい季節です。疑問に思うところを教職員に直接聞くこともできますので、この機会に、函館・元町にあるキャンパスを気軽に訪れてみませんか?
 スケジュールが合わない、という方は、随時個別の学校見学も受け付けています。どちらも事前にお電話またはメールで事務局までお申し込みください。

 詳しくは函館校ホームページでご確認ください。

オープンキャンパス 
第1回 2013年6月22日(土)  13:00~15:30
第2回 2013年8月 3日(土)   13:00~15:30
第3回 2013年10月20日(日) 10:00~12:30

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年04月12日

ミリオン・ズビョースト 第75号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第75号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、アニケーエフ・セルゲイ教授による「ロシア料理の『驚き』」です。みんなが大好きなロシア料理の特徴や背景について語られます。ある国の食文化を調べることは、その国の国民性についても調べるということ。読んでみると、今まで知らなかった「驚き」が見つかりますよ。

 また、3月末で退職した図書室司書の吉崎侑さんからの寄稿や、3月16日に行われた卒業式での卒業生答辞も掲載しました。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年04月10日

教職員歓送迎会

 今年の函館はまだまだ寒さが残っているとはいえ、カレンダーは4月になりました。春は出会いと別れの季節ですが、函館校の教職員にも異動があり、歓送迎会が行われました。

 3月末で図書室司書の吉崎侑さんと、事務局の長谷川吉秀・学務課長が退職しました。
吉崎さんは平成11年から14年間という長きに渡り、いつも私たちを図書室で温かく迎え、学生生活をサポートしてくれました。ロシアまつりなどイベントでも、学生とともに働き、時には良き相談役にもなってくれました。ロシアから留学生が来た時には書道の講師も務めました。

 長谷川さんは平成22年以来3年間、自治会活動や進路相談などで学生を支えてくれました。特に、元音楽教員として、ロシア人留学生に日本の歌を教えたり、卒業式や入学式で歌う国際学生歌「ガウデアムス」の合唱を指導し、式では美しい3部合唱のハーモニーが流れることなどは、長谷川さんが着任するまではないことでした。式が一層厳かなものになったと、臨席した人々からも好評でした。

 お二人には先ごろ卒業した学生を含む在校生から集められた、心のこもったメッセージが贈られました。極東大学を離れても、今後はサポーターとして、まだまだ私たちを応援してくれることと思います。

 また、新しい学務課長ならびに授業も担当する准教授として、4月1日より倉田有佳さんが仲間入りしました。倉田さんは今まで本校には非常勤講師や国家試験委員会委員長として、また函館市職員として関わってきましたが、今後は極東大学の一員として、さまざまな分野での活躍が期待されます。どうぞよろしくお願いします。


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年03月05日

ニコーロ・ウーグレシュスカヤ正教大学学長が来校

 3月5日(火)、モスクワのニコーロ・ウーグレシュスカヤ正教大学ルビン学長ほか6名が来校し、イリイン校長・デルカーチ副校長と意見交換を行いました。
 この大学は正教会の司祭を育てるところだそうで、今回は日本正教会の礎を築いた聖ニコライの命日にあたる2月16日の祈りのために来日したそうです。函館ハリストス正教会のニコライ神父の案内で来校し、イリイン校長が過去に故アレクシーⅡ世総主教やラブロフ外務大臣が来校した時の写真パネルなどを見せながら、学校の概要を説明しました。
 ルビン学長は、日本にロシアの大学の分校があり、日本人が学んでいることに興味を持ったようで、日本とロシアの文化交流についてなど、様々な質問がありました。


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年01月16日

ロシアンホットバザール カフェ・メニュー発表!

 1月19日(土)、20日(日)開催の2013ロシアンホットバザールでは、冬ならではの体も心も温まるロシア料理でみなさまの来場をお待ちしております。
 ボルシチは20(日)のみの販売となりますのでご注意ください。また、十分な数はご用意しますが、売り切れる場合もありますので、お早目のお越しをお待ちしております。

ロシアンカフェ  11:00~15:00

<メニュー>

ピロシキ(肉)      150円
 〃  (キャベツ)   150円
 〃  (リンゴ)     150円

ロシアの揚げパン、中身は3種類あります。日本ではひき肉が一般的ですが、実はロシアで一番人気があるのはキャベツです。よく炒めたキャベツは甘みがあっておいしいですよ。リンゴはデザート感覚で。
お持ち帰りもできますので、おみやげにもどうぞ!

ロシアンティー(ジャムつき) 100円

日本では紅茶にジャムを混ぜるもの、という認識ですが、ロシアではジャムをスプーンで食べながら、紅茶を飲む、というのが普通です。
ジャムはイチゴ・ブルーベリー・ラズベリー・桃など、なんでもOKです。
別々に口に入れた方が、それぞれのおいしさが引き立ちますし、中に入れてしまうとにごって美しくありません。ぜひ、本場のロシアンティーをお試しください!

オレンジジュース  100円

ボルシチ 350円  *20(日)のみ

ロシア料理と言えば、何といってもボルシチです。ロシアでは家庭ごとにそれぞれのボルシチがあります。ビーツが独特の赤さと甘みを加えます。キャベツ・玉ねぎなど野菜もたっぷり入り、冷えた体を温めてくれます。寒いロシアの冬も、ボルシチを食べると乗り切れますよ。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年01月11日

ミリオン・ズビョースト 第74号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第74号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、イリイン・ロマン講師による「大学生への褒め言葉」。何とも意味深なタイトルですが、函館校の学生の特徴がよく描かれている文章です。

 また、好評の「ロシア料理レシピ」は、アニケーエフ先生の千切りキャベツのサラダです。とっても簡単ですが、アレンジ次第でロシアっぽくなりますよ。
そのほか、10~12月の日ロ親善協会の活動報告も載っていますので、是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2013年01月07日

FMいるか出演のお知らせ

С Новым годом(新年おめでとうございます)!
今年も「極東の窓」をよろしくお願いいたします。

 1月19日(土)、20日(日)に開催されるイベント「2013ロシアンホットバザール」について、教職員がFMいるかに出演して紹介します。函館地域のみの放送となりますが、どうぞお聞きください。

FMいるか「土曜とラジオ」内
「国際交流ワンワールドウェーブ」
平成25年1月12日(土) 11:10~11:30
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校 副校長 デルカーチ・フョードル
    北海道国際交流センター 事務局長 池田誠

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「暮らしつづれだより」
平成25年1月16日(水) 11:40~11:50
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大渡涼子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年12月27日

2012年のこと

 毎年、暮れにはこの1年のことを振り返ります。今年はあまり大きな出来事はなかったけれども、こうして見ると日々、様々なことをしてきたと思います。

 今年印象に残った出来事と言えば、9月にあったロシア正教会最高指導者・キリル総主教の来函でしょう。日本に正教を広めた聖ニコライ永眠100年の記念式典と、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北地方で祈祷を捧げるための来日でした。函館に滞在したのはわずか4時間ほどでしたが、聖ニコライの足跡をたどるという意味で、総主教はクラスノヤルスクから専用機でまず函館に入り、それから東京へと向かいました。私たちは信徒ではありませんが、ロシア語を学ぶ者として特別に函館ハリストス正教会の中に入れていただき、祈祷の場に立ち会うことができました。とても荘厳な空間でしたが、人々が平和と家族の無事を祈る気持ちは、聖ニコライが来日し祈りを捧げた150年以上前と同じでしょう。
 当日のハリストス正教会には総主教がここにいることを示す緑色の旗が、日ロ両国旗とともに掲げられていました。後ろに見えるのはフランス人司祭が開いた元町カトリック教会、その向こうに函館の街が広がっています。極東大学のあるここ元町には、ロシア、フランス、アメリカ、イギリスの教会、そして日本の寺院がひしめいています。このように宗派が違う教会が並びあっている場所は、世界的にもめずらしいのだそうですが、この辺りは江戸時代の開港の時からそういう場所なのです。

 もう一つ、今年の出来事で思い出すのは、「森は海の恋人運動で知られる畠山重篤さんをお招きして、講演会を開いたことです。市内各団体のご協力を仰ぎながら、7月のロシアまつりの時に開催することができました。
 気仙沼市でカキの養殖を生業としながら20年以上も前から、森や海の環境保全に取り組んでいる畠山さん。東日本大震災で養殖場は壊滅的な被害を受け、身内を失いながらも再び立ち上がり、精力的に養殖の仕事も「森は海の恋人運動」も進めておられます。
 どうして極東大学が畠山さんのようなすごい方を呼ぶことができたのか?とよく聞かれましたが、畠山さんの書いた児童書「カキじいさんとしげぼう」のロシア語版を作る際の翻訳を、本校のグラチェンコフ・アンドレイ教授が担当したご縁で、と答えてきました。ではなぜ、翻訳の依頼がうちに来たのか、と問われれば、ご本人は照れるかと思い、あまり公にしませんでしたが、重篤さんの弟・重人さんが今年3月に函館校のロシア語科を卒業した学生だったからです。定年退職後に函館で一人暮らしをしながら立派に勉学に励まれ、若い学生たちや教職員からも慕われました。仙台に戻った今も、ロシア語の勉強を続けているそうです。
 講演会には大変な反響がありました。世界中の人々に森や海の大切さ、循環の仕組みを知ってもらいたいという畠山さんのわかりやすく愛のあるお話、そして恐ろしい震災の現実も冷静に受け止め、ひょうひょうと語られる姿に会場はすっかり魅了され、終了後に行った著書の販売は急遽サイン会となり、行列ができました。

 本当は講演会までにロシア語版が完成するといいな、と思っていたのですが、当日には間に合いませんでした。編集作業の遅れと、畠山さんがフランスを訪れることになり、先にフランス語版を作ることにしたため、と聞いています。畠山さんの養殖場と「森は海の恋人運動」は、かのルイ・ヴィトン社の支援を受けており、「カキじいさんとしげぼう」の各国語版の出版に関してもその援助がされています。「カキじいさん―」は未来をになう子どもたちに読んでもらうために、これからも韓国語やポルトガル語など、さまざまな国の言葉に翻訳される予定だそうです。
 ところで、遅れていた「カキじいさんとしげぼう」のロシア語版、“Дед Устрица и Сигэбо” がようやく完成し、私たちの手元に届きました。ちょっと遅いクリスマスプレゼントのようで、とても大切な贈り物となりました。今までに日本語・英語・フランス語版が出版されていますが、手にしたロシア語版はキリル文字のせいか、とても重厚な感じがする、素敵な仕上がりとなりました。文字の持つ力でしょう。日本の海につながるアムール川流域の、そしてロシア全土の子どもたちにもこのメッセージが届くように、というのが畠山さんの願いです。

 こういう活動を見ていると、日ごろは日本がどうとか、ロシアがどうだとか言ってはいますが、海や空に目に見える線が引いてある訳でもなく、狭い地球、どこもつながっているのだとつくづく感じます。
極東大学もまだまだいろいろな可能性がある大学にすべく、みなさまのご協力をいただきながら日々の仕事を積み重ねていきたいと思います。来年もどうぞよろしくお願いします。

ロシア極東連邦総合大学函館校

事務局  大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年12月26日

2013ロシアンホットバザールのご案内

 
 1月19日(土)、20日(日)の二日間、極東大学と財団法人 北海道国際交流センター(HIF)、函館日ロ親善協会などが共同でイベントを開催します。極東大学とHIFは同じ建物内にあり、普段から協力関係にありますが、一緒にイベントを開催するのは初の試みです。“ロシアと言えば”の極東大学と、“世界を相手に国際交流と言えば”のHIFが強力なタッグを組みます。
 親子で参加できる料理教室やマトリョーシカづくり、年代を問わず愛される映画、コンサートなど楽しい催しがいっぱいです。
 さらに極東大学への入学を検討している方、少しでも興味のある方のために、スタッフがお答えする進学相談会やロシア語会話のクラスも実施します。
 いつものロシアまつりとは違った、冬のイベントならではの“心もからだも温まる”プログラムでみなさまのお越しをお待ちしております。

2013ロシアンホットバザール

日時:2013年1月19日(土)、20日(日)
   11:00~15:00

場所:ロシア極東連邦総合大学函館校(函館市元町14-1)
   *駐車場に限りがありますので、公共交通でお越しください。

主催:2013ロシアンホットバザール実行委員会
     財団法人 北海道国際交流センター
     ロシア極東連邦総合大学函館校
     函館日ロ親善協会

協力:在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所

内容:
<1日目>
   11:00~12:40 ロシア映画「両棲人間」
              悲恋を描くSFファンタジー・1961年作
               500円・要申込み

   11:30~12:30 ロシア料理教室「ペリメニ」
              ロシア餃子を作ります。お持ち帰りもできます。
               限定20名 500円・要申込み

   13:00~13:30 ロシア語で話そう「ロシア語会話」
               限定10名 無料・要申込み

   14:00~15:00 ロシア民謡コンサート
              引地桂子さん(ソプラノ)、高橋セリカさん(ピアノ)
               無料・申込み不要

<2日目>
   11:00~12:30 ロシア映画「海賊20世紀」
              70年代のソ連で人気を博したアクション映画
               500円・要申込み

   11:00~12:00 羊毛を使ってマトリョーシカづくり
              フェルトを針で刺して、小さなマトリョーシカの
              マスコットを作ります。
               限定10名 500円・要申込み

   13:00~13:30 ロシア語で話そう「ロシア語会話」
               限定10名 無料・要申込み

   14:00~14:30 函館童謡の会プチコンサート「ロシアの合唱曲」
               無料・申込み不要

   14:30~15:00 エコールドバレエ・マユミ教室によるロシアバレエ
              「チャイコフスキー作 くるみ割り人形・眠れる森の
              美女/小作品」ほか 
               無料・申込み不要

   終日       ロシア料理を食べよう!手作りボルシチの販売

<2日間とも・11:00~15:00、申込み不要>
   ロシア雑貨販売
   ロシア極東大学進学相談会
   ロシア語で書こう「ネームカードづくり」
   日露2か国語でのDVD上映
   「実行寺の小坊主・とっ珍さんはおおいそがし」
   ロシアンカフェ(ピロシキ・ロシアンティ・オレンジジュース)
     

*人数限定や事前申し込みが必要なものもありますのでご注意ください。
  空きがある場合は当日でも受け付けます。

*詳細は案内チラシをご覧ください。
 お申し込みの場合はチラシをプリントアウトして申込書をFAXするか、メール、電話にて下記まで必要事項をお知らせください。

≪お申込み・お問い合わせ≫
2013ロシアンホットバザール実行委員会
 
   財団法人 北海道国際交流センター内
    TEL:0138-22-0770 FAX:0138-22-0660
    E-mail:info@hif.or.jp

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年12月20日

「北方領土を知るつどい」のご案内

 社団法人北方領土復帰期成同盟渡島地方支部主催による勉強会が、下記のとおり開催されます。

日 時:平成24年12月22日(土) 14:00~15:00

場 所:サン・リフレ函館 中会議室
      函館市大森町2-14

内 容:渡島地方支部北方領土返還要求運動の報告

     講演「資料・史跡からたどる函館とロシア210年の交流史」
     講師 函館日ロ交流史研究会
          世話人 倉 田 有 佳 氏(本校非常勤講師)
 
     ほか

参 加:無料

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年11月06日

CCHビブリオバトル~学生による本のプレゼン~開催決定!

 キャンパス・コンソーシアム函館(CCH)の図書館連携プロジェクトチームである「ライブラリーリンク」が主催するビブリオバトルが下記の日程で開催されます。当日は同じくCCHが主催するアカデミックリンク2012との同時開催です。
 ビブリオバトルは誰でも楽しめる本の紹介コミュニケーションゲームとして2007年に京都大学から広まりました。自分が人に勧めたい本のプレゼンテーションを行い、聴衆による投票で一番読みたくなった“チャンプ本”を決定します。今では全国各地で開催され、多くの人の読書欲を刺激しています。このたびCCHでも加盟する市内各校から代表が出場し、初めて開催することとなりました。
 これに先立ち、本校では9月に校内予選会を開催し、代表を選びました。本選にはロシア地域学科2年佐野晃さんが出場する予定です。
 自分ではなかなか手に取らないタイプの本、読みたい本がきっと見つかりますよ。是非ご来場ください!

日時:平成24年11月10日(土) 15:30~16:30
場所:函館市青年センター 2F会議室
参加:自由ですが、最後に挙手による投票を行うため、スタートからの
    参加が望ましいです。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年11月02日

HAKODATEアカデミックリンク2012のお知らせ

 11月10日(土)、はこだて高等教育機関合同研究発表会・アカデミックリンク2012が開催されます。市内8高等教育機関と函館市で構成するキャンパス・コンソーシアム函館の主催によるもので、本校学生も下記の内容で2チームによるグループ発表を行います。
学生による、日ごろの研究成果や課外活動についての発表です。函館の若い力が集結します。是非お越しください。

日時:平成24年11月10日(土) 11:00~16:30
場所:函館市青年センター
   函館市千代台町27-5 0138-51-3390

<ブースセッション>
 ソ連・ロシアの宇宙開発の歴史
 ―チーム・ガガーリン 11:00~16:30

 旧ソ連とロシアの宇宙開発の歴史や、開発に大きく関わった人物について、また現在、世界が抱える宇宙開発における問題についてビデオで紹介します。ビデオの翻訳は先生方の協力の下、すべて学生たちの手で行いました。世界初の有人宇宙飛行を成功させたガガーリンが搭乗した宇宙船「ボストーク1号」や「ソユーズ」の模型も作成中です。日本ではなじみのない名前も多いと思いますが、ぜひブースに立ち寄り、私たちの研究をご覧ください。
   

<ステージセッション>
 ロシアアニメ「ジーハルカ」の吹き替え 
 ―チーム・訳者小屋 15:00頃(予定)
 

 
 2006年制作のロシアアニメ作品「ジーハルカ」を翻訳し、ライブ吹き替えをします。いたずら好きな女の子ジーハルカと、彼女を食べようとたくらむキツネ、かわいい動物たちが織りなすコメディをお楽しみください。 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

「函館西部地区総合芸術祭」のお知らせ

 地域の文化発展と交流を目指し、保育園から大学・町内会までが集まって日ごろの活動の成果を発表する芸術祭が下記日程で開催されます。

展示部門ではロシア人留学生による書道展や、ロシアの民芸品・衣装の展示を行います。

 演奏会では、合唱サークル「コール八幡坂」が来函中のロシア人留学生とともにロシア語による合唱を披露します。

この機会に是非、見にいらしてください。


<展示部門>
日  時:平成24年11月9日(金)~12日(月)
      9:00~19:00(最終日は15:00で終了)
場  所:函館市地域交流まちづくりセンター 2F
      函館市末広町4-19
内  容:各団体による作品展示(絵画・書道・陶芸・工芸品等)

<演奏会>
日  時:平成24年11月11日(日) 10:00~12:00
場  所:北海道函館西高等学校体育館
      函館市元町7-17
内  容:各団体による音楽発表と会場合唱
      ロシア極東大学・コール八幡坂出演 10:15頃
      合唱「わにのゲーナの歌」
         「一人ぼっちのガルモン」 
        


参加団体:駒止保育園、谷地頭保育園、遺愛幼稚園、元町白百合幼稚園、龍谷幼稚園、函館市立青柳小学校、函館市立西中学校、北海道函館西高等学校、ロシア極東連邦総合大学函館校、大町町会、弥生町会、第1船見町会、第2船見町会

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年10月25日

ロシア人留学生と対面式!

 今年もウラジオストク本学付属東洋学大学で学ぶ学生たちが函館校にやってきました。全員4年生の女子4名です。
 10月23日(火)、ウラジオストクからソウル経路で函館空港に到着した彼女たちは、そのまま函館校に直行し、早速自治会主催による対面式で学生や教職員から歓迎を受けました。

 自治会役員を代表し、ロシア地域学科4年の鈴木竜斗さんが「みなさんが来るのを待っていました。いつも留学生たちは函館から帰るとき、『まだ帰りたくない』と言ってくれます。今回もそうなるよう、楽しい思い出をたくさん作りましょう」と歓迎のあいさつをして、全員に花束が贈られました。
 留学生は日本語で自己紹介し、函館校の学生も一人ひとりがロシア語で、自分の趣味や留学生と一緒にやってみたいことなどを話しました。
 前日雪が降ったというウラジオストクから来た留学生たちは「函館は暖かい」と言って旅の疲れも見せず、早速学生たちとともに大学周辺の散歩に出かけました。24日間という短い期間ですが、楽しく充実した留学生活になりますように。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年10月16日

今年度最後!オープンキャンパスのお知らせ

 函館校では入学を検討している方を対象に、年3回のオープンキャンパスを開催しています。次回 10月28日(日)は今年度最後のオープンキャンパスとなりますので、この機会に「ちょっとでも興味がある」、「いろいろ質問してみたい」とお考えの方は、どうぞ気軽に参加して、進路の決定に役立ててください。

 この日はロシア人教員と現役学生による模擬授業をはじめ、学校生活の紹介や、社会人として活躍する卒業生による仕事紹介などもあり、きっと参考になるはずです。
 特に今回はロシア本学から留学中のロシア人留学生4名も参加する予定です。日本語を学んでいる学生たちですので、会話には問題ありません。ピロシキを食べながら、ロシアについて質問するのもいいでしょう。また、彼女たちの話す美しいロシア語の響きに触れるなど、異文化交流のチャンスでもあります。
 申し込み方法など、詳しくは函館校ホームページでご確認ください。

オープンキャンパス 
第3回 2012年10月28日(日) 10:00~12:30


昨年の留学生と函館校の学生たち

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年10月03日

ミリオン・ズビョースト 第73号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第73号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、パドスーシヌィ・ワレリー教授による「函館生まれのロシア人」です。日本で初めて誕生したロシア人、ニコライ・マトヴェーエフの生涯について書かれています。

 また、9月にビザなし交流で国後島を訪問した学生のレポートや、最新の島の写真が掲載されています。そのほか、この夏の日ロ親善協会の活動報告も載っていますので、是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年09月26日

はこだてカルチャーナイト2012のご案内

 10月5日(金)、市内の文化施設や教育施設などを夜間開放し、家族そろって地域の文化に触れる催し、「はこだてカルチャーナイト2012」が開催されます。
 ふだん何気なく通り過ぎていても、見る機会がなかった建物や入りづらかった公共施設を見学する絶好の機会であり、各施設趣向を凝らした内容で、様々な体験をすることができます。
 本校は今年もこのイベントに参加します。昨年は多くの家族連れでにぎわいました。みなさまのご来校をお待ちしております。
秋の夜長、地域の文化を探検しにでかけませんか?

日 時:平成24年10月5日(金) 17:30~20:00

場 所:ロシア極東連邦総合大学函館校ロシアセンター

* かんたんロシア語
 ロシア語のアルファベット表を参考にして、自分の名前カードを作ってみましょう。英語と似ているけれど、ちょっと違う、キリル文字で書くと不思議な感じになります。

* ロシア民族衣装試着体験
美しいロシアの民族衣装を着て、お手持ちのカメラや携帯電話で記念撮影してください。衣装は男・女・子ども用と取りそろえています。

* ロシア民芸品の展示、DVD上映など


はこだてカルチャーナイトについての詳細は、こちらをご覧ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年09月25日

ビブリオバトル校内予選会開催!

 知的書評合戦・ビブリオバトルは、言わば読書の格闘技。

1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
2.順番に一人5分間で本を紹介する。
3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

 以上のルールで簡単に行うことができます。レジュメやパワーポイントなどは用いず、生の語りのみで勝負します。

 このビブリオバトルをキャンパス・コンソーシアム函館の図書館連携プロジェクトチームが企画し、市内の高等教育機関から学生代表が集まって戦うことになりました。そこで、我が極東大学の代表を決めるべく、校内予選会を9月21日(金)の放課後に開催しました。
 発表者は3人、それぞれが自信を持って薦める本を携え、熱く語りました。聴衆の投票により、ロシア地域学科3年の佐野晃さんが1位に選ばれ、11月に予定されている本選に挑むことになりました。
 会場からも普段自分では選ぶことがない本について話を聞き、読んでみたくなったとの意見が多数あがり、聴衆も刺激を受けたようです。もうすぐ読書週間(10月27日~11月9日)です。読書の秋にひたりましょう。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年09月24日

はこだてグルメサーカス 2日目

 9月23日(日)、はこだてグルメサーカス2日目も朝から多くの市民で賑わいました!
 ウラジオストク市と函館日ロ親善協会のブースでは、極東大学の学生や卒業生、事務局員がお手伝い。1日目は早々に完売してしまったため、ボルシチを予定の倍の100食用意しましたが、すべて開店1時間ほどで売り切れてしまいました。
 楽しみにしていたお客様、ごめんなさい。多くのご来場、ありがとうございました!

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年09月22日

はこだてグルメサーカス 1日目

 9月22日(土)、はこだてグルメサーカス1日目は天気にも恵まれ、朝から多くのお客様で大賑わいです!
 ウラジオストク市と函館日ロ親善協会のブースで販売したボルシチ・ピロシキセットは開店から1時間半で予定の50セットが完売してしまいました!ボルシチのみ、急遽追加して400円で午後から販売します。
 明日23(日)も10時開店です。お早目のご来店をお待ちしております!!

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年09月19日

「はこだてグルメサーカス」のご案内

 函館市制施行90周年、北海道新聞社創刊70周年記念事業「はこだてグルメサーカス」が下記のとおり開催されます。
 函館日ロ親善協会では大門グリーンプラザ会場で開催される「開港都市と姉妹都市のひろば」に出店し、ウラジオストク市の紹介とともにボルシチ・ピロシキセットを販売します。
 また、お隣のユジノサハリンスク市と日本ユーラシア協会函館地方支部のブースではロシアのビール・ワインの販売も予定されています。函館と姉妹・友好都市関係にある国の名産品や函館と同じく開港都市として交流のある新潟・横浜・神戸・長崎や東北6県など、ご当地グルメが楽しめます。どうぞお越しください!

<ウラジオストク市・函館日ロ親善協会のブース>
日  時:平成24年9月22日(祝・土) 10:00~17:00
               23日(日)   10:00~16:00
場  所:大門グリーンプラザ 開港都市と姉妹都市のひろば
メニュー:ボルシチ・ピロシキセット 500円(各日限定50セット)

はこだてグルメサーカスの詳細はこちらをご覧ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年09月18日

「小さい逃亡者」映画上映会のご案内

 神戸の「ロシア雑貨いりえのほとり」が主催する映画上映会が開催されます。
「小さい逃亡者」は1966年製作の日ソ合作で、ビデオ化もDVD化もされていない幻の映画です。それだけに今回のフィルム上映は大変貴重な機会です。
 1966年当時の時代背景を考えれば、ソビエトでの撮影など困難を乗り越えて日本とソ連が協力し合った社会的にも価値のある作品です。
 両親を失いヴァイオリン弾きの叔父に育てられている少年・健は、ある日叔父から「父親はモスクワで生きている」と聞かされる。ナホトカ、レニングラードをめぐりモスクワを目指す健と、ソビエトの人々とのあたたかな交流が始まる。長い長い旅の果てに父親の手がかりを得るが、そこで待っていた答えとは…。
 一日限り、1回のみの上映ですが、関西方面においでの方はどうぞお運びください。詳細はこちらをご覧ください。

日 時:2012年12月2日 13:00開場
場 所:神戸朝日ホール4F
チケット:1,000円
予約・お問い合わせ:ロシア雑貨いりえのほとり

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年07月27日

さようなら、ブロワレツ領事

 2007年の着任以来、5年に渡り在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所の所長を務めたブロワレツ・アンドレイ領事が離任することとなり、有志による送別会が開催されました。多くの人が集まり、それぞれにブロワレツさんとの思い出を語り合いました。

 任期中にはラブロフ外務大臣の来函やウラジオストクの軍艦アドミラル・パンテレーエフの入港、ロシア文化フェスティバルのオープニング開催など、大きな行事があり、ブロワレツ領事が受け入れ側として奔走しました。
 また、自身でヨットを所有し、津軽海峡を横断する青函カップヨットレースに毎年参加するなど、函館での生活を満喫されていました。
 領事館は極東大学と同じ建物内にあるため、私たちは家族のように接していました。毎朝教職員室に立ち寄り「みなさーん、おはようございます」とあいさつをしてくれましたが、今はそれがなくなり、我々教職員はとてもさみしい思いをしています。

 7月8日に函館空港からソウル経由でウラジオストクに戻ったブロワレツさん。見送りにもたくさんの人が集まりました。奇しくも5年前、函館に着任したのも7月8日でした。ちょうど5年の任務を終え、今後はロシア外務省ウラジオストク代表部に戻り、早速9月のAPEC開催に向けて忙しい仕事が待っているそうです。今後のご活躍をお祈りします。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年07月09日

畠山重篤さんFMいるかに出演

 7月14日(土)、第15回はこだてロシアまつりの中で開催される「森は海の恋人」講演会を前に、講師の畠山重篤さんがFMいるか「暮らしつづれおり」に出演する予定です。
 気仙沼の畠山さんと電話でつなぎ、スタジオにいるパーソナリティの山形敦子さんや極東大学事務局の大渡涼子と講演会・森は海の恋人運動についてお話します。どうぞお聞きください。


FMいるか「暮らしつづれおり」内
「人ネットワーク」
平成24年7月11日(水) 11:10~11:30
出 演:NPO法人 森は海の恋人 理事長 畠山重篤氏(電話)
     ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大渡涼子
 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年07月03日

NHK「どどんと道南ラジオ」に出演

NHK函館放送局で毎週木曜日に放送される「どどんと道南ラジオ」の公開生放送に、本校アニケーエフ・セルゲイ教授が出演します。「ハロー道南」という、函館に暮らす外国人が街の印象や日本の暮らしで発見したことなどについてお話するコーナーです。
 函館に住んで早や15年になるアニケーエフ先生が、日本に興味を持ったきっかけや、先生のもう一つの専門であるエスペラントについても語る予定です。
 函館地区にお住まいの方はどうぞお聞きください。


NHKラジオ第1「どどんと道南ラジオ」
平成24年7月5日(木) 14:00~15:00
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校
      教授 アニケーエフ・セルゲイ

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年07月02日

ミリオン・ズビョースト 第72号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報でもあるミリオン・ズビョースト/百万の星 第72号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、鳥飼やよい准教授による「畠山重篤さんがやって来る!」です。来る7月14日(土)に開催される「第15回はこだてロシアまつり」で講演会を開いてくださるNPO法人「森は海の恋人」理事長の畠山さんが、なぜ極東大学で講演することになったのか、畠山さんとロシアのつながりって?そのきっかけが明かされます。
 また、4月に入学した1年生たちの寄稿も載っています。入学してから気がついた、よその学校とはまったく違う教育の特色やこれからの学生生活での抱負について、学生の目線からフレッシュな感想が寄せられています。
 どうぞご覧ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年06月29日

オホーツクの恵みたっぷり塩サイダー

 ロシアまつりでは2008年から「北海道しらかばラムネ」を販売しています。コアップ・ガラナで有名な株式会社小原さんで製造しているこのラムネは、函館市内でもあまり見かけないレア商品なのです。
 ところが、去年のまつりでは売ることができませんでした。製造元によると、「ラムネは作れる、瓶もあるけれど、ふたがない」という理由でした。なんと、しらかばラムネのふたは東北地方の工場で作る特注品で、その工場が東日本大震災で被災したため、ふたが作れないという理由だったのです。ここにも震災の影響があるのだなあ、と驚いた去年でした。お客様にも「しらかばラムネ、ないの?毎年楽しみにしているのに」と言われ、ごめんなさいと頭を下げたのでした。
 うれしいことに今年は無事しらかばラムネが復活し、ロシアまつりでも販売できるようになりました!
 さらに今年は、同じ株式会社小原さんで作っている「オホーツクの恵みたっぷり塩サイダー」も売れることになりました。原材料は宗谷の塩100%、水は知床らうす海洋深層水30%と道南の名峰横津岳の伏流水70%を使用。水分・塩分・ミネラルを一度に補給できる、夏にぴったりの飲み物です。試飲してみましたが、塩辛いというのではなく、後味にほんのり塩気を感じるおいしさです。
 今年のまつりテーマ「森のロシア、海の日本」にぴったりのこの2本、キンキンに冷やしてみなさまのお越しをお待ちしております。どうぞお試しください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年06月14日

「オープンキャンパス」と「ロシアまつり」のお知らせ

 ロシア極東大学函館校では様々なイベントを通して、函館校に、そしてロシアに親しんでいただきたいと思っております。

 「オープンキャンパス」ではロシア人教員と現役学生による模擬授業をはじめ、学校生活の紹介や、社会人として活躍する卒業生による仕事紹介などもあり、入学をご検討中の方には、きっと参考になるはずです。
 今年度も3回開催します。気候もいい季節です。疑問に思うところを教職員に直接聞くこともできますので、この機会に、函館・元町にあるキャンパスを気軽に訪れてみませんか?
 スケジュールが合わない、という方は、随時個別の学校見学も受け付けています。どちらも事前にお電話またはメールで事務局までお申し込みください。

 また、オープンキャンパスよりもっと気軽にロシアを楽しめる機会、「はこだてロシアまつり」にも是非ご来場ください。はじめてのロシア語教室やロシア料理レストラン、民族衣装試着体験、ステージプログラムなど、楽しい催しがたくさんあります。

 いずれも詳しくは函館校ホームページでご確認ください。

オープンキャンパス 
第1回 2012年6月23日(土) 13:00~15:30
第2回 2012年8月 4日(土)  13:00~15:30
第3回 2012年10月28日(日) 10:00~12:30


2012はこだてロシアまつり
2012年7月14日(土) 11:00~16:00

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年05月09日

BS朝日「エコの作法」にデルカーチ先生が出演します

 5月11日(金)22:00から放送されるBS朝日のテレビ番組「エコの作法」に本校のデルカーチ・フョードル副校長が出演します。
 日本を愛する外国人がナビゲーターとなり、その視点から、日本人が長い時間をかけて育んできた「美の心」や、日本人が忘れてしまっている「エコの作法」を見つけるというコンセプトの番組です。
 今回は「函館×識る」をテーマに、デルカーチ先生が函館の街をご案内します。ナレーションは、女優の竹内結子さんです。

 今も残る、函館特有の和洋折建造物や路面電車「ハイカラ號」、坂道の美しい街並みなど、極東大学周辺の様子も多く登場します。今まで知っているようで知らなかった函館の姿が見つかるかもしれません。是非ご覧ください。


BS朝日「エコの作法~明日の美しい生き方へ」

テーマ:「函館×識る」
放送日:平成24年5月11日(金) 22:00~22:54
再放送:平成24年5月25日(金) 22:00~22:54

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年04月09日

ロシア語は「恐ろしあ語」?

 幼いころ、僕を子守りする人がいた。中学を卒業してまもなく宮城の僕の家に奉公に来た彼は、僕をおんぶして「尻取り歌」をとなえていた。「ろすあ やばんこぐ くろぱとちん ちんたま まっこのふん ふんどす すめだたかちゃんぽん ぽんやり りこうしょうの はなめっちゃ ちゃんちゃんぼうずのいげどりで ていこぐばんざい ばんばんざい」。ロシアは恐ろしい国として僕に刷り込まれた。あれから60年。今度は、完了体、不完了体、形動詞だという。恐ろしさを通り越した。
 もちろん救いもある。偉大なプーシキンがフランスからの船を待って、牡蠣を食べたとの由。このカキはヨーロッパヒラガキ、通称フランスガキ。日ロ戦争の時に巨大な金塊が出たという金山を一時所有して失敗した僕の父は、今度はこの牡蠣の垂下養殖を手掛けていた。あの丸くて、平らで、ちょっと渋みのあるヤツ。どうだい、僕は牡蠣でプーシキンと繋がっているではないか。フランスから輸入した冷凍モノではなく、プーシキンが食べた生ガキと同じ生ガキを食べたじゃないか。それも父が育てたモノを。
 僕がこの学校にいる間にフランスガキも養殖場も跡かたもなく流された。母までも。しかし、「かきじいさん」と呼ばれている兄は、その子供たちは再びヨーロッパヒラガキを育てるでしょう。僕はそのときこう提案するつもりです。「この牡蠣を『プーシキンの牡蠣』と呼ぼうじゃないか」と。震災時のロシア人の援助を忘れはしない。
 何?ロシア語は恐ろしいかって。あったりまえだ。だって大統領の熊語じゃないか。

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア語科卒 畠山 重人

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年04月08日

学生生活を振り返って

 私にとってロシアという国は、入学当初のまわりの人達と同様に広くて寒い国、というイメージでした。しかし学生生活を始めてみて、また、私にとって初めてのロシアであるユジノサハリンスク、留学先のウラジオストクなどを訪れてみて、一つの枠にとらわれない様々なロシアを発見できたと思います。そのうえ、これでも一部だというのがまた驚きであり、まだまだ自分達の知らないロシアがたくさんあるのだなと感じました。
 「言語」というものは様々なものとリンクしています。私は、アンドレイ・イワーノヴィチ教授の「民族(文化)を表すのは言語である」という言葉がとても印象に残っています。それを更に色濃くしたのは留学先での経験でした。 
 留学先のウラジオストクは、極東地域にあるため、町にはロシア人以外にタジキスタン人、ウズベキスタン人、カザフスタン人、韓国人、中国人、北朝鮮人がいました。普段日常的に日本語に囲まれていた私はとても驚かされました。顔は全くロシア人じゃないのにロシア語を話し、ロシアで育った人や、その逆の人、どこか似ているけど全く違う言語が行く先々で飛び交っていて、すごく刺激的でした。
 ロシア語は英語より難しいと言われますが、私はロシア語との相性は良くて、発音で困ったり、理解に苦しむ、ということはありませんでしたが、それはきっとネイティブのロシア人の先生に教えてもらえたからでしょう。昔は英語ならわかる言葉が、ロシア語ならわかる、といった状態です。
 卓球をしたり、ジョークで笑ったりとすごく楽しかった思い出が詰まった学び舎を去るのはさびしいですが、今後の先輩、後輩、そして友人たちの活躍を期待しています。
 3年間ありがとうございました。

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア語科卒 成田 千穂

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年04月07日

長くて短かった4年間

 大学生活がもう終わり、新生活が始まろうとしています。4年前の私でしたら、きっと今ごろ「ああ~もう学生は終わり、もう遊べない」、「日本で働くなんて絶対嫌!残業あるし~休み少ないし~」などと考えていたことでしょう。しかし今私は、とてもウキウキしています。希望を持って社会人になろうとしています。これは、きっと4年間密接にロシアと関わってきたからだと思います。4年間私の心はロシアのものだったと言っても過言ではありません。朝から夜までロシアづくしでした。
 ロシアは私を精神的に成長させてくれました。まず、ロシア人学生から私達日本人がどれだけ恵まれているかを教えてもらいました。ウラジオストク留学中、日本を好きなロシア人とたくさん交流し、そこで聞いた日本の良さが私に母国を愛することを教えてくれました。そして日本から出てロシアで生活したことで、すこし違う視点から日本を見ることができたこの経験は、本当に宝物です。
 ロシア人の生活を直に見てわかったこと、それは、人生を楽しんでいるということです。ウォッカとかお酒という意味では無く、ロシア人は、人生を自分達の知恵や工夫で楽しくする天才だと思いました。年齢に関係無く、楽しむ時は楽しむ!足りない物があったらどこかで材料を見つけて手作り!一度、私の友達は落ちていた木で包丁を作りました(切れ味最悪)。天気が良ければ山でバーベキュー!どこにいっても部屋に一台はあるギター。自虐ネタ!ほとんどのロシア人女性は開脚ができる!などなど、本当に楽しい国民!そんな彼らに私は人生をより良くする為の工夫を教わりました。開脚はまだ無理ですが、無いものを絶対無いと考えない。本当に無いなら、近いものを作ったらいい。もちろん時と場合によりますが、この考え方ができるようになって、未来が少し明るくなった気がします。なので今私はこれからの新生活にドキドキワクワクしています。
 この4年間を振り返ってみると、すごく恵まれた環境にいたなと思います。知識豊富な先生方、生きたロシア語を毎日聞ける環境、美味しいロシア料理、無駄に卓球のうまい学生達。そしてむちゃくちゃだけど面白いクラスメート。無事みんなで卒業できて本当に良かった!
 最後に!先生方のお陰で、今ではもう一人でブリヌイとペリメニが作れるようになりました!優しくて怖かった、けどたくさんのことを教えてくださった先生方、本当にありがとうございました!

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア地域学科卒 森谷 美里

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年04月06日

世界は広い

 私がこの学校に入学した時、人数の少なさに驚きました。しかし今、この学校はマンモス校とは違い、みんなと仲良くなれて、みんなの名前を覚えられて、みんなが力を合わせられる。「団結力」ではどこの学校にも負けないとても楽しい学校、素晴らしい学校だと思います。
 そんな環境で学ぶロシア語は、いわゆるサボリ、手抜きが一切できないので、だらけ者の私にとっては苦しくもありましたが、しっかりとロシアについての全分野を学ぶことができました。
 私は身につけたロシア語をビジネスで使うことが理想ではありますが、まず何よりも私がしたいことは(してきたことでもありますが)、たくさん友達を増やしたいです。実際、私が2度のロシア留学で経験したことですが、言葉を覚えれば覚えるほど新しい言葉を使いたくなり、友達がどんどん増えて行くのが実感できました。そのような面で見ると私達の学校は、マンモス校へ行くよりもはるかに友達は作ることができて、はるかにじっくり勉強できるという、学生にとっては最高の環境であります。
 ロシアで出会った友達はいつになってもどこかで元気にしているようないいやつばかりで、世界中から集まった仲間達は今も世界を相手に頑張っているのです。あんな小さなウラジオストクの町で、あんなにいい人達と出会えて幸せです。
 この学校で私は大きな意味で世界の広さを教えられました。この4年間は人生のゴールデンウィークと思えるくらい本当に楽しかったです。ロシアが大好きになれました。
 頑張れ日本!そして力を貸してくれたロシア!ありがとう。

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア地域学科卒 小柳 卓也

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年04月05日

今日までそして明日から

 2008年4月10日、私は本校に入学した。函館という新しい土地、環境で、今まで一度も目にしたことも耳にしたことも無かった「ロシア」という「世界」に入り込み始めたのだ。
 元々語学に興味を持ってはいたが、私にとってロシアは何もかもが初体験で、世界で難しい言語の一つと聞いた時は正直心が折れそうになった。
 函館校で学んでいくうち、その予感は的中した。ほぼ毎日出される課題、日に日に上がっていく授業レベル、一日休むと取り戻すのに時間がかかってしまうというプレッシャーに、私の心はバキバキに折られてしまった。精神的にボロボロではあったが、何とか2年生、3年生、4年生と進級することができ、今に至る。
 今までの4年間、私をここまで支えてくださったのは、他でもなく先生方、先輩方、事務局の方々、そして両親である。この支えがなかったら、私は1年生の心が折られた時点で、踏ん切りをつけ、故郷へ帰っていただろう。それに、支えられる事は、少人数の学校であってこそである。一般の大学ではまず無いことだろう。
 函館校での想い出は?と聞かれても、内容が濃すぎて、とても「これ!」と一つには絞れないくらいたくさんある。ロシアまつり、言語まつりАБВГ-Day、マースレニッツァ、ウラジオストク留学……やはり決められない。
 そしてこの4年間、本当に色々な人たちと出会った。その全ての人たちがいたからこそ今の私があるのだと思う。まさに一期一会、十人十色であると思った。とても貴重で、誰にも真似できないような体験をさせていただいた。これまでの「学生生活」から得たものを、少しでも今後の生活に役立てられたらと思う。
 振り返ってみれば、長いようであっという間の4年間だった。今まで私を支えてくださった皆々様方、本当にありがとうございました。
 またいつか学生食堂で大盛りの定食食べたいな(笑)。

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア地域学科卒 川原 陽介

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年04月04日

ミリオン・ズビョースト 第71号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第71号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、大渡涼子総務課長による「学問の道」です。語学学習の難しさや学び続けることの苦しみ、喜びを自分の体験と先輩の助言や学ぶ姿を通じて述べています。ともに学ぶ仲間に対する絆や、精進し続ける心の大切さをかみしめることのできる文章になっています。
 また、3月に卒業し、それぞれの道を歩み始めた学生たちの寄稿も載っています。学校生活で印象に残ったこと、教職員や仲間たちへの思いなどが、個性豊かな文章で綴られています。
 今回、ミリオン・ズビョーストに載せきれなかったほかの学生の寄稿文は、今後「極東の窓」でご紹介しますので、お楽しみに。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年03月30日

「森は海の恋人」の畠山重篤さん来校

 「森は海の恋人運動」をご存知ですか?宮城県気仙沼市で牡蠣養殖業を営む畠山重篤さん(写真左から2番目)が中心となり、「豊かな汽水域の恵みは豊かな森があってこそ生まれる」という点に着目し、おいしい牡蠣を育てるために気仙沼湾の上流にある森の植樹など、環境保全および環境教育活動を20年以上に渡り続けています。
 東日本大震災で気仙沼の牡蠣養殖も壊滅的な被害を受けましたが、最近では復興に取り組む姿がテレビや雑誌などで取り上げられる機会も多く、目にした方もいると思います。あのルイ・ヴィトンから支援の申し出を受けたり、今年2月には、森林の育成や林業の健全な発展などに貢献したとして国連が選ぶ5人の「フォレスト・ヒーローズ」にアジア代表として選出されるなど、その活動はますます注目を集めています。
 現在はカキの森書房から出版されている児童書「カキじいさんとしげぼう」の英語版が、国連での「フォレスト・ヒーローズ」授賞式に合わせて作られ、「森は海の恋人運動」を世界に紹介するものとして好評だったそうです。
 畠山さんの活動は気仙沼に留まらず、どんどん広がっています。日本の海は世界の森、そしてロシアのアムールを始めとする川や、その流域に広がる大湿地帯に支えられ、地球規模で循環していることを解明した「アムール・オホーツク・プロジェクト」へとつながります。
 そのことをロシアの子どもたちにも伝えたいと、今度は「カキじいさんとしげぼう」のロシア語版を作成することになりました。そして畠山重篤さんと、カキの森書房を運営する次男の耕さん(写真右から3番目)が、先日函館校を訪ねてくださいました。
 実は重篤さんの弟、重人さん(写真右端)は、定年退職後に函館校に入学し、この春めでたく卒業したばかりです。そんなご縁から、「カキじいさんとしげぼう」のロシア語版翻訳を、函館校の先生方がお引き受けすることになりました。
 詳細については未定ですが、素敵なロシア語訳になって、ロシアの子どもたちへのメッセージとして届けられる日も近いでしょう。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年03月17日

体験発表会「北方領土わーく」のご案内

 本校の学生には毎年、北方四島の青少年が根室市で交流を行う際のボランティア通訳や、北方領土ビザなし訪問への参加など、貴重な体験をする機会が与えられています。
 北方領土に関する外交交渉は長期化しておりますが、北方四島交流事業(ビザなし交流)で北方領土問題を学んだ体験発表等を通じて、広く国民に理解と関心をもってもらい、返還運動推進の裾野を広げることを目的に、社団法人北方領土復帰期成同盟主催による下記体験発表会が開催されます。
 この中で、今年度根室市で行われた青少年交流と択捉島訪問にそれぞれ参加した本校学生3名が、発表を行います。実際に島民と触れ合ったり、島の様子を目にした学生による報告です。この機会に北方領土を考える一助となるよう、ご案内申し上げます。

北方領土わーく

日 時:平成24年3月24日(土)14:00~16:00
場 所:函館市国際交流プラザ 大会議室(本校建物1F)

内 容:1.「函館豆記者交歓会の活動について」
        函館豆記者交歓会代表

     2.「北方領土研修体験発表」
        函館豆記者交歓会豆記者

     3.「ビザなし交流参加体験発表」

       (1)根室市における北方四島交流受入(青少年)の紹介
          ロシア極東連邦総合大学函館校
           ロシア地域学科3年 鈴 木 竜 斗

      (2)択捉島におけるインフラ整備状況
          ロシア極東連邦総合大学函館校
           ロシア語科1年   平 岩 史 子

      (3)択捉島民の生活状況(衣・食・住)
          ロシア極東連邦総合大学函館校
           ロシア語科1年   庄 林  茜

    4.講演「北方領土問題について」(仮題)
         講師:外務省欧州局ロシア課

主 催:社団法人 北方領土復帰期成同盟 ℡011-205-6500

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年03月16日

3月の「身近なロシア」は?

 2年間に渡り、ご好評をいただいた「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」は今回が最終回となります。
 3月21日(水)の放送は、イリイン・セルゲイ校長と、市内在住の主婦リャボワ・イリーナさんによる「ロシアとウクライナ」です。
 イリーナさんは、はこだて未来大学教授であるウクライナ人のご主人とともに、長く函館に住んでいます。つい先日、帰国してきたばかりのウクライナについて紹介していただきましょう。
 ロシアとウクライナの政治的な関係は、あまりよくありませんが、旧ソ連の国同士であり、今も経済交流が盛んです。難しい政治の話ではなく、隣人としての暮らしぶりや、最新のウクライナについて聞いてみましょう。


FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成24年3月21日(水) 10:15~10:30
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校 校長 イリイン・セルゲイ
     リャボワ・イリーナ
 テーマ:ロシアとウクライナ

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年03月06日

はこだて・ロシア交流史かるた大会

 2月17日(金)、ロシア極東連邦総合大学函館校で恒例となっている冬を追い出す祭り「マースレニッツア」が行われた。それに合わせて、今年初めて、「はこだて・ロシア交流史かるた大会」が実施された。
 北海道では、取り札が木製の「北海道かるた」(小倉百人一首)が有名だが、このたびのかるた大会に使われた「はこだて・ロシアいろはかるた」は、極東大函館校のゼミナール「北海道とロシア極東の交流の歴史」を受講した1年生のオリジナル作品だ。
 函館校で年に1度の特別講義「函館とロシアの交流史」を担当するようになったのは4年前のこと。その特別講義を発展させた形で2010年からゼミナール「北海道とロシア極東の交流の歴史」が始まった。
今年度(前期)の受講生は1年生10名で、大半が函館市外(道外)の出身者で占められており、函館の歴史自体になじみのない学生ばかりだった。しかも学生の大半は、卒業後は函館を離れるに違いない。函館とロシアが深い歴史で結ばれていたことを実感すると同時に、函館を離れてからもいつまでも記憶に留めていてほしい、という思いから、ザチョット(試験)で「かるた」を作成させることを思いついた。
 実は、これには、2009年に函館が開港150周年を迎えたことを記念して売り出された「函館いろはかるた」がヒントとなっている。謳い文句は、「遊んで学ぼう!」。その中には、「 ニコライの 鐘の音清く 正教会」、「 ロシアノイロハは 世界の珍本」など、開港五カ国の一つであるロシア関連の話題ももちろん含まれている。しかも絵札の裏にはテーマにゆかりのエピソードが書き添えられているため、豆知識も得られるのだ。

 「はこだて・ロシア交流史イロハかるた」の方は、「北海道とロシア極東の交流の歴史」の授業で学んだことの中からテーマを選び(学んでいないことを選んだ学生が1名ほどいたが)、イロハ順に一人当たり平均4枚を割り当てた。絵札には写真を入れるも良し、自分で絵を描いても良し。そして絵札の裏には、「函館いろはかるた」のように、できるだけ関連するエピソードを書かせることにした。
 紙製の縦10.5センチ、横7.5センチサイズの小さなものだが、読み札といい、絵札といい、なかなかの出来ばえだった。

 海渡り ニコライ来る 函館へ」
 安政の 日本に降り立つ ゴシケーヴィチ」
 ユジノサハリンスク ウラジオに次ぐ ロシアの友」
 極東大 日本とロシア 結ぶ学び舎」
 抜けそうな 古びた床でも美しい 幸坂の旧ロシア領事館」
 景色みて 思い巡らす 日露史を」
などといった気のきいたものから、

 なんでも ダーダー 漁場通訳」
 ね? 知ってるでしょ ゴロヴニン」
 変人か、修繕されても それ苦痛」
など独創的なものまで多種多様で、私にとっては、授業を教えている時にはわからなかった、各学生の個性や隠れた才能を知る機会にもなった。



 完成した日、かるた大会を試しに1年生と行ってみた。ユニークな読み札に笑い合い、和気あいあいとした雰囲気に包まれた。
 せっかく作った「イロハかるた」。このままお蔵入りさせるのは惜しまれた。また、1年生からも、何かの機会にかるた大会をやってみたい!との声が上がった。そのため、いずれは全学年を交えてかるた大会を開きたい、と思っていた。
 そんな折、函館校で毎年2月半ばに行われている「マースレニッツア」に合わせて、学内でかるた大会を開いてもらえることになった。せっかくなので、このイベントが学生の知的好奇心を高めるきっかけとなればとの思いから、参加賞(ロシアで買って来たロシア語書籍、あるいはロシア関連の本、ロシア土産など)を設けた。
 さて、「かるた大会」の当日。屋外駐車場での冬を追い出す儀式、マースレニッツアには欠かせないブリンヌィ(ロシアのクレープ)、そして教員と学生で500個用意したというペリメニ(シベリア風ぎょうざ)を食べ終わった後、学生自治会と大学事務の長谷川さんの仕切りにより、食堂後方の畳の上で始まった(当日の詳細は極東大函館校ホームページを参照)。
 賞品が参加意欲を高めたのだろうか、多くの学生が参戦することになり、3チームに分かれて競技が行われた。あいにく、かるたをやっている現場には立ち会えなかったが、事前にお願いしていたとおり、絵札を取った学生には、裏面に書かれているエピソードが読み上げられるなど、まさに、「遊んで学ぶ」機会となったようだ。
 今回は学内での大会だったが、来年夏の極東大函館校の「はこだてロシアまつり」で行ってみてはどうだろうか。個人的には、このイロハかるたを販売できないものかと夢が広がるが、それには改良も必要であろう。
 「極東の窓」をご覧のみなさん、意見をお聞かせください。

ロシア極東連邦総合大学函館校 非常勤講師 倉田有佳

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年02月08日

2月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、2月15日(水)の放送は、イリイン・ロマン講師による「ロシアの飲み物」についてのお話です。
 ロシアというと、すぐに思い浮かぶのは、ジャムとともに飲むロシアンティー。ほかにも“キセリ”という、片栗粉でとろみをつけた、フルーティーな葛湯のような飲み物を家庭で作ったりします。
 アルコールではウォッカが有名ですが、ビールも日本の地ビールのように、その土地土地でメーカーも多く、黒ビールや赤いビール(エールタイプ)、明るいビール(ピルスナータイプ)など種類も豊富です。
 先月のロシア料理に引き続き、今度はロシアの飲み物について、ロマン先生に紹介してもらいましょう。


FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成24年2月15日(水) 10:15~10:30
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校 講師 イリイン・ロマン
テーマ:ロシアの飲み物

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年02月03日

進学個別相談会のお知らせ

 函館校では、現在、平成24年度入学一般後期試験の願書を受付中です。試験日は3月29日(木)ですが、入学を検討中の方や進路に迷っている方を対象に、下記の日程で進学個別相談会を設けます。
 相談内容は「学生生活」、「奨学金」、「住まい」のことなど、何でも結構です。時間もご相談に応じますので、事前に事務局までお申し込みのうえ、来校してください。
 さらに2月17日(金)にはロシアの伝統行事「マースレニッツァ」を見学することも可能です。このような機会に、学生・教職員と直接話をしたり、学校の様子を感じ取ってみてはいかがでしょう?
 詳細は本校ホームページをご覧ください。

 第1期進学個別相談会 平成24年2月7日(火)~2月17日(金)

 第2期進学個別相談会 平成24年3月12日(月)~3月16日(金)

*上記日程以外でも対応可能な場合がありますので、ご相談ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年01月13日

1月の「身近なロシア」は?

遠峯ファミリー
 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、1月18日(水)の放送は、昨年5月に登場した札幌市在住の主婦、遠峯エレーナさんとふたたび電話でつなぎます。  テーマは「ロシア料理」。ロシア映画を観ていると、テーブルいっぱいにおいしそうな料理が並んでいたり、お茶を楽しむ場面がたくさん出てきますね。有名なボルシチは正確にはウクライナ料理ですが、ロシアにはそれ以外にも、この時期ぴったりの温かいスープは多数ありますし、ピロシキの中身もひき肉だけでなくキャベツやキノコ、じゃがいも、卵などたくさんの種類があります。  エカテリンブルク出身のエレーナさんですが、ロシアの中でも西と東で違う料理や、日本でロシア料理を作るときの苦労話などを聞いてみたいと思います。


FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成24年1月18日(水) 10:15~10:30
出 演:遠峯 エレーナ
テーマ:ロシア料理

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2012年01月10日

ミリオン・ズビョースト 第70号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第70号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、デルカーチ・フョードル副校長による「ロシア人の言語意識について」。ロシア語を習い始めた日本人が必ずぶつかる高い壁。ロシア人が持つ「発音の美感」、「造語感覚」とは?ロシア語を学ぶ上でのヒントが見つかるかもしれません。
 また、11月に行われた言語まつり「АБВГ-Day」の様子や、ウラジオストク留学実習から戻った学生の感想文も載っています。

 さらに、アニケーエフ・セルゲイ教授の得意料理・ロシア風肉じゃがのレシピ付きです。肉じゃがは明治時代、東郷平八郎がイギリス留学中に食べたビーフシチューをもとに日本海軍で作られたのが起源だと言われていますが、ロシア風肉じゃがはビーフシチューよりはもっと、日本の肉じゃがに近い味です。こちらも是非お試しください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年12月27日

2011年のこと

 2011年もまもなく終わろうとしています。「極東の窓」には、今年も学生たちがウラジオストクから、択捉島から、現在進行中の街の様子を伝えてくれました。

 地元のラジオ局・FMいるかで昨年4月から毎月第3水曜日に放送している「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」は、言わば“身近なロシア探訪”といった内容で、本校教員を中心に、おもに函館在住でロシアにゆかりのある方々に出演をお願いしています。
 「極東の窓」ではその予告を報じるのみですが、函館市内でしか聴けないのがもったいないくらい、どなたも話題が豊富でおもしろくて、毎回放送が楽しみです。

 さて、2011年のことを振り返るとき、不幸な震災を抜きには語れないでしょう。あの日、函館校では翌日の卒業式の準備をしているところでした。長く続く不気味な揺れにいつもの地震と違う不安を感じ、外に出て様子をみては、また仕事に戻る、の繰り返しでした。校舎は坂の上にあるため、直接津波の被害は受けませんでしたが、事務室の窓からは波が岸壁を乗り越えて街を浸していく様子がはっきりと見えました。
 翌日の卒業式も予定どおり行いましたが、夜に同窓会パーティーが行われた駅前のホテルでは1階が浸水し、3階のパーティー会場の両脇が近隣住民と函館駅で足止めを余儀なくされた人びとの避難所になるなど、卒業生にとっては混乱の中での旅立ちとなりました。

 今年大きな節目として、日本のハリストス正教会の基礎を作った聖ニコライの来日150年の祝賀がありました。聖ニコライの日本での足跡は1861年7月、ここ函館の地に降り立ったところから始まったもので、函館ハリストス正教会では様々な記念行事を予定しておりました。ところが、あの震災で東北地方の多くの教会や信徒が被害に遭ったため、急遽すべての行事は取り止めになりました。
 しかし、当初函館校の講堂を会場とし、はこだてロシアまつりと共同で開催する予定だった、横浜国立大学 長縄光男名誉教授による記念講演会と函館ハリストス正教会聖歌隊のコンサートだけでも何とか実現できないものかと関係者に掛け合い、多くの人びとの協力により、その二つを実現することができました。
 聖歌隊は聖歌やロシア民謡のほか、阪神大震災後に作られ、地震に負けず立ち向かう強い決意を示した合唱曲「しあわせはこべるように」を選び、東日本大震災で傷ついた被災地へのメッセージとして歌いました。生き残った者たちが亡くなった方の分まで毎日を大切に生きていこう、という歌声は、多くの聴衆の心に響きました。
 
 同じく7月に開催された「ロシア文化フェスティバルIN JAPAN」のオープニングが函館で開催されたのも、そもそもは聖ニコライ来函150年を記念してのことでした。市内各所で様々な催しが展開されましたが、市民が無料招待されたピャトニツキイ記念国立アカデミー・ロシア民族合唱団の迫力のコンサート、ボリショイサーカスの鍛え上げられた技の数々など、普段函館のような地方都市では見ることができない素晴らしいものを、たくさん見ることができました。
 ピャトニツキイ合唱団のコンサートは途中休憩なしの2時間ノンストップ、日本の合唱と違い、譜面も持たずに歌い踊り続けます。その記憶力、その声量と体力に、観ている私たちのほうが休憩を取りたいくらいに圧倒されてしまいました。
 終了後、ある人が言ったのには、「このすごい体力、よくこの人たちに日本人が戦争で勝てたものだ」。日露戦争を描いたNHKドラマ「坂の上の雲」が放映されましたが、ドラマのクライマックス、旅順攻防の二〇三高地激戦のシーンは、実は昨年の秋、函館で撮影されたものです。津軽海峡を望む景色が、旅順に似ているのだそうです。

 日本海を挟み、激しく日露が激突した明治期から100年以上の時を経てもなお、両国間には問題が山積していますが、ニコライが戦時にも日本に留まり守ろうとしたもの、それを考えるにも、いい機会です。

 今年11月には、函館ハリストス正教会の敷地内に聖ニコライのイコンが設置されました。ハバロフスクで制作されたこのイコンは当初、来日150周年記念行事に合わせてもっと早く到着する予定でしたが、震災の影響で遅れたため、ようやくの設置となりました。来年は聖ニコライ没100年、ニコライは困難を乗り越え、ふたたびこの地に戻り、函館の街をみつめています。来年こそ、よい年になりますように。

ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年12月16日

12月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、12月21日(水)の放送は、船矢美幸さんの登場です。
 船矢さんは函館初の民放アナウンサーであり、現在も朗読奉仕会の活動に力を入れるなど、とても多彩な女性です。
 函館校でも、ウラジオストクからロシア人留学生が来た時には、華道の教授として指導をお願いしており、何かと縁がある方です。

 また、“船矢深雪”のお名前で句集を出版するなど、俳人としても活躍されています。
 ロシアに関する句もあり、2006年にはサンクト・ペテルブルクで日本の出版社が開催した俳句の展示会にも出席したそうです。世界で一番短い詩、俳句をロシア人がどう捉えているのか。ロシア人の生の反応や、ペテルブルクの街の様子についてお話していただきます。

 
FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成23年12月21日(水) 10:15~10:30
出 演:船矢美幸
テーマ:ロシアで俳句

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年11月24日

ロシア向け観光PRビデオに出演!

 イカール星人の大ヒットで知られる動画サイトYouTubeの「はこだてCM放送局~HakoTube」に、海外に向けて函館観光をPRする新CMが登場しました。
 函館市が進める「はこだてブランド映像事業」の一環として、東日本大震災と福島第一原発の事故発生以降、激減した外国人観光客を呼び戻そうと制作されたもので、海外に向けて函館の魅力と安全をアピールする内容です。
 中国・韓国・英語圏向けなど、函館在住の外国人がそれぞれ協力し、制作されたものですが、ロシア版は函館校が翻訳と出演を担当しました。
 学生を代表し、ロシア語科2年小早川眸さんがイリイン・セルゲイ校長にインタビューしながら函館の魅力を紹介するもので、原発事故の不安はないことや、イリイン校長の大好きな市営谷地頭温泉についてロシア語で話しています。撮影は夏の暑い盛りに、校舎の前で行われました。

 合わせて、ミシュラン・グリーンガイドで「函館山からの展望」が三ツ星に輝いたことを紹介するビデオも制作され、ロシア版のナレーションをイリイン校長が担当しました。
ロシアからの観光客が増えることを切に願います。

「私の住む函館を紹介します!」
Мой Хакодатэ

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に掲載!
Во Франции горят "Три звезды" Хакодатэ

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年11月14日

11月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、11月16日(水)の放送は、神戸のロシア雑貨いりえのほとりの牛塚いづみさんが電話で出演します。
 お店には、かわいらしいロシア雑貨がところ狭しと並んでいるほか、オンラインショップで購入することもできます。函館校で毎年行う「はこだてロシアまつり」のキオスクコーナーにも協力していただいています。
 先月、ロシアに買い付けに行ってきたばかりで、今回はアルハンゲリスク、サンクト・ペテルブルグ、モスクワを回ってきたそうです。
 ペテルブルグのロモノーソフ陶磁器工場では、作家のインタビューや絵付け体験も行ったとか。ロモノーソフは日本ではあまり知られていませんが、実はロイヤルコペンハーゲンやウエッジウッドにも並ぶ歴史と品質を持つ、ロシアの高級陶磁器です。
 マトリョーシカやホフロマ塗りだけではない、ロシア雑貨の魅力について聞いてみましょう。
 
FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成23年11月16日(水) 10:15~10:30
出 演: ロシア雑貨いりえのほとり 牛塚いづみ
テーマ:ロシア雑貨の魅力

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年11月07日

HAKODATEアカデミックリンク2011のお知らせ

 11月12日(土)、はこだて高等教育機関合同研究発表会・アカデミックリンク2011が開催されます。市内8高等教育機関と函館市で構成するキャンパス・コンソーシアム函館の主催によるもので、本校学生も下記の内容で参加します。今年は個人ではなく、2チームによるグループ発表を行います。
 学生による、日ごろの研究成果や課外活動についての発表です。函館の若い力が集結します。是非お越しください。

日時:平成23年11月12日(土) 11:00~17:00
場所:函館市青年センター
   函館市千代台町27-5 0138-51-3390

<ブースセッション>
ロシア歴史タイムライン 

―チーム・ヒストリキ 11:00~17:00

一般にあまり知られていないロシア1500年の歴史を俯瞰するタイムテーブルを展示。政治・経済、文化、動乱、国土の4つの観点から見たロシアの歴史に日本の歴史を併記させることで、両国の時間の流れを同時に体感する。
   
<ステージセッション>
ロシアアニメ「ボビックとバルボス」の吹き替えとアニメに見るソビエト・ライフの考察

―チーム・訳者小屋 15:30~15:45
  
ロシアアニメ作品(1977年作)の吹き替え。ロシア語独特の表現を翻訳し、ライブでのアテレコを試みる。同時に、8分間の短いアニメにも見え隠れするソビエト・ロシアの日常の詳細や物の見方の解説を行う。  

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

「みんなで学ぶ北方領土」のご案内

 11月12日(土)、今年9月に択捉島ビザなし訪問に参加した本校の学生たちが、体験発表を行います。
 社団法人千島歯舞諸島居住者連盟函館支部の主催によるもので、地域住民の領土問題に対する理解と認識を深めるために開催されます。みなさまのご来場をお待ちしております。


みんなで学ぶ北方領土

日 時:平成23年11月12日(土)10:00~12:00

場 所:サン・リフレ函館 2F大会議室
     函館市大森町2-14 0138-23-2556

内 容:1.北方四島交流(ビザなし交流)参加体験発表

        ロシア極東連邦総合大学函館校
          ロシア語科1年 平 岩 史 子
          ロシア語科1年 赤 羽 真依子

     2.講演「北方領土問題を解決するために」

        朝日新聞北海道報道センター
          記者  神 元 敦 司 氏

参 加:無料

主 催:社団法人 千島歯舞諸島居住者連盟函館支部

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

第5回「函館市西部地区教育芸術祭」のお知らせ

 地域の文化発展と交流を目指し、保育園から大学・町内会までが集まって日ごろの活動の成果を発表する芸術祭が下記日程で開催されます。
  
 ステージ部門では、合唱サークル「コール八幡坂」が来函中のロシア人留学生とともにロシア語による合唱を披露します。美しい民族衣装も見どころです。

 展示部門ではロシア人留学生による書道展や、ロシアの民芸品・衣装の展示を行います。この機会に是非、見にいらしてください。

<ステージ部門>
日時:平成23年11月10日(木)
    13:30~15:00
場所:函館市立西中学校体育館
内容:各団体による音楽発表と会場合唱
    ロシア極東大学・コール八幡坂出演
    14:40~14:50
    合唱「アレクサンドラ」
       「木々の葉は黄色」
        

<展示部門>
日時:平成23年11月11日(金)~14日(月)
    9:00~19:00(最終日は17:00で終了)
場所:函館市地域交流まちづくりセンター 2F
内容:各団体による作品展示(絵画・書道・陶芸・工芸品等)


参加団体:駒止保育園、市立弥生小学校、市立西中学校、北海道函館西高等学校、ロシア極東連邦総合大学函館校、町会連合会西部地区協議会

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年11月01日

読書まつり・ロシア民話の読み聞かせ

 “よんでみよう世界の絵本、きいてみよう世界のお話“をテーマに、「第26回 親と子の読書まつり」が開催されます。
 各国の絵本読み聞かせを行う中、本校デルカーチ副校長が日本語で、ロシアの民話「かます(魚)の魔法」を美しい画像とともに朗読します。“親と子の”とありますが、どなたでも参加可能ですので、是非この機会にロシアの民話に触れてください。

日 時:11月6日(日) 開場13:00 開演13:30
場 所:函館市中央図書館大研修室 五稜郭町26-1
     TEL 0138-35-6800
講 師:デルカーチ・フョードル(本校副校長)
参 加:入場無料、直接会場へお越しください。
主 催:函館の図書館と歩む会・函館市中央図書館
    

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年10月13日

10月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、10月19日(水)の放送は、アニケーエフ・セルゲイ教授がロシアの祭日についてお話します。
 ロシア帝国からソ連へ、そしてふたたびロシアへと国家体制が移りゆく中で、祭日の持つ意味も変わってきています。それぞれの祭日にどのような意味があるのか、お祝いのしかたについて聞いてみましょう。
 
FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成23年10月19日(水) 10:15~10:30
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校
     教授 アニケーエフ・セルゲイ
テーマ:ロシアの祭日

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年10月07日

ミリオン・ズビョースト 第69号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第69号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、グラチェンコフ・アンドレイ教授による「ビールと水の戦い」です。一見、ユーモラスなタイトルですが、ロシア語の語源やロシア社会を悩ますアルコールの問題などが語られた、読んでみると実に深い話です。

 また、今回は9月にビザなし交流で択捉島を訪問した1年生のレポートが掲載されています。日本とロシア、隣人として北方領土問題を解決するために、学生たちが見てきた島の現状がよくわかります。そのほか、さまざまなお知らせも載っていますので、是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年10月06日

択捉島民の生活状況(衣食住)

 今年9月12日(月)から15日(木)の日程で、平成23年度第5回北方四島交流訪問(いわゆるビザなし交流)が行われました。訪問団の一員として、本校学生4名が選ばれ、択捉島を訪れました。 
 今回は、ロシア語科1年の赤羽真依子さんの、特に択捉島民の衣食住に関するレポートをお届けします。他の参加学生のレポートは、学報ミリオン・ズビョースト/百万の星 第69号に掲載されておりますので、こちらも併せてご覧ください。

*  *  *  *  *  *  *  *  *

  衣服に関して、日本とさしてかわらない印象だった。好みやセンスの違いくらいで貧しいとも裕福とも感じなかった。アディダスのTシャツやスニーカーをはいたおじさんもいた。

 見かけただけでも服屋のキオスクが2軒ほどあり、運転手さんに聞いたところ、自分はもうちょっと向こうの服屋で買っているとのことだったので、島内で調達できていると思われる。

 食に関して、ホームビジット先の方の話では、物価がロシアより高いそうで、3倍ほど違うものもあるらしい。流氷などがあると店に欲しい物が何日もない状態が続くので、そんな時は店にある物で過ごすということだった。島ならではの苦労は、食料に関する事が一番大変なように感じた。 
私が訪れた食料品店では、ジュースやお菓子、アイスクリーム、調味料、穀物、パスタなどの加工食品はロシアと変わらないものを売っており、どこも小さな店で品数は多くなかったが私の予想以上に充実していた。ただ、生野菜は傷みが激しく、本当にここで買っているのか、もしかしたら家庭菜園などでまかなっているのかなと思ったことと、肉、魚、乳製品が少なかったので生鮮食品に関しては少し不便かもしれないと思った。


 学校
 住宅に関して、学校や、何か施設らしい建物などは3階建てほどある大きな立派なものだったが、住居は基本的に木造の平屋、新しいものも中にはあったが日本の田舎のような、古い感じの家が多かった。平屋といっても日本よりも広い造りで、どの家も古びた外観とは裏腹に中はきれいなようだった。ホームビジット先の家はまだ新しかったこともありとても美しい内装で、家具もついて貸し出されているとのことだった。
 ホームビジット

 また、択捉では民間と公的機関が共同で建てているとのことで、例えば緑色に塗られた部分は公的機関、水色の部分は民間、というように1つの家の外壁がそれぞれの部分で塗り分けられて二色になっていることがある。ただ色は決まっておらず、ホームビジット先の方もなぜその色かは解らないけれど、よく見るとただその色のペンキがあったからという理由ではないみたいと話していた。階ごとに塗り分けられたすごいものもあるらしく、家によって使われる色が違うのでとてもカラフルで楽しい町の景観を作り出しており、荒い島の自然から心和ませる工夫のようにも思えた。
 携帯電話は、どれくらいの人が持っているかはわからなかったが、携帯で映像を見せてくれたおじさんは、タッチパネルでは無かったがかなり性能の良い新しい携帯をもっていた。ホームビジットの方もノート型パソコンやデジカメを持っており、どれも私たちの使っているものと変わらないように思った。島のインターネット状況や電化製品の店があるかどうかは確認し忘れてしまったのだが、電化製品が古い物しか無いという印象は全くなく、私たちの生活とかわらない印象だ。
 ただ、もしかしたらそれらの買い物はロシアやサハリンなど、島外で入手している可能性が高いように思う。ホームビジット先の方も実家に帰った時に買い物をたくさんしちゃう、という話をしていた。島民は移住者が多く、その人たちにとってロシアへ帰る機会は多いだろうし、移住の際にも持ってきている可能性もある。島の中は不便でもロシアに帰れば物がそろうなら、島での生活で困る事もないだろう(私の函館での生活とかぶる……)。


 ギドロストロイ
 イクラを取り出す

 また、仕事については漁業関係者が最も多いらしい。漁師やその加工工場、その製品の販売や経理など多岐にわたる。他には学校の先生や役所、消防署などの公的機関もある。

 しかし、ギドロストロイの工場では夏の間の季節労働者がとても多く、特に大学生には良い仕事として多くの学生がやってくるとのことだった。ちなみに島民の4分の1がその工場(会社?)に勤めているそうだ。夏が忙しいとはいえ、仕事を季節労働者が担っていることに驚いた。訪問時は9月だったため既に学生はおらず、今年は獲れない年でもあるため閑散とした印象だった。

 ちなみにホームビジット先のご夫婦は、以前モスクワに近い町に住んでいたらしい。奥さんは大学で経理を学び、それをいかせる仕事に就くため択捉島へ来たそうだ。旦那さんも島内の工場で法律関係の仕事をしている。択捉島へは極東地域の人が来ているのかと思っていたので、モスクワほど離れた町から来ている事にとても驚いた。ロシアは就職情報が遠くまで行き渡るらしいことも興味深いし、ロシア人にとってそんなにも離れた地域に移住することに抵抗感が強くないこともおもしろい。   
択捉島民の生活についていえることは、おそらくロシア国内のロシア人の生活と変わらないだろうということ。不便さはあるが、物が極端に無い生活ではないし、島民だからという貧富の差も無いように見えた。住民はロシアから移住してきたのだから当然かもしれないが、衣食住などの生活状況はロシアと同じ、ただ不便で入手しにくさがある、という違いのみだと思われる。

ロシア極東連邦総合大学函館校 ロシア語科1年  赤羽 真依子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年09月25日

はこだてカルチャーナイト2011のご案内

 10月14日(金)、市内の文化施設や教育施設などを夜間開放し、家族そろって地域の文化に触れる催し、「はこだてカルチャーナイト2011」が開催されます。
 ふだん何気なく通り過ぎていても、見る機会がなかった建物や入りづらかった公共施設を見学する絶好の機会であり、各施設趣向を凝らした内容で、様々な体験をすることができます。
 昨年に引き続き、本校もこのイベントに参加します。昨年とは違ったプログラムで、みなさまのご来校をお待ちしております。
 秋の夜長、地域の文化を探検しにでかけませんか?

日 時:平成23年10月14日(金) 17:30~20:00
場 所:ロシア極東連邦総合大学函館校ロシアセンター

* かんたんロシア語
ロシア語のアルファベット表を参考にして、自分の名前カードを作ってみましょう。英語と似ているけれど、ちょっと違う、キリル文字で書くと不思議な感じになります。

* ロシア民族衣装試着体験
美しいロシアの民族衣装を着て、お手持ちのカメラや携帯電話で記念撮影してください。衣装は男・女・子ども用と取りそろえています。

* ロシア民芸品やパネルの展示、DVD上映など


はこだてカルチャーナイトについての詳細は、こちらをご覧ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年09月16日

9月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、9月21日(水)の放送は、パドスーシヌィ・ワレリー教授が俳優ユル・ブリンナーの生涯についてお話します。
 「王様と私」のあたり役で知られるユル・ブリンナーは、アメリカを中心とし、世界的に活躍していましたが、実はウラジオストクの出身です。俳優としての輝かしい表の顔と、その裏に隠された私生活についてご紹介します。
 どうぞお楽しみに。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成23年9月21日(水) 10:15~10:30
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校
     教授  パドスーシヌィ・ワレリー
     准教授 鳥飼 やよい(通訳)
テーマ:俳優ユル・ブリンナーの生涯

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年09月06日

ハリストス正教会聖歌コンサートのライブ録音をこちらから

 今年7月、函館ハリストス正教会の協力により、はこだてロシアまつりの中で開催された「正教会聖歌コンサート」のライブ録音を、教会のホームページから聴くことができます。
 教会スラブ語で歌われた厳かな聖歌や、多くの人びとの涙を誘った、震災の被災者に向けて歌われた合唱曲「幸せ運べるように」など、全5曲です。
 当日の美しいハーモニーをそのままに、下記ホームページよりお聴きください。

函館ハリストス正教会 http://orthodox-hakodate.jp/info/1191.html



コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年08月17日

過去の名作人形劇がYouTubeで見られます

 はこだてロシアまつりで上演し、好評を博したオリジナル人形劇をYouTubeにアップしました。「ロシア民話」で検索すると、出てきます。
 人形劇は過去5作上演していますが、すべてデルカーチ・フョードル副校長の指導により、学生たちが製作・出演しています。
 現在見られるのは下記3作ですが、残りもアップする予定です。一度見た方も、初めて見る方も、是非ご覧ください。

2005年 永遠の炎

2007年 ナナカマド・ネックレス

2010年 琴弾きサドコー


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年08月13日

8月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、8月17日(水)の放送は、石川県能美市職員で、函館校でロシア語研修中の島元延栄さんと、デルカーチ・フョードル副校長が出演します。
 島元さんは教育委員会の職員として、能美市と姉妹都市のロシア・シェレホフ市との交流事業を進めるため、ロシア語を学びに函館にやってきました。4月から7月までの約3ヵ月間、ロシア語漬けの毎日を送り、7月末からは一度能美市に戻るとともに、中学生派遣団を連れて、はじめてのロシア訪問をしてきました。
ふたたび函館に戻り、研修最後の仕上げに入った島元さんに、実際に習ったロシア語をどのように役立てたのか、ロシアの街・人の印象について伺ってみましょう。
 また、デルカーチ先生はイルクーツクの出身ですが、シェレホフはイルクーツクからとても近く、先生もこのような交流団の仕事を手伝って、シェレホフを訪れたことがあるそうです。どうぞお楽しみに。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成23年8月17日(水) 10:15~10:30
出 演:能美市職員 島元延栄 
     ロシア極東連邦総合大学函館校
      副校長 デルカーチ・フョードル
テーマ:はじめてのロシア・はじめてのシェレホフ

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年07月27日

7月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、7月20日(水)の放送は、在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所のブロワレツ・アンドレイ所長とウラジオストクから来たヨットマンのみなさんに出演していただきました。
 今年で24回目を迎えた青函カップヨットレースは、津軽海峡を横断する北日本最大の外洋レースであり、毎年ウラジオストクやナホトカなど、極東ロシアからも参加があります。
 今回はウラジオストクの2艇が出走、青森スタート・函館フィニッシュで熱戦が繰り広げられ、カマンドール・ベーリング号がオープンクラスで優勝を果たしました。

 シビル(シベリア)号のキリヨク船長は、海のないシベリア・ノボシビルスクの出身ですが、子どもの頃からオビ川でヨットを楽しみ、今ではヨットのない生活は考えられないとか。
 カマンドール・ベーリング号は、ロシアとアラスカを結ぶ海峡の名前にもなっている探検家・ベーリングから名づけ、ベーリングのように広く世界を回りたいという希望が託されているのだそうです。

 ブロワレツ所長は今回、仕事の都合でレースには参加できませんでしたが、カマンドール・ベーリング号のガマノフ船長は大学時代の恩師であり、そのほかのみなさんとも毎年函館での再会を楽しんでいるそうです。
 ちなみにブロワレツ所長のヨットの名前は「あさひ号」。これは、今年春まで函館市立あさひ小学校に通っていた孫娘・アナスタシアちゃんの命名によるものだそうです。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成23年7月20日(水) 10:15~10:30
出 演:在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所 
      所長 ブロワレツ・アンドレイ
     シビル号 船長 キリヨク・ヴィタリー(ウラジオストク)
     カマンドール・ベーリング号
      船長 ガマノフ・ウラジミル(ウラジオストク)
テーマ:青函カップヨットレース

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年06月23日

函館市中央図書館 映画上映会(ロシア特集)のお知らせ

 函館市中央図書館では、所蔵資料を活用した無料上映会を常時開催しています。6月26日(日)~7月31日(日)は、「ロシア文化フェスティバル2011 IN JAPAN函館オープニング」開催に合わせて、ロシア特集となっています。
 親子向けのアニメから「戦争と平和」全4部の上映など、多彩なメニューが組まれています。普段観る機会の少ないロシア映画を是非、堪能してください。
 
詳しくはこちらをご覧ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年06月21日

講演会「ニコライ来函とその時代」のご案内

 聖ニコライがロシア正教の宣教師として来日してから150年。函館ハリストス正教会や、ニコライ堂を拠点に活動したその生涯は、宣教活動のみならず、優れた日本学者としても日ロ交流史に大きな影響を与えました。
 そんなニコライの生涯と、文豪・ドストエフスキーとの接点を探る講演会が下記のとおり開催され、本校の鳥飼やよい准教授がコーディネーターを務めます。ニコライの人物像や生きた時代について、宗教とは違った角度から考察します。

 同時に、「ロシア文化フェスティバル2011 IN JAPAN 函館オープニング」開催記念「聖ニコライ写真パネル展(主催:函館市・在札幌ロシア連邦総領事館)」が会場前の展示ホールで7月10日(日)まで開催されます。サプリン総領事が函館や東京で複写し、説明を付けた写真資料約30点も合わせて展示します。

パネリスト:「ニコライと日本の出会い 日ロ交流史からの視点」
        駐札幌ロシア連邦総領事  サプリン・ワシーリー
「『罪と罰』にみる再生の希望―ドストエフスキー文学の主題」
        北海道新聞函館報道部次長  藤 盛 一 朗
コーディネーター:
        ロシア極東連邦総合大学函館校 准教授 鳥 飼 やよい

日 時:平成23年6月23日(木) 18:00~20:00
会 場:函館市中央図書館 視聴覚ホール
     函館市五稜郭町26-1
参加料:無料
主 催:「ニコライ来函とその時代」実行委員会
問合せ:080-1971-8901

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年06月09日

6月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、6月15日(水)の放送は、函館市企画部国際課主査 倉田有佳さん(本校非常勤講師)の登場です。
 
 いよいよ来月に迫った「ロシア文化フェスティバルIN JAPANオープニング」の函館開催に向けて、市民のロシアへの関心も高まりつつあります。
 ロシアと日本の歴史は函館から始まったものであり、今もハリストス正教会や旧ロシア領事館、ロシア人墓地を大切に守る街・函館を、ロシアの人々は特別な街ととらえています。
 そこで今回は「『ロシア』を発信し続ける街-函館」と題し、長い交流の歴史や現在の状況、さらに多数イベントが企画されているロシア文化フェスティバルについて、お話していただきましょう。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成23年6月15日(水) 10:15~10:30
出 演:函館市企画部国際課主査
     ロシア極東連邦総合大学函館校非常勤講師 倉田 有佳
テーマ:「ロシア」を発信し続ける街-函館

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年06月07日

オープンキャンパスとロシアまつりのお知らせ

 ロシア極東大学函館校では様々なイベントを通して、函館校に、そしてロシアに親しんでいただきたいと思っております。

 オープンキャンパスではロシア人教員と現役学生による模擬授業をはじめ、学校生活の紹介や、社会人として活躍する卒業生による仕事紹介などもあり、きっと参考になるはずです。
 今年度は回数を増やし、3回開催します。疑問に思うところを教職員に直接聞くこともできますので、この機会に、函館・元町にあるキャンパスを気軽に訪れてみませんか?

 また、オープンキャンパスよりもっと気軽にロシアを楽しめる機会、ロシアまつりにも是非ご来場ください。ロシア料理レストランや民族衣装試着体験、ステージプログラムなど、楽しい催しがたくさんあります。

 いずれも詳しくは函館校ホームページでご確認ください。

オープンキャンパス 
第1回 2011年6月25日(土) 13:00~15:00
第2回 2011年8月 6日(土)  13:00~15:00
第3回 2011年9月25日(日) 10:00~12:00

2011はこだてロシアまつり
2011年7月16日(土) 11:00~16:00

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年05月23日

「本のリサイクルフェア」開催のお知らせ

 キャンパス・コンソーシアム函館と函館市中央図書館では、不要となった図書を、地域住民の皆さまにもっと本に親しんでもらうとともに、資源の有効活用を図ることを目的に、下記の日程で頒布いたします。
 極東大学からもロシア語の図書や日本文学全集、雑誌のバックナンバーなどを提供する予定です。貴重なお宝が見つかるかもしれません。是非ご来場ください。
 詳しくは、こちら(PDF)をご覧ください。

日 時:平成23年5月28日(土) 10:00~17:00
              29日(日) 10:00~15:00
場 所:函館市中央図書館 ロビー(函館市五稜郭町26-1)
     ※ 当日、図書の貸出等通常業務はお休みです。
価 格:1冊 100円(税込み)
     ただし、雑誌・新書・文庫類は無料
問合せ:キャンパス・コンソーシアム函館  TEL 0138-44-4211
      函館市中央図書館          TEL 0138-35-6801

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年05月09日

5月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、5月18日(水)の放送は、札幌市在住の主婦、遠峯エレーナさんと電話でつなぎます。
 エレーナさんはエカテリンブルグ出身で、大阪外国語大学留学中に知り合ったご主人と結婚し、2007年から函館市在住になりましたが、現在はご主人の仕事の関係で札幌にお住まいです。

 テーマは「日本とロシアの子育て比較論」。エレーナさんには以前、このブログにも登場していただきましたが、今は二人のお子さんのお母さんとなり、子育てに奮闘中です。
 そんなエレーナさんが感じる日本とロシアの子育ての違いについて、お話を聞いてみましょう。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成23年5月18日(水) 10:15~10:30
出 演:遠峯 エレーナ
テーマ:日本とロシアの子育て比較論
<以前のブログ>FMいるか 遠峯エレーナさんを迎えて   

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年04月25日

合同公開講座「函館学2011」のご案内

 キャンパス・コンソーシアム函館(CCH)が主催する一般市民向け合同公開講座「函館学」が、今年も開催されます。
 CCH加盟の機関より各講師がそれぞれの研究テーマによって講義をするもので、今年は前期・後期合わせて全6回が予定されています。
 本校の担当分は下記のとおり、「聖ニコライ来函150周年-幕末・箱館にもたらされたもの-」と題し、函館ハリストス正教会の山崎 瞳さんがお話します。
 東京・神田のニコライ堂でその名が知られる聖ニコライが、箱館の地を踏み150年。さまざまな西洋文化を箱館にもたらし、異国情緒豊かな今日の函館ができ、いまも街に教会の鐘の音が響きます。ロシアの一司祭が箱館から全国に発信した精神性と文化。聖ニコライの業績を通して、その一端に触れてみましょう。
 各回ごとの申し込みは受け付けず、全回一括の手続きとなりますが、他のテーマも函館を知る上でたいへん興味深いものが並んでいます。大学の講義が気軽に受けられるこの機会をどうぞご利用ください。

合同公開講座「函館学2011」 6月11日(土)~11月26日(土) 全6回

<第1回>

日 時:6月11日(土) 14:00~15:30
テーマ:「聖ニコライ来函150周年-幕末・箱館にもたらされたもの-」
講 師:函館ハリストス正教会 山崎 瞳

会 場:ホテル法華クラブ函館
定 員:160名
受講料:全回受講 5,000円
    キャンパス・コンソーシアム函館加盟校の学生
     (聴講生・科目履修生を除く)、および高校生以下は
    無料で受講できます。
申 込:4月25日(月)~5月20日(金)

 お申し込み、お問い合わせはキャンパス・コンソーシアム函館
 (℡0138-44-4211)まで。
 詳細はこちらのホームページをご覧ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年04月13日

4月の「身近なロシア」は?

 昨年4月にスタートした「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」は、好評につき今年度も継続することになりました。引き続きおつき合いください。

 さて、4月20日(水)の放送は、はこだて外国人居留地研究会代表 岸甫一(きし・もとかず)さんによる「幕末の箱館とロシア」です。
 居留地研究会は幕末期の箱館に点在した外国人居留地の調査・研究に取り組む団体で、今までにロシア・アメリカ・イギリス・中国・フランスについての交流史がひと目で分かるマップを発行してきました。
 1861年、ニコライ・カサートキン(ニコライ堂の聖ニコライ)がロシア領事館付司祭として函館に着任してから150年にあたる今年は、函館でもさまざまな関連行事が予定されています。幕末の箱館のことを少し、お勉強してみましょう。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成23年4月20日(水) 10:15~10:30
出 演:はこだて外国人居留地研究会
     代表 岸 甫一 
テーマ:幕末の箱館とロシア

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年04月05日

ヤンケ姉妹、再び

 昨年4月、極東大学も参加した実行委員会が「ヤンケ姉妹のクロイツェル」と題したコンサートを函館市芸術ホールで開催し、大変好評を博しました。
 ヤンケ姉妹はドイツ人の父と日本人の母の音楽一家に生まれ、ヴァイオリンの有希マヌエラ・ヤンケはロシアが世界に誇る2007年チャイコフスキー国際コンクール第3位の実力派。続くスペイン・サラサーテ・コンクールでは有希マヌエラが優勝し、姉のピアニスト、歩マノン・ヤンケが最優秀伴奏者賞を受賞するなど、両者とも「ベートーヴェン、モーツァルト演奏の王道を行く本格派」と高く評価されています。

 そのヤンケ姉妹のコンサートが、5月21日(土)函館市芸術ホールで開催されます。このような短い期間で、しかも姉妹そろっての再演は、前回の演奏が高く評価されたものとして、実行委員会としても大変喜ばしく思っております。
 前回聞き逃した方は是非、足を運んで“ロシアの人々の心をも揺さぶった”という世界的な演奏をお楽しみください。

函館市芸術ホール“リサイタル・シリーズ”
 有希マヌエラ・ヤンケ&歩マノン・ヤンケ デュオ・リサイタル

  日  時:平成23年5月21日(土) 18:30開演
  場  所:函館市芸術ホール
  問合せ:同 上 TEL0138-55-3521

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年03月30日

ロシア文化フェスティバル2011 IN JAPANのご案内

 ロシア文化フェスティバルは、2006年日ロ首脳会談で締結された「日露行動計画」に基づき実施が始まり、今年で6回目を迎えます。文化や芸術を通して相互理解を深めることを目的に、ロシアから数多くの芸術家が来日し、日本にいながら本格的なプログラムに触れられるのが魅力です。

 新生ロシア連邦20周年・聖ニコライ渡来150周年を記念して開催される今回は、函館でオープニング行事が開催されることとなりました。函館は日本で初めてのロシア領事館が置かれ、聖ニコライが日本での布教を始めた、ロシアとは歴史的に深いかかわりのある地です。この機会に、ロシアの本物の芸術にぜひ、触れてください。


~函館で開催される主なプログラム~

<国立ボリショイサーカス公演>
かわいい動物たち、ユーモアたっぷりのピエロ、卓越したアーティストたちによる妙技の数々は、世代を超えて感動を与えてくれます。

日時:6月30日(木)~7月3日(日)
場所:函館市民体育館
*有料(チケットの詳細は後日発表になります)

<ピャトニツキイ記念国立アカデミー・ロシア民族合唱団コンサート>
本年創立100周年を迎える、ロシア最古の国民的合唱団。ロシアに古くから伝わる舞踊や衣装、民族楽器の演奏が一度に楽しめる舞台が魅力です。

日時:7月2日(土)
   18:30開演
場所:函館市芸術ホール
*無料ですが、全席指定・鑑賞券が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。
極東大学の学生は4月12日(火)のオリエンテーションで希望を取りまとめます。

<チェブラーシカとロシア・アニメーション>
ロシアの国民的人気キャラクターとして愛され続けるチェブラーシカの旧作・新作映画が上映されます。

日時:7月1日(金)~3日(日)
場所:北海道立函館美術館
*無料

その他、さまざまなイベントが予定されています。詳しくはこちらをご覧ください。 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年03月15日

3月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、3月16日(水)の放送は、イリイン・セルゲイ校長による「ロシアと日本の教育制度の違いについて」です。
 ロシアには小学校・中学校というくくりはありません。義務教育は日本より1年少ない11年間で、反対に大学は1年多い5年間です。ほかにも試験の方法など、さまざまな違いがあります。
 日本とロシアの教育制度について、比較してみましょう。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成23年3月16日(水) 10:15~10:30
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校
      校長 イリイン・セルゲイ
テーマ:ロシアと日本の教育制度の違いについて

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年02月22日

日ロ関係ゼミナール~函館から北方領土を考える~のご案内

 本校の学生には毎年、北方四島の青少年が根室市で交流を行う際のボランティア通訳や、北方領土ビザなし訪問への参加など、貴重な体験をする機会が与えられています。
 昨年来、北方領土問題はより一層厳しい局面を迎えておりますが、問題の解決には日ロ両国の交流増進と相互理解の構築が大切という趣旨から、社団法人北方領土復帰期成同盟渡島地方支部主催により、下記のゼミナールが開催されます。
 この中で、今年度根室市で行われた青少年受入事業と択捉島訪問に参加した学生3名が、それぞれ体験発表を行います。
 函館は1858年、日本で最初のロシア領事館開設以来、ロシアとの長い交流の歴史があり、択捉島とは幕末から漁業関係で深いつながりのある地域です。この機会に函館から北方領土を考える一助となるよう、ご案内申し上げます。

日ロ関係ゼミナール~函館から北方領土を考える~

日 時:平成23年2月26日(土)13:30~16:00
場 所:函館市国際交流プラザ 大会議室(本校建物1F)
内 容:1.講演「日ロ交流と函館豆記者交歓会の活動について」
       函館豆記者交歓会 会長  若 山  直 氏
       (株式会社 五島軒 社長)

     2.「函館豆記者交歓会」豆記者の北方領土研修体験発表
      (1)函館市立的場中学校1年 小 林 優 希 さん
      (2)函館市立桔梗小学校5年 東 山  楓 さん

     3.北方四島交流(ビザなし交流)参加体験発表
      (1)根室市青少年受入事業 
        ロシア極東連邦総合大学函館校
         ロシア地域学科4年 白 山 季 絵 
     
      (2)択捉島訪問体験発表
        ロシア極東連邦総合大学函館校
         ロシア地域学科2年 星 出 愛 子
     
      (3)択捉島訪問体験発表
        ロシア極東連邦総合大学函館校
         ロシア語科1年   小早川  眸

参 加:無料
主 催:社団法人 北方領土復帰期成同盟渡島地方支部(外務省所管法人)
     ℡0138-26-1653

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年02月16日

NHKテレビ放送時間、さらに変更のお知らせ

 2月16日(水)に予定されていたNHKテレビ「つながる@きたカフェ」(北海道内のみ)内で生中継する予定だったマースレニッツァ事前準備の様子は、国会中継が長引いたため、放送されませんでした。
 ただし収録を行い、下記の日時で放送されることになりましたので、再度お知らせいたします。

日時:平成23年2月17日(木) 午前11:50~(道南版)

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年02月15日

NHKテレビ放送時間変更のお知らせ

 先にご案内した、NHKテレビでの「マースレニッツァ」事前準備の中継が、国会中継のため、下記の時刻に変更になります。生放送のため、さらに変更になる可能性もあります。

日 時:平成23年2月16日(水) 午前11:45~

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年02月10日

2月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、2月16日(水)の放送は、鳥飼やよい准教授による「映画にみる、ロシアの大晦日」です。
 ロシアでは、毎年大晦日には必ず放映される、“ロシアの紅白”、または“ロシアの忠臣蔵”とも言うべき国民的映画「運命の皮肉」があります。1975年製のソ連映画が、今なお人々の心をとらえる理由、そしてそこから見えてくるロシアの国民性について、日本人の目から解説します。是非お聞きください。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成23年2月16日(水) 10:15~10:30
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校
     准教授 鳥飼やよい
テーマ:映画にみる、ロシアの大晦日

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年02月04日

NHKテレビで「マースレニッツァ」が紹介されます

 2月18日(金)、函館校にて行われる春を呼ぶおまつり「マースレニッツァ」の事前準備の様子が、NHKテレビで放送される予定です。全道版と道南版の2回、中継されます。
 生中継ですので、やむを得ない事情により予定が変更されることもあります。

日 時:平成23年2月16日(水) 
      午前11:30~ (全道版)
      午前11:50~ (道南版)

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年01月17日

1月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、1月19日(水)の放送は、グラチェンコフ・アンドレイ教授による「ロシアで人気の日本人作家」です。
 ロシアでは、古くは芥川龍之介や大江健三郎がよく読まれ、現在は村上春樹が人気です。
 村上春樹のロシア語翻訳者として知られるコワレーニン・ドミトリー氏は極東大学出身者で、ウラジオストク時代、グラチェンコフ先生の教え子でもありました。是非お聞きください。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成23年1月19日(水) 10:10~10:25
出 演:ロシア極東連邦総合大学函館校
     教授 グラチェンコフ・アンドレイ
テーマ:ロシアで人気の日本人作家

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2011年01月14日

ミリオン・ズビョースト 第66号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第66号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、鳥飼やよい准教授による「『運命の皮肉』あるいは、新年あけましておめでとうございます!」です。
ロシアの年末の風物詩とも言える国民的映画「運命の皮肉」について考察します。この映画を通して、ロシア人をもっと知ることができるかもしれません。

 また、不定期掲載のロシア料理のレシピは、「きのこの煮込み(ロシア風)」をご紹介します。クリーミーな煮込みで体を温めて、寒い冬を乗り切りましょう!是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年12月28日

2010年を振りかえって

 慌ただしく過ぎた2010年も終わろうとしています。今年も「極東の窓」をご愛読いただき、ありがとうございました。また、お忙しい中、原稿を寄せてくださった皆様方にも感謝したいと思います。

 今年2月、函館校のマースレニッツァに合わせる形で開催された、「日本・ウラジオストク協会懇談サロンin函館」にご参加の協会理事、小林千香子さんの「ワクワク函館への旅」を函館日ロ交流史研究会の会報で拝見したとき、小林さんが本当にワクワクと、心から函館での数日を楽しまれた様子がうかがえて、とても嬉しくなりました。早速「極東の窓」への転載をお願いしたという次第です。ずっと同じような環境に身を置いていると忘れがちですが、ロシアが好きな人々にとっては、函館という土地もこの学校も特別な空間です。日本中探しても、こんなところはほかにないでしょう。小林さんの文章は、少しほめすぎで面映いところもありますが、そのことをあらためて感じさせてくれます。

 私にとっての、今年一番大きな出来事はロシア軍艦「アドミラル・パンテレーエフ」の入港でした。詳しくは先日別に書きましたが、話を聞いてから受け入れまでの時間が少なく、前例もなかったため、入港前夜には日ロの関係者約20名ほどが極東大学に集結し、さまざまな問題について協議しました。実のところ船が入るまでは何がどうなのか、よくわからなかったのですが、受け入れに関わったすべての方々の多大なる協力により、大きな問題もなく、友好的に送り出すことができました。訳がわからないけど、やってみれば何とかなる、良くも悪くも非常にロシア的な、おもしろい体験でした。

 ところで昨年10月、ウラジオストク本学創立110周年記念式典に出席するため出張したときに私が見聞きしたことを、「ウラジオストク訪問記」として掲載しました。そして今年7月、今度はウラジオストク市が開基150年を迎え、姉妹都市である函館市公式訪問団の一員として訪問した倉田有佳さんに「今年開基150年を迎えたウラジオストクと函館のつながり」と題し、3回に渡り執筆していただきました。倉田さんは日ロ交流史における第一級の研究者でありますから、私たちにもわかりやすくウラジオストクと函館の関わりを教えてくれました。また、2012年のAPEC首脳会議開催を控え、どんどん変わりゆくウラジオストクの様子も聞くことができましたが、私が訪問した時からまだ1年も経っていないのに、街の様子はだいぶ異なり、驚くほど道路整備や橋の工事も進んでいるようです。時代とともに街並みは変わっていきますが、倉田さんの言うとおり、ウラジオストクの150年におよぶ歴史の光と影、さらには函館との古くからの接点にも目を向けてこそ、初めてこの街の底力や真の魅力を実感することになるのでしょう。

 話は変わりますが、昨年の本学創立110周年記念式典の際発表された、極東国立総合大学の極東連邦総合大学への昇格が、いよいよ現実のものとなりました。何しろ市内の4つの大学を統合してワンランク上の大学に昇格させるという大がかりなことなので、きちんとした体制が整うまでにはまだ時間がかかりそうですが、本学はすでに新しい名称と組織になりました。それを受けて、分校である函館校も2011年1月1日付けで、「ロシア極東連邦総合大学函館校」へと名称変更いたします。函館校については名称以外、組織などの変更はありませんが、新しい名前になじむまで、少し時間がかかりそうです。

 さて、来るべき年、7月にはハリストス正教会の聖ニコライ来日150周年記念行事が函館で開催されます。教会行事のほか、一般市民向けの講演会や展示なども計画されています。また、「ロシア文化フェスティバルin JAPAN」のオープニング・セレモニーが、日ロ両国政府関係者を招いて函館での開催を予定しています。それに附随して、さまざまな文化的行事が計画されているようですので、こちらも楽しみです。
 来年もまた、新しくなる校名と、変わらぬ私たちを、引き続きよろしくお願いいたします。
 

ロシア極東国立総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年12月24日

アドミラル・パンテレーエフの入港 2

 16日(土)と17日(日)に行われた一般公開では、金属探知機による持ち物検査なども行われ、検査を受けた後は自衛隊が用意したバスでなければ船に近づくことはできないなど、厳しい管理体制が敷かれた。そのため会場周辺は交通渋滞を起こし、検査を受けるまでに1時間、検査を受けて見学するまでさらに1時間の長い行列に並んだそうだ。初日は1,900人、二日目は激しい雷雨の中、1,400人もの市民が訪れたというから、ロシア艦船公開という、滅多にない出来事に対する人々の興味は相当なものだったと言えるだろう。


 16日(土)の夜、パンテレーエフで行われた艦上レセプションには、函館校の教職員が招待を受けた。船の上は、お料理も音楽もまさにロシア。甲板の上には花柄の絨毯が敷かれ、おいしいザクースカ(おつまみ)をいただきながら、楽しく歓談する。ともに制服に身を包んだ海上自衛隊とロシア海軍が杯を交わす。なんていい光景だろう、こんな様子を私のような一般人が目にするなんて、20年前には考えられなかったことだ、と感慨に耽る。

 途中、生バンドに合わせて合唱やダンスが披露される。ロシアの歌のほか、「さくら」や「ふるさと」などを、非常に美しい日本語で歌う。また、ロシア伝統の「水夫の踊り」を本物の水夫さんたちがコミカルに踊り、場を盛り上げる。お客さんを楽しませようとするロシアのホスピタリティを強く感じた。

 翌17日(日)の夜に行われたあまぎり主催の艦上レセプションでは、鏡開きが行われ、天ぷらやお寿司といった日本料理がふるまわれた。居合道・剣道・空手などの迫力ある武道展示が行われ、隊員たちが日ごろの訓練の成果を披露した。ロシア側の歓迎アトラクションとはずいぶん趣が違う、これもお国柄の違いということか。

 今回、私たちロシア極東大学は関係各所からの要請を受け、教員が公式行事で通訳を務めたり、学生3名が市内見学や交流の際のボランティア通訳として協力した。
 セーラー服を着た、まだ若い水兵さんたちは、なかなか外出する機会を得なかったため、18日(月)に行われた市内見学の日には大いに楽しんだようだ。函館校の学生は、大沼で行われたバレーボール交歓試合に同行する者と、市内史跡研修に同行する者とに別れた。海上自衛隊対ロシア海軍がバレーボールで友好を深めるなど、なんと楽しいことだろう。終わったあとは、北海道名物・ジンギスカンの食べ放題で、仲良く鍋を囲んだそうだ。
 史跡研修のグループは五稜郭や函館山、ハリストス正教会など、市内をバスで巡り、学生がその時々で通訳をした。聞いた話では、水兵さんたちは年齢も近く、ロシア語を話す日本人学生をたいそう歓迎してくれたそうで、学生たちも「めっちゃ楽しかったです!!」と言って戻ってきた。このような貴重な経験ができるのも、函館ならではのことだと思う。

 19日(火)出航の朝、8時前に関係者が埠頭に集合した。パンテレーエフとあまぎり、並んで係留された船では、それぞれに乗組員たちが朝の仕事を行っていた。私たちはパンテレーエフ艦上で行われた朝礼に呼ばれた。函館ハリストス正教会のニコライ神父が祈祷を行い、旅の無事を祈る。334人もいる乗組員が一糸乱れず整列する中、ソコロフ司令官からロシア極東大学や函館日ロ親善協会、ハリストス正教会などに対し、感謝の言葉が述べられた。「函館に入港することができ、何事もなく友好的に時を過ごすことができたのは、みなさんのおかげだ。函館はウラジオストクと街並みが似ている。是非また来たい。」
 その後、司令官自らが船内を案内してくれ、ミサイル設備などの説明を受ける。船の寄港中、とても楽しかったけれど、やはりこの船は軍艦なのだ。常に非常時を想定している。だけど、このミサイルが人に向けて使われることのないことを、心から願う。

 司令官から最後に、在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所のブロワレツ所長に対し、アンドレイスキー・フラグが贈られた。船から降りて、関係者が見守る中、ゆっくりと離岸するパンテレーエフの艦上には、多くの乗組員が等間隔に並び、帽子を回して別れのあいさつをしていた。海上自衛隊も同じくそれに応える。私たちは、先ほど司令官にいただいたアンドレイスキー・フラグを広げ、まっすぐウラジオストクに戻るという船を見送った。
 今回の交流でつくづく感じたこと、それは同じ海を間に向かい合うもの同士、海を愛する心と自国を守り平和を願う気持ちは同じだということ。願わくは、日ロの友好が永く続きますように。(おわり)
 

ロシア極東国立総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

アドミラル・パンテレーエフの入港 1

 ロシアの軍艦が115年ぶりに函館港に入港した。115年前といえば、まだ日露戦争前のこと、日本の元号は明治、向こうは帝政ロシア時代のことだ。
 通常、海上自衛隊との共同訓練などに伴い、外国軍の船が日本の港に入ることはあるが、今回は訓練を行う予定はない。入港の目的は親善友好、寄港地を函館とした理由はロシアと歴史的なつながりが深いこととされたが、迎え入れる函館側は突然の事態と事前の情報が少ないことに困惑した。
 寄港を許可した函館市に対する反対の申し入れは60団体にも及んだという。警備面での不安など、さまざまな問題も指摘された。
 しかし、来ると決まれば関係者一団となって受け入れ準備を進めなければならない。対潜大型哨戒艦「アドミラル・パンテレーエフ」はウラジオストクを母港とする、ロシア海軍太平洋艦隊所属の船。横須賀などに入港した実績はあるが、ロシアの軍艦が北海道に入るのは旧ソ連時代以降、はじめてのことなのだ。
 5日間の入港中は、アメリカなど他国に対するよりも厳重な警備が敷かれた。岸壁の1キロメートル手前にゲートが設置され、そこから先、関係者以外は船に近づくことはできなくなった。

 10月15日(金)の朝、海上自衛隊と協力して、函館日ロ親善協会が入港歓迎行事を開催した。埠頭には在京ロシア大使館の武官や防衛省海上幕僚監部の担当者なども集まり、制服を着た人々がずらり。物々しい雰囲気となった。
 いよいよパンテレーエフが入港する時刻となり、堤防を越えて船が函館湾に入ってきた。曇天の下、もくもくと煙を噴き上げ、近づいてくる様は少し時代遅れな気もしたが、私はこれから起こる未知の出来事に対し、まるで黒船襲来を受けるような心持ちになった。続いて海上自衛隊の「あまぎり」が入港。あまぎりは舞鶴港から来た今回のホストシップであり、パンテレーエフより二回りほど小さな護衛艦だったので、パンテレーエフの大きさが一層際立った。大湊から来た海自の音楽隊もスタンバイし、日本側の受け入れ態勢は整っていた。

 軍艦には色々な旗が掲げられている。一つひとつ意味を尋ねると、大佐が乗っているという印の旗、水先案内人が乗っているという印の旗など、船が今どのような状態なのかが瞬時にわかるような仕組みになっているそうだ。
 ロシア海軍の旗は白地に青で対角線が引かれた「アンドレイスキー・フラグ」。またの名をアンドレイスキー・クレスト(アンドレイの十字架)と言い、キリストと同じ十字架で処刑されるのは恐れ多いといって斜めにした十字架で処刑された聖アンドレイにちなんだ旗だとか。この旗をなびかせ、接岸した船を、海上自衛隊や我々関係者も、整列して出迎えた。両国の隊員が協力して船をつなぎ止め、船ばしごを渡す。ロシア軍の上陸という見たことのない光景に緊張感が漂う。

 司令官のソコロフ・ビクトル大佐が降りてきて、歓迎行事が始まった。花束贈呈や互いの挨拶、写真撮影などを行い、行事は30分ほどで終わった。多くの報道陣が押し寄せ、ロシア艦船入港への関心の高さを伺わせた。
 その後は、艦上昼食会や函館側への表敬訪問などの公式行事が行われた。(つづく)

ロシア極東国立総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年12月15日

アントン・ステパーノフ ピアノ・リサイタルのお知らせ

 ロシア国立グネーシン音楽アカデミー講師のピアニスト、アントン・ステパーノフ氏が初来日するにあたり、下記の日程でコンサートを開催します。
 ショパン生誕200年記念の記念すべき本年のショパンコンクールでは、上位入賞をロシア勢が占め、中でもグネーシン音楽アカデミー出身者の活躍が目を引きました。
 ステパーノフ氏はその中でも、ロシアピアニズムを受け継ぐ正統派とされ、彼の奏でる「展覧会の絵」は“ステパーノフの「展覧会の絵」”と称されるほど、モスクワでは有名なものだそうです。是非会場にお越しください。

アントン・ステパーノフ ピアノ・リサイタル

曲  目:ムソルグスキー 展覧会の絵
      シューベルト  三つのピアノ曲 D946
      ベートーヴェン ソナタ 第27番 ホ短調 Op.90
日  時:2011年2月8日(火) 開場18:00 開演18:30
場  所:遺愛女子中学・高校講堂(函館市杉並町23-11)
チケット:全席自由
■前売券 一般2,000円 小中高生1,000円
■当日券 各500円増

発売場所:カワイ楽器函館店、ヤマハアベニュー五稜郭、
       ロシア極東国立総合大学函館校
主  催:「アントン・ステパーノフ ピアノ・リサイタル」実行委員会
後  援:在札幌ロシア連邦総領事館、函館市、函館市教育委員会、函館市文化団体協議会、函館音楽協会、日本ショパン協会北海道支部函館地区、河合楽器製作所函館ピアノセンター、㈱ヤマハミュージック北海道函館店、北海道新聞函館支社、函館新聞社、NCV函館センター、函館山ロープウェイ㈱FMいるか、ロシア極東国立総合大学函館校、函館日ロ親善協会
お問合せ:090-3775-6146(吉田)


アントン・ステパーノフ(Anton Stepanov)

ロシア・モスクワ生まれ。リスト国際コンクール入賞(ワイマール)。
ロシア、沿ドニエプル共和国、ドイツ、中国においてコンサート活動およびマスタークラスを行っている。
ロシア国立グネーシン音楽アカデミー専門ピアノ科講師。
ポポヴァ記念合唱芸術アカデミーピアノ科講師。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年12月08日

12月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、12月15日(水)の放送は、イリイナ・タチヤーナ准教授による「ロシアのクリスマスとお正月」です。
 12月に入り、函館では海に浮かぶ大きなツリーが毎晩打ち上げ花火とともに点灯し、クリスマス気分を盛り上げてくれます。ロシアでも、もみの木はクリスマスのシンボルですが、日本とは違うロシアのクリスマスやお正月の過ごし方について、聞いてみましょう。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成22年12月15日(水) 10:15~10:30
出 演:ロシア極東国立総合大学函館校
准教授 イリイナ・タチヤーナ
テーマ:ロシアのクリスマスとお正月 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年11月29日

STVテレビ どさんこワイドに出演します!

 北海道の情報番組、STVテレビ「どさんこワイド179」に本校のデルカーチ・フョードル講師が出演します。“函館に長く住んでいる外国人が案内する函館(仮)”の特集で、先日収録が行われました。

 リポーターの三好りささんとともに、函館在住13年目のデルカーチ先生が紹介した、とっておきの函館は、名刹・高龍寺と函館山。高龍寺は曹洞宗の木造寺院で、明治43年に完成した総けやき造りの山門の彫刻が見事です。ロシアからお客様が来るとデルカーチ先生が必ず連れて行く場所だそうです。

 そのほか、乗り物ではなく、歩いて登る函館山を案内したり、お気に入りのお店を紹介しました。1年生の授業でロシア語文法を教えている、仕事中の様子も撮影しました。
 実際の放送でどの部分が使われるかは、見てのお楽しみ。道内のみの放送ですが、是非お見逃しなく!

STVテレビ 「どさんこワイド179」
2010年12月2日(木) 16:10頃から15分程度
“函館に長く住む外国人が案内する函館(仮)”
 ※デルカーチ先生とは別に、フィリピン人の主婦の方も登場する予定です。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年11月12日

秋のロシア人墓地清掃

函館校では6月と10月の年2回、ロシア人墓地のボランティア清掃を行います。

作業の前に、手順を確認します。ロシア人墓地のお向かいは中国人墓地。プロテスタントやカトリックの墓地もあり、一般的に外人墓地と呼ばれています。
秋の清掃は、教職員や領事館関係者のほか、ロシア人留学生やホストファミリー、留学生支援実行委員会のみなさんも含めて大勢で行いますが、今回は函館校の学生たちもたくさん参加しました。
秋の清掃は、落ち葉拾いと枝払いが中心。フェンスからはみ出している枝を切り、集めます。
1時間でこんなにたくさんのゴミが集まりました!
清掃の終わりには、函館ハリストス正教会のニコライ神父が祈祷を行いました。
これは、先日函館に入港したロシアの軍艦「アドミラル・パンテレーエフ」一行が捧げた花輪。異国で眠る同胞に祈りを捧げます。十字架の前の花輪ともども、ウラジオストクから持参してきたそうです。
コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年11月10日

HAKODATEアカデミックリンク2010のお知らせ


昨年の様子
 11月13日(土)、「『はこだて』ぼくらの研究フィールド」をテーマに、はこだて高等教育機関合同研究発表会が開催されます。市内8高等教育機関と函館市で構成するキャンパス・コンソーシアム函館の主催によるもので、本校学生も下記の内容で参加します。 学生による、日ごろの研究成果や課外活動についての発表です。函館の若い力が集結します。是非お越しください。

日時:平成22年11月13日(土) 11:00~17:00
場所:函館市青年センター
   函館市千代台町27-5 0138-51-3390

<ブースセッション>
 アヴァンギャルド「ロシア前衛美術の世界」

  ロシア地域学科3年 芹 澤 寛 人 11:00~17:00

 
<ステージセッション>  ロシア語の慣用句について
  ロシア地域学科4年 白 山 季 絵  15:45~16:00

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

第4回「函館市西部地区教育芸術祭」のお知らせ


昨年の様子
 地域の文化発展と交流を目指し、保育園から大学・町内会までが集まって日頃の活動の成果を発表する芸術祭が下記日程で開催されます。     ステージ部門では、合唱サークル「コール八幡坂」が来函中のロシア人留学生とともにロシア語による合唱を披露します。美しい民族衣装も見どころです。

展示部門ではロシア人留学生による書道展や、ロシアの民芸品・衣装の展示を行います。この機会に是非、見にいらしてください。

<ステージ部門>
日  時:平成22年11月11日(木) 13:30~15:00
場  所:函館市立西中学校体育館
内  容:各団体による音楽発表と会場合唱及び書道作品紹介
      ロシア極東大学・コール八幡坂出演 14:40~14:50
      合唱「みんなで歩こう」
         「カリーナが咲いているよ」
        
<展示部門>
日  時:平成22年11月12日(金)~15日(月)
      9:00~19:00(最終日は17:00で終了)
場  所:函館市地域交流まちづくりセンター 2F
内  容:各団体による作品展示(絵画・書道・陶芸・工芸品等)


参加団体:駒止保育園、市立弥生小学校、市立西中学校、北海道函館西高等学校、ロシア極東国立総合大学函館校、町会連合会西部地区協議会

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年11月09日

11月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、11月17日(水)の放送は、デルカーチ・フョードル講師が「モスクワ里帰り」と題してお話します。
 デルカーチ先生の出身地は“シベリアの真珠”・バイカル湖のほとりにあるイルクーツクですが、今は家族が皆モスクワに移り、そこが実家となりました。
 この夏の里帰りで見た、首都・モスクワの様子を聞いてみましょう。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成22年11月17日(水) 10:15~10:30
出 演:ロシア極東国立総合大学函館校
     講師 デルカーチ・フョードル
テーマ:モスクワ里帰り 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年11月08日

函館ハリストス正教会ホームページ開設のお知らせ

 函館ハリストス正教会では、この度独自のホームページを開設しました。今までは日本正教会のホームページの一部でしたが、今回開設したページでは今までより詳しく、函館正教会の催し案内や活動報告などを見ることができます。
 また、1996年に環境庁より「日本の音風景百選」に選ばれた、鐘楼の鐘の音を聴くこともできますので、函館で昔から“ガンガン寺”として親しまれてきた鐘の音を聴いてみてはいかがでしょうか。

 リンク集にも追加しました。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年10月15日

ロシア対潜大型哨戒艦「アドミラル・パンテレーエフ」一般公開のお知らせ

 ロシア太平洋艦隊(司令部・ウラジオストク)所属のロシア対潜大型哨戒艦「アドミラル・パンテレーエフ」が10月15日(金)~19日(火)の間、親善友好目的で函館港に入港します。公式歓迎行事のほか、  下記のとおり、市民向けの一般公開が予定されています。また、海上自衛隊の護衛艦「あまぎり」も歓迎のため派遣されます。
 ロシア艦船の北海道内寄港は帝政時代を除くと、旧ソ連時代を通じてはじめてのことです。

日   時: 平成22年10月16日(土)~17日(日)
        13:00~16:00

場   所: 函館市港町ふ頭(函館市港町2丁目)

注意事項:
 ①入港中、ふ頭周辺は交通規制され、駐停車禁止となりますので、公共交通を利用してください。
②見学希望者は、ふ頭から約1キロ手前の受付で荷物検査を受けた後、シャトルバスでの移動となります。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年10月14日

ミリオン・ズビョースト 第65号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第65号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、4月から事務局の一員となった長谷川吉秀学務課長による「Здравствуйте!」です。教員生活にピリオドを打ち、学生指導や新入生募集の仕事を担当することになった苦労が伺えます。

 また、この夏、北方四島との交流において、根室での受入事業ボランティア通訳を体験したロシア地域学科4年 白山季絵さんと、択捉島ビザなし訪問に参加したロシア語科1年 小早川眸さんのそれぞれの体験記が楽しく読めます。1ヵ月のウラジオストク留学実習から帰ったばかりのロシア語科2年 鈴木竜斗くんのほろりとくる感想文もありますよ。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年10月13日

10月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、10月20日(水)の放送は、グラチェンコフ・アンドレイ教授がロシア海軍の歴史について、お話します。
 来る10月15日(金)~19日(火)の間、ロシア太平洋艦隊駆逐艦アドミラル・パンテレーエフ号が函館港に友好親善目的で入港します。土日には一般公開も予定されているそうです。
 この機会に、ロシア海軍について、すこしお勉強してみましょう。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成22年10月20日(水) 10:10~10:25
出 演:ロシア極東国立総合大学函館校
     教授 グラチェンコフ・アンドレイ
テーマ:ロシア海軍の歴史

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年10月08日

「函館-ウラジオストク交流の諸相」講演会のご案内

10月17(日)、ウラジオストク建都150周年を記念した講演会が函館市中央図書館にて開催されます。
 函館日ロ交流史研究会主催によるもので、ウラジオストク研究の第一人者たちによる講演のほか、本校校長 イリイン・セルゲイも来賓挨拶を行います。 
 また、10月14日(木)~25日(月)の期間、同じく函館市中央図書館展示ホールにてウラジオストク建都150周年記念のパネルと写真の展示を行いますので、こちらも合わせてご覧ください。

ウラジオストク建都150周年記念講演会
「函館-ウラジオストク交流の諸相」

日 時:平成22年10月17日(日) 13:30~16:30
     13:00 開場
     13:30 開会挨拶
     13:45 来賓挨拶
          ロシア極東国立総合大学函館校校長
           イリイン・セルゲイ
     14:00 対岸に橋を架けた人びと-対岸航路と対岸貿易・再論-
           北海道情報大学教授 原 暉之
     15:10 極東ロシアとの交流と「浦潮日報」
           金沢大学名誉教授 橋本 哲哉
場 所:函館市中央図書館 視聴覚ホール
     (函館市五稜郭町26-1)
申 込:直接会場へお越しください(定員:120名)。
主 催:函館日ロ交流史研究会

ウラジオストク建都150周年記念パネル・写真展

日 時:平成22年10月14日(木)~25日(月)
場 所:函館市中央図書館 展示ホール

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年09月28日

はこだてカルチャーナイトのご案内

 10月8日(金)、市内の文化施設や教育施設などを夜間開放し、家族そろって地域の文化に触れる催し、「はこだてカルチャーナイト2010」が開催されます。
 ふだん何気なく通り過ぎていても、見る機会がなかった建物や入りづらかった公共施設を見学する絶好の機会であり、各施設趣向を凝らした内容で、様々な体験をすることができます。
 今回、このイベントに本校もはじめて参加することとなりました。下記のプログラムでみなさまのご来校をお待ちしております。
秋の夜長、地域の文化を探検しにでかけませんか?

日 時:平成22年10月8日(金) 17:30~20:00
場 所:ロシア極東国立総合大学函館校ロシアセンター

* ウラジオストク建都150周年記念パネル・写真展
(協力 函館日ロ交流史研究会)
 7月にアルセニエフ博物館で展示された「ウラジオストク―函館の150年の交流」の歴史パネル(日本語版)の一部と2012年APEC首脳会議開催に向けて開発が進むウラジオストクの今を伝える展示です。
 17:30~20:00

* 人形劇DVD上映
 毎年、本校のロシアまつりで上演し、大好評の学生による人形劇。今回は今年の作品「琴弾きサドコー」を上映します。
 1回目 18:00~18:30 
 2回目 19:00~19:30

* かんたんロシア語講座
 ロシア人教員が、はじめての方にもやさしくお教えします。
 お子様も一緒に勉強してみましょう。
 1回目 18:30~19:00
 2回目 19:30~20:00

はこだてカルチャーナイトについての詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年09月17日

ワクワク函館への旅

 2010年2月18日から20日、生まれて初めて北海道の地を踏む日がやって来た。「日本・ウラジオストク協会懇談サロンin函館」出席のためである。飛行機の往復だけではあまりにあけっけないので行きは新幹線「はやて15号」で東京出発、八戸で特急「白鳥15号」に乗りかえる。
 気のせいか青函トンネル前から雪景が本州とは異なるような感じ。サイロがあったり、すっきり伸びた樹木が雪景の中でロマンチックに異国的に写る。
 私の背後で若い女性が「就職が決まらない」ことを相方に訴えている。ガランとした車中で厳しい社会状況を知る。不況はもちろん全国的規模なのだが……。

初日はロシア極東国立総合大学函館校で日本・ウラジオストク協会浅井事務局長の「ロシア極東と日本地方都市の貿易」と題しての特別講義。ソ連(ロシア)ビジネスに携わって来られた浅井さんならではの厳しい現状も伺った。40名の聴衆は熱心に耳を傾けていた。
 続いて「マースレニッツア」という冬を追い出し春を迎え祝うロシアのお祭りが同大で行なわれた。冬を象徴するワラ人形「モレーナ」をかついで冬を楽しむ「クマ」「ウシ」のお面たち。やがて彼らは「太陽」にほうきで追い出されるという寸劇が演じられる。「冬」と書いてあるワラ人形に火が放たれ、「冬」の左に朱で糸ヘンをつけると「終」りという文字に。つまり冬は終りということになる。


 春の神「ヤリロ」が訪れ春となり、その寸劇は終わる。「コール八幡坂」の合唱団や学生達が加わり「マースレニッツア」が盛り上がる。日本流にいえば立春の訪れだ。
 雪の校庭いっぱいに香ばしい焼肉の煙が漂い始めた。料理の達人アニケーエフ副校長の指導のもと、学生達の手作り料理が次々と完成。ブリンヌイ、ボルシチ、シャシリーク(くし焼)、コンポート、ピロシキ等の御馳走が運ばれて来る。紅いボルシチの色がロシアを想い起こされなつかしい。
 私達の周りでも日本人男性と結婚した若いロシア人女性、留学生、教師、函館に住み着いたという東京人等との会話が弾み、楽しい交流会だった。
 同校のイリイン・セルゲイ校長は流暢な日本語を話された。2009年北海道新聞の「ひと」の記事によれば、先生はウラジオストク生まれ。中学時代ナホトカ近郊で過ごした。その折、図書館で川端康成の「山の音」の翻訳を読み「こんな国もあるのか」と感銘を受けたという(非常におませな中学生だったと思う)。私ごとになるが、学生時代私もやはり「山の音」を読み衝撃をうけた。突然大人の世界に投げ込まれた気がした。今から50年も前、宝塚から急行列車に飛び乗り鎌倉の川端先生宅の自宅前に佇む変な女学生を先生はジッと鷹のような冷徹な目で見つめられた。以来川端文学は私の原点になった。
 イリイン校長はこんなことも言われた。「以前卒論といえば学生が原稿用紙に手書きしたものを、うやうやしく持って来て両手で手渡したものだが、今はこんな小さなメモリーチップを持って渡しに来るのです。」それを先生がパソコンに入れて読ませて頂くというのもなんだか主客転倒しているような気がする。先生のため息もわかる。しかし時代は先に先に進んで行く。良きにつけ悪しきにつけ決して後戻りしない。


 夢の又夢でも20代に戻ってこんな大学でロシア語を勉強してみたいなアと希った。明るくユーモアとペーソスに満ちた校長先生の存在は今後も同大学の更なる発展を可能にするだろう。
 おみやげに同校の「15周年記念文集」、「15年の歩み」「関連新聞記事」等の冊子を頂いた。どれも立派で同校を知る上で貴重な資料だ。
 その後、同校内に置かれている付属函館ロシアセンターを視察した。若い女性スタッフが生き生きと活動している姿が頼もしかった。
 
 ハリストス正教会のニコライ・ドミトリエフ神父を訪ねた。白く美しい日本初のハリストス正教会の建物である。情熱的な語り口、巧みな日本語、何か不思議な人を包み込むようなお人柄だ。


 教会内でニコライ神父著蔦友印刷(株)「ロシア人・日本人」を求めた。帰ってから読んでみたが面白くて面白くて止められない。ハートフルな自叙伝である。「大好きな日本人にロシアを知ってほしい!」と訴えている。これこそ私の求めているものだ。多くの友人達にこの本を回覧することにした。

 市立函館博物館視察。 函館をみおろす丘の上の木造の古い建物が時代を感じさせながら佇んでいる。雪の道をふみしめ博物館にたどり着く。
 佐藤・大矢両学芸員が出迎えてくださる。樺太関係や露領・北洋漁業関係の資料をみせて頂く。熱心な説明が嬉しい。「にしん御殿」などという言葉を子供時代にきいたことがある。それも北洋漁業の盛んな時代の言葉だろう。

 夜函館山夜景を楽しむ。
 これが噂にきいていた百万ドルの夜景!太平洋と日本海どちらをも右と左に眺められるぜい沢。広大な夜景に息をのむ。弘前からかけつけたロシア語勉強中の青年と合流。山頂レストランで夕食。


 2月20日 宿泊先のホテルは清潔で眺めのよいホテルだ。夜景を眺めながら屋上露天風呂としゃれ込む。朝は風花に打たれながら湯に浸る。この幸せを何と表現したらよいか……。
 赤レンガ倉庫群は海の側に立ち並び昔の繁栄をかもし出している。

 ロシアホテル跡地、ロシア人墓地―雪の墓地に眠る函館にかかわった過去のロシア人がたくさん居ることを知る。


 この墓地は大切に保存されていた。
 旧ロシア領事館は擬ビザンチン風建築で二階建て建物。1908年に新築され、今は両国民の友好のシンボルとなっている。
 「旧ロシア領事館復元・活用の会」の工藤玖美子代表との出会いもあった。東京を脱出し、函館を本拠にし、この運動に全力をあげているという。函館を愛し、ロシアを愛する、ロマンを地でいく女性、私には彼女の気持ちがとてもよくわかる。

 午後の交流会は、函館日ロ交流史研究会が主催し、函館日ロ親善協会、旧ロシア領事館復元・活用の会、はこだて外国人居留地研究会、極東大学函館校教師の皆さん24名の参加があった。


 函館日ロ交流史研究会長谷部世話人代表からは同研究会の15年余りの歩みほか、前職場である市立函館博物館とアルセニエフ博物館との交流について画像を見ながらこの説明があった。
 日本・ウラジオストク協会事務局田代さんからは、協会の設立経過活動についての報告。中本会長からは、「日露の架け橋チェーホフと日本人をめぐる秘話 ‐チェーホフ生誕150年によせて」の興味深い話が画像と共に参加者を魅了した。
 又、エレーナ・イコンニコワさん(サハリン大)は、御自身のテーマである「ロシア文学におけるサハリンとクリル諸島のイメージ」について、中本会長による通訳を介して講演された。モスクワからみて極東の地もかくも知られざる深い歴史をもっていること、流刑の地であっても案外自由に人々は生きていたこと等。
 このような内容を普段知らされることはなかった丈に、よく綿密に調べられたことに驚きであった。18世紀19世紀、又は日露戦争の背景も加わり、詩や文学が極東の地を舞台に生き生きと語られているのに感動した。
 
 懇親会は失礼してひと足先に帰途についた。タクシーの運転手さんが、新幹線の止まる予定地が函館ではなくて次の駅に決定したことを「函館の危機」だとふんがいしていた。地形的に函館は無理だということなのだそうだ。
 旅人の私がとやかくいうことはできないけれど、これだけロシアとの深いつながりのある都市はない。この魅力ある都市は、東京ものですら東京を捨てて住まわせるほどの美しさやエネルギーを放っている。交通の不便さにより人々の足が遠のくのだとしたらロシアとの文化交流の妨げにならなかと心が痛む。次の機会には家族や友人と一緒に函館を訪れ、なつかしい人々と再会したいと希っている。
 この日のために奔走してくださった倉田有佳さん、そして函館の関係者の方々に心から御礼申し上げます。

日本・ウラジオストク協会 理事 小 林 千香子

(函館日ロ交流史研究会会報第32号より転載)

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年09月09日

9月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、9月15日(水)の放送は、ロシアのサッカーについて、イリイン・ロマン講師がお話します。
 ロシアはワールドカップ南アフリカ大会への出場を逃しましたが、国内ではサッカーが、とても盛んで人気のあるスポーツです。
 2002年のワールドカップ日韓大会・日本対ロシアの激闘をご記憶の方も多いと思います。
 CSKAモスクワの本田圭佑、FCトム・トムスクの松井大輔など、日本人選手の活躍も目立つロシア・プレミアリーグのことなどを話してもらいましょう。
 是非お聴きください。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成22年9月15日(水) 10:15~10:30
出 演:ロシア極東国立総合大学函館校
     講師 イリイン・ロマン
テーマ:ロシアのサッカー事情

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年08月16日

8月の「身近なロシア」は?

 「身近ロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、8月18日(水)の放送は、難解なロシア人の名前について、アニケーエフ・セルゲイ副校長が、わかりやすく解説します。
 ロシア人って、何であんなに名前が長いの?どれが苗字でどれが名前なの?「父称」って何?
 でも、法則さえ理解できれば、どれが苗字でどれが名前で、男性か女性か、お父さんの名前は何で、ときには出身地や民族までわかってしまう、便利な名前です。
 アニケーエフ先生がわかりやすい日本語で、その謎を解いてくれることでしょう。是非お聴きください。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成22年8月18日(水) 10:15~10:30
出 演:ロシア極東国立総合大学函館校
     副校長 アニケーエフ・セルゲイ
テーマ:ロシア人の名前について


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年07月27日

ユジノサハリンスク市の大学生等との交流会のご案内

 7月27日(火)から8月2日(月)まで、サハリンから約80名の青少年が第12回青少年サハリン・北海道「体験・友情」の船事業(北海道・ロシア極東交流事業実行委員会主催事業)に参加するため来道します。
 函館市では、このうち、姉妹都市ユジノサハリンスク市の大学生7名とユジノサハリンスク市国際部職員1名の計8名を7月30日と31日に函館市に招へいし、交流を行います。
 31日には、下記のとおり交流会を開催します。プログラムでは、函館市からユジノサハリンスク市を訪問する青少年交流団等の交流受け入れ実務に長年携わっている市国際部マチューヒナ主任から写真を交えながら交流報告が行われるほか、サハリン国立大学学生による「当世大学生事情」の報告とキャンパス・コンソーシアムの大学生の懇談が予定されております。本校の学生も参加します。
 通訳がつきますので、どなた様もお気軽にお越しください。

日 時:平成22年7月31日(土) 10:00~13:00
場 所:函館地域交流まちづくりセンター(函館市元町4-19)
     2F フリースペース
参 加:無料、定員50名(当日直接会場にお越しください)
主催・お問合せ:函館市企画部国際課 倉田 ℡0138-21-3634
*詳しくはこちらをご覧下さい。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年07月15日

7月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、7月21日(水)の放送は、倉田有佳さんの登場です。函館市企画部国際課主査で、本校の非常勤講師でもある倉田さんは、来日ロシア人研究を専門としており、今年度前期は、本校全学年を対象に、「北海道とロシア極東の交流の歴史」の講義を担当しました。
 今回のテーマは、今年「建都150年を迎えたウラジオストクと函館の交流史」。ちょうど函館が貿易開港した頃に歴史が始まったウラジオストクとの150年を振り返ります。
 また、今月初め、函館市公式訪問団の一員として150周年記念行事に参加してきた倉田さんのウラジオストクの「今」についての感想も楽しみです。ご期待ください。


FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成22年7月21日(水) 10:15~10:30
出 演:函館市企画部国際課主査
     ロシア極東国立総合大学函館校非常勤講師 倉田 有佳
テーマ:建都150年を迎えたウラジオストクと函館の交流史
関連行事「ウラジオストク市150周年姉妹都市展示会帰国報告会のお知らせ」について、こちらもご覧ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年07月05日

ミリオン・ズビョースト 第64号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第64号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、4月から極東大学に仲間入りした伊藤皓嗣事務局長による「魅力ある国際都市・函館」。いち早く異国の文化を吸収してきた函館について、様々なエピソードを交えながら紹介しています。

 また、同じくこの春から函館校の一員となった学生からの投稿もあります。ロシア語を学び始めて約3カ月、その喜びや苦労が垣間見える文章です。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年06月11日

6月の「身近なロシア」は?

 「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、6月16日(水)の放送は、函館ハリストス正教会 ドミートリエフ・ニコライ神父の登場です。
 テーマは「ロシアとの歴史における、日本の中の函館の役割」。ニコライ・カサートキン(ニコライ堂の聖ニコライ)、 ゴシケーヴィチ、ラクスマン、ゴロウニンなど、日ロ関係の礎を築いたロシア人はみな、函館を訪れており、日本とロシアの交流は函館から始まっています。
 ハリストス正教会のニコライ神父はとてもおしゃべり上手ですから、楽しいお話が聞けると思います。ご期待ください。


FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成22年6月16日(水) 10:15~10:30
出 演:函館ハリストス正教会
司祭 ドミートリエフ・ニコライ
テーマ:ロシアとの歴史における、日本の中の函館の役割

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年06月01日

小説クロイツェル・ソナタ

 「クロイツェル・ソナタ」(1899年)は、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」に触発されてレフ・トルストイが書いた小説である。
 ロシアの大地をひたすら進む夜汽車。その薄暗い客室で語られるある男の秘密。人並みに放蕩を経験した男は貞操の夢をもち結婚する。しかし男は早くも新婚の夜に結婚に疑いを抱き始める。そもそも、清らかで平穏な精神的愛と、刹那の快楽のみをもたらす肉体的愛の結合という矛盾を孕(はら)む結婚は、破綻したシステムではないのかと。はたして結婚生活は男にとって苦悩の連続となる。ついには妻とヴァイオリニストの関係を疑い始めるのだが、嫉妬に混乱した男の頭の中には2人が合奏する「クロイツェル・ソナタ」が鳴り響く。そして男はついに…。
 男は告白する。音楽は「私に我を忘れさせ、自分の本当の状態を忘れさせ、何か別の、異質な世界へと移し変えてしまう。」さらに「たとえばあのクロイツェル・ソナタの第一プレスト…ただ人を刺激するばかりで、果てしがない」と。音楽とは「恐ろしい道具」である、と。
 数多くの19世紀ロシア文学において鉄道は、数多くの主人公とその人生を列車に立ち向かわせた。トルストイも例外ではない。列車での同席が縁で知り合った青年士官との不倫の結末を描く「アンナ・カレーニナ」。アンナは最終シーンにおいて爆走する蒸気機関車の車輪の下に身を投げてしまう。また「復活」では、ネフリュードフのせいで身を落とした無垢の女カチューシャは、悔い改めた男を後にし、新たな愛を得て徒刑の地シベリアに鉄道で運ばれていく。ところが、この2作の間に書かれた「クロイツェル・ソナタ」においては、妻がヴァイオリニストと奏でるプレストの早急なリズムは、夜汽車の単調な振動に増幅され、いつまでも不吉に響き続ける。
 さて、コンサートホールのシートに身をしずめてヤンケ姉妹の「クロイツェル・ソナタ」を耳にする私たちは、果たしてこの音楽に何を聴きとるのだろうか?トルストイが、あるいは「男」が聴いたのとはまた違った「果てしない」高揚を経験するだろうか?
 (本原稿は、2010年4月16日函館市芸術ホールにて開催された「ヤンケ姉妹のクロイツェル」コンサート・プログラムに掲載されたものです。)

ロシア極東国立総合大学函館校 准教授 鳥 飼 やよい

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年05月17日

5月の「身近なロシア」は?

 この企画は、FMいるか「暮らしつづれおり」の番組内で、先月から始まりました。「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」、毎月第3水曜日の放送ですが、今月は19日(水)、グラチェンコフ教授の登場です。
 テーマは「ロシアの歴史・ロシアのヒーロー」。ロシア語はもちろん、ロシア史やロシア経済・地理・国家体制など、社会科系の講義の授業を受け持つグラチェンコフ先生が、ロシアの歴史についてお話します。
 日本は今、坂本龍馬に注目が集まるなど、歴史ブーム。ロシア人にとっての歴史上のヒーローは?一緒にお話を聞いてみましょう。函館地区のみの放送となりますが、どうぞお聴きください。

FMいるか「暮らしつづれおり」内
「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
平成22年5月19日(水) 10:10~10:25
出 演:ロシア極東国立総合大学函館校
教授 グラチェンコフ・アンドレイ
 テーマ:ロシアの歴史・ロシアのヒーロー

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年04月28日

「日ロの植物学交流史」講演会のご案内

 市立函館博物館では現在、特別企画展「いきもの事始め-函館発 博物学大事典」を開催中です。江戸時代末期の箱館開港時より、函館には多くの外国人研究者が訪れ、西欧の博物学的手法による調査でまとめられたデータを函館から世界に発信するようになりました。この機会に函館と博物学の関わりを考えてみてはいかがでしょうか。
 また、これに関連してコマロフ植物学研究所のアリサ・クラボフスカヤ氏が「日ロの植物学交流史」をテーマに講演します。講演は英語で行われますが、本校鳥飼やよい准教授が通訳を務めます。
是非足を運んでください。

特別企画展「いきもの事始め-函館発 博物学大事典」
会 期:平成22年4月24日(土)~7月11日(日)
 9:00~17:00(入館は16:30まで)
 5月3日を除く月曜日と5月6日は休館日です。
場 所:市立函館博物館(函館市青柳町17-1 ℡0138-23-5480)

講演会「日ロの植物学交流史」
 日 時:平成22年5月9日(日) 14:00~15:30
 場 所:函館市公民館(函館市青柳町12-17 ℡0138-22-3320)
 講 師:アリサ・クラボフスカヤ氏
     (コマロフ植物学研究所 上席研究員)

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年04月26日

ミリオン・ズビョースト 第63号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第63号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、イリイン・ロマン講師による「『日本の神』について」です。サッカーファンのロマン先生が語る、CSKAモスクワ本田圭祐選手の話題かと思いきや、最後には深い言語の話になります。とても勉強になりますよ。

 また、この3月に卒業したばかりの学生からの投稿もあり、それぞれの個性が発揮された文章となっています。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年04月23日

「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」のお知らせ

 ロシアについて理解を深めていただくための社会人対象講座「はこだてベリョースカクラブ」。本校教員が交代でロシアについての様々なテーマを選び、日本語でお話して、好評をいただいております。
 このたび、FMいるかで月~木曜日の午前に放送している「暮らしつづれおり」の中で、ベリョースカクラブのラジオ版がスタートしました。
 毎月第3水曜日の10:15頃から15分間程度、パーソナリティの山形敦子さんと本校の教員がロシアについて、身近な話題についてお話します。教員が交代で登場し、山形さんのナビゲーションでさらにわかりやすく、様々なロシアについて語ります。
 早速第1回目が、4月21日(水)に放送され、イリイン・セルゲイ校長が「身近なロシア 意外なロシア」をテーマにお話しました。函館地区のみの放送となりますが、どうぞお聴きください。

FMいるか「暮らしつづれおり」 月~木曜日 10:00~12:00放送内
新コーナー「身近なロシア~ベリョースカクラブ・ラジオ版」
毎月第3水曜日 10:15~10:30頃

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年04月13日

ロシアのタイプライター

 ロシア語のタイプライターをいただきました。リボンがないので、紙に打つことはできませんが、これを見た先生方は大喜び!ソ連時代は言論統制のため、印刷物の普及が制限されており、タイプライターも字体や特徴などを登録しなければ持てなかったとか。どのタイプで打たれた文書か、後で判別できるようにされていたそうです。先生方にとっても懐かしい代物です。

 とは言え、このタイプライターは1992年Любава社製とありますので、比較的新しいもの。当時の函館市のロシア人嘱託職員が使用していたそうです。パソコンやメールが当たり前になる以前、このタイプで打たれた文書が海を渡り、二つの国をつないでいたのでしょう。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年03月11日

「ヤンケ姉妹のクロイツェル」コンサートのご案内

 ロシアが世界に誇る2007年チャイコフスキー・国際コンクールで3位となり、その後、モスクワのロシア・ナショナルフィル、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場から招聘されるなど、ロシアとのかかわりを深めているヴァイオリニスト、有希マヌエラ・ヤンケさんと姉のピアニスト、歩マノン・ヤンケさんを初めて函館に招いてコンサートを開催します。
 お二人はモーツァルトの生地、オーストリア・ザルツブルクを本拠としている日系ドイツ人。「ベートーヴェン演奏の王道を歩む本格演奏家」と専門誌で評されており、函館の芸術創造、文化交流、教育に寄与する機会としてこの演奏会を企画しました。入場料はこのクラスの演奏家のコンサートとしては異例の水準に抑えましたので市民のほか、多数の中高生の来場も期待しております。
 当日演奏するベートーヴェン作曲のヴァイオリン・ソナタ「クロイツェル」は、後にロシアの文豪・トルストイが着想を得て、短編小説「クロイツェル・ソナタ」を執筆しています。圧倒的な力を放つ、ロシアゆかりの音楽と文学に触れる絶好の機会です。是非会場にお越しください。

ヤンケ姉妹のクロイツェル

ヴァイオリン:有希マヌエラ・ヤンケ
ピ ア ノ:歩マノン・ヤンケ
曲  目:モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ第25番KV.301
      チャイコフスキー 「ワルツ・スケルツォ」op.34
      ワックスマン 「カルメン幻想曲」
      ベートーヴェン  
      ヴァイオリン・ソナタ第9番 「クロイツェル」op.47
                                   その他
日  時:2010年4月16日(金)開場18:30 開演19:00
場  所:函館市芸術ホール
チケット:全席指定
     ■前売券 一般2,500円 大学生1,500円 小中高生1,000円
     ■当日券 500円増
発売場所:函館市芸術ホール、ヤマハアベニュー五稜郭、
カワイ楽器函館店、ロシア極東国立総合大学函館校
(学生券は芸術ホールのみの取扱となります)
主  催:「ヤンケ姉妹のクロイツェル」実行委員会
後  援:在札幌ロシア連邦総領事館、函館市、函館市教育委員会、函館市文化団体協議会、函館音楽協会、日本ショパン協会北海道支部函館地区、河合楽器製作所函館ピアノセンター、㈱ヤマハミュージック北海道函館店、北海道新聞函館支社、函館新聞社、NCV函館センター、函館山ロープウェイ㈱FMいるか
お問合せ:ロシア極東国立総合大学函館校  ℡0138-26-6523

<魂の音楽>
 ベートーヴェンが晩年の大作、荘厳ミサ曲の総譜に記した言葉は、ヤンケ姉妹の奏でる音楽にふさわしい。「心より出でて心に至らんことを」―。その演奏は、作曲家の魂に迫り、聴く者の心に響く。
 ドイツ人と日本人の音楽家を両親に持ち、ミュンヘン近郊に生まれ、ともにモーツァルトの生地、オーストリア・ザルツブルクに学んだ。パガニーニ2位、チャイコフスキー3位という有希マヌエラの輝かしい国際コンクール受賞歴や、指揮者の西本智実、ロシア最高のマリインスキー劇場管弦楽団の首席奏者たちとの歩マノンの共演は、才能の一端を示す証左にすぎない。NHK交響楽団に招かれた有希マヌエラの昨夏のメンデルスゾーンの協奏曲は、メンデルスゾーン・イヤーの白眉をなした。
 その二人の函館初の演奏会が実現する。プログラムは得意のベートーヴェン「クロイツェル・ソナタ」やモーツァルト、そして、ロシアの人々の心をも揺さぶったチャイコフスキーである。クラシック・ファンはもとより、吹奏楽や合唱を通じて真摯に音楽に取り組む小中高生にも聴いてほしい。諏訪内晶子、庄司紗矢香、五嶋みどりと、日本を代表するバイオリニストの出演が続いてきた函館市芸術ホールに、新たな名演の歴史が刻まれようとしている。

<有希マヌエラ・ヤンケ (Yuki Manuela Janke)>
 有希マヌエラ・ヤンケは、1986年ミュンヘンでドイツ人の父と日本人の母の音楽家一家に生まれ、3歳でヴァイオリンを始めた。9歳でオーケストラデビュー。ドイツ青少年音楽コンクールの全ドイツ大会、L.シュポア国際コンクール、ブラームス国際コンクールなどで優勝。イタリアが世界に誇る2004年パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールで最高位(1位なしの2位)と3つの副賞を得た。
 2007年、モスクワで開かれたチャイコフスキー国際コンクールで3位。同年のスペインのサラサーテ・コンクールで優勝した。
 クリスチャン・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団、小林研一郎指揮日本フィル、九州交響楽団、ゲアノート・シュマルフス指揮札幌交響楽団などと共演。2010年4月には外山雄三指揮大阪シンフォニカー交響楽団、イジー・シュトルンツ指揮東京シティフィルハーモニック管弦楽団の定期演奏会に出演する。
 欧州ではベルリン放送響(G.フェルツ指揮)、ワイマール・シュターツカペレ(G.A.アルブレヒト指揮)、ケルンWDR放送管弦楽団(H.フロッシャウアー指揮、M.ユロンスキー指揮)、アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ・オーケストラ、ロシア・ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団(スピヴァコフ指揮)などと共演してきた。
 使用楽器は、日本音楽財団から貸与されているストラディバリウス「ムンツ」。

<歩マノン・ヤンケ (Ayumi Manon Janke)>
 ドイツ・ミュンヘン生まれ。父のミュンヘン国立音楽大学教授アンスガー・ヤンケの指導で3歳の時にピアノを始めた。13歳でカールハインツ・ケマリング教授の特別予科生としてザルツブルグ・モーツァルテウムに受け入れられ、その後ピアノ科ソリストコースに入学。2004年、同教授のもとで最優秀賞とともにディプロマを取得した。
 2007年は、飛躍の年となった。6月のチャイコフスキー・コンクール・ヴァイオリン部門3位となった妹、有希マヌエラ・ヤンケの伴奏者を務め、同部門審査委員長のスピヴァコフ氏から絶賛。9月のスペイン・サラサーテ・コンクールでは有希マヌエラが優勝し、歩マノンは最優秀伴奏者賞に輝いた。
 07年9月にはサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場新コンサートホールで開かれた演奏会に招かれ、ゲルギエフ組オーケストラのビオラ、チェロ首席奏者とモーツァルトのピアノ4重奏曲を演奏。地元評論家から高い評価を得たほか、「音楽の友」誌で、有希マヌエラとともに「モーツァルト演奏の王道をいく本格派」と評された。2008年6月、09年6月には有希マヌエラと、日本各地でリサイタルを開いた。09年2月には、西本智実指揮のロイヤル・チェンバーオーケストラの演奏会に出演。釧路など3都市でモーツァルトのピアノ協奏曲第21番KV.467を演奏した。アウグスブルク国立音楽大学非常勤講師。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年02月19日

ウクライナ風イースターエッグ講習会のご案内

 正教会では、復活祭の間際に卵を赤く染めて飾り、親しい人と交換する習慣があります。それに伴い、今回函館ハリストス正教会で、ウクライナ風イースターエッグ講習会が開催されます。ウクライナ地方に広まった伝統工芸の技法を用いて、復活祭の飾り卵(イースターエッグ)を作ってみませんか?

日 時:2010年2月27日(土)・28日(日)
    13:00~16:00
*2日間で一つのエッグを作成します。

場 所:函館ハリストス正教会 信徒会館(函館市元町3-13)

会 費:実費(300円程度)

申 込:ハガキに住所・氏名・年齢・連絡先を明記の上、教会宛に送付して下さい(2月24日(水)締切)。人数に限りがあります。
    
送付先・お問合せ:〒040-0054 函館市元町3-13
          函館ハリストス正教会 TEL0138-23-7387

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年02月15日

日ロ関係ゼミナール~函館から北方領土を考える~のご案内

 本校の学生には毎年、北方四島の青少年が根室市で交流を行う際のボランティア通訳や、北方領土ビザなし訪問への参加など、貴重な体験をする機会が与えられています。
 北方領土に関する外交交渉は長期化しておりますが、問題の解決には日ロ両国の交流増進と相互理解の構築が大切という趣旨から、社団法人北方領土復帰期成同盟渡島地方支部主催により、下記のゼミナールが開催されます。
 この中で、今年度根室市の青少年交流と色丹島訪問の両方に参加した学生が、体験発表を行います。また、昨年10月、函館市公式訪問団の一員としてウラジオストクを訪問した職員が、ウラジオと函館の交流を柱にお話しします。
 函館は1858年の最初のロシア領事館開設以来、ロシアとの長い交流の歴史があり、択捉島とは幕末から漁業関係で深いつながりのある地域です。この機会に函館から北方領土を考える一助となるよう、ご案内申し上げます。

日ロ関係ゼミナール~函館から北方領土を考える~

日 時:平成22年2月27日(土) 13:30~16:00

場 所:函館市国際交流プラザ 大会議室(本校建物1F)

内 容:1.講演「ウラジオストクと函館をつなぐ橋」
       ロシア極東国立総合大学函館校 総務課長 大 渡 涼 子

     2.北方四島交流(ビザなし交流)参加体験発表
      (1)択捉島訪問体験発表  佐 藤 陽 三 氏

      (2)根室の日ロ青少年交流、色丹島訪問体験発表
        ロシア極東国立総合大学函館校
         ロシア地域学科2年 芹 澤 寛 人

      3.質疑応答

主 催:社団法人 北方領土復帰期成同盟渡島地方支部(外務省所管法人)  ℡0138-26-1653

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年02月12日

ラジオ番組のお知らせ

 2月も半ばに入りましたが、函館校では来年度の入学生をまだまだ募集しております。つきましては、以下のラジオ番組に職員が出演し、みなさんからご質問の多い、函館校のしくみや卒業時の資格等について、ご説明いたします。
 また、函館校が行っている市民向けの講座や取り組みについてもご紹介します。
函館地区のみの放送となりますが、是非お聴きください。


HBCラジオ 函館市広報番組「市民の時間(市政パトロール)」
2010年2月17日(水) 11:45~11:50
出演:ロシア極東国立総合大学函館校
   講師  工藤 久栄

FMいるか 函館市広報番組「市政だより」
2010年2月18日(木) 8:20~8:25、17:45~17:50(再放送)
出演:ロシア極東国立総合大学函館校
   講師  工藤 久栄


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年02月10日

泉山元写真展「日本人の目から見る日本とロシア」のご案内

 このたび本校では、校内函館ロシアセンターにて標記写真展を開催することとなりました。泉山氏は青森県八戸市に拠点を置く三八五グループの会長として会社経営のほか、地元の名士として八戸市や青森県の公職を歴任、現在も青森県日ロ交易(前・青森県日ソ交流協会)取締役を兼任するなど、日ロ交流の発展に大きな理解と功績がございます。
 系列の八戸パークホテル、二戸パークホテルでは昨年から開催しているロシア料理フェアが好評を博しており、本校や在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所も、展示民芸品の貸出や資料提供などで協力しております。
 また、泉山氏は財界人のメンバーで組織する経友写真クラブや有限責任中間法人二科会写真部青森支部会員として写真家の顔を持ち、二科展において多数の受賞歴がございます。
 今回の展示作品は14点、うち東北の祭りや風景を撮影したものが9点、ロシアで撮影したものが5点(モスクワ、サンクト・ペテルブルク、ハバロフスク)です。この機会に多くの皆様にご覧いただきたく、ご案内申し上げます。

  会 期:平成22年2月19日(金)~25日(木) ※土日を除く
      10:00~17:00 (初日のみ、オープニング 11:15)
  場 所:ロシア極東国立総合大学函館校内 函館ロシアセンター
       函館市元町14-1 ℡0138-26-6523
  主 催:ロシア極東国立総合大学函館校
  後 援:在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所
  協 力:三八五流通株式会社

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年02月01日

感動を再び!芸術団公演テレビ放映のお知らせ

 昨年12月に行われた「ロシア極東国立総合大学附属芸術団函館公演」が、地元のケーブルテレビNCVで全9回放映されます。
 函館地区のみとなりますが、オープニングからカーテンコールまで、丸ごと2時間の放映です。感動のステージを再びご覧ください。当日来られなかった方もこのチャンスをお見逃しなく!

NCVスペシャル「ロシア極東国立総合大学附属芸術団函館公演」

【放送日】
2月8日(月)・10日(水)・12日(金)19:00~ 
9日(火)・11日(木)14:00~
13日(土)13:00~、21:00~
14日(日)9:00~、19:00~

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2010年01月18日

ミリオン・ズビョースト 第62号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報である ミリオン・ズビョースト/百万の星 第62号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、デルカーチ・フョードル講師による「調子どう、ロシア?」です。2009年、ロシアで起こった様々な事件や現象について、デルカーチ先生がロシア人ならではの視点で振り返ります。アネクドート・オブ・ザ・イヤーのおまけ付きです。

 学生からの投稿では、ロシア語科2年の松山泰慶さんが、3ヵ月間のウラジオストク留学について、感想を綴ってくれました。
 また、今号からの新企画として、ロシア料理のレシピを紹介していきます。第1回目は「アニケーエフ家風ボルシチ」。アニケーエフ副校長の作るボルシチは最高です!是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年12月28日

2009年の出来事

 毎年暮れが近づくに連れ、今年も早かったなあ、という思い、そしてその早さも年々増していく気がします。こうしてまた、1年を振り返る時が来ました。
 函館校開校15周年という記念すべき今年。ただ、まだまだこの学校の存在を知らない、或いは取り違えている人が多いのも事実。そういう人々に函館校を知ってほしい、ここに足を運んでもらいたいと、今年は一般市民向けの文化活動をより多く行った年でもありました。

 函館ハリストス正教会と協力してのチャイコフスキー・コンサートや函館在住のピアニスト・髙実希子さんのコンサート、そしてつい先日、函館市民会館大ホールで開催した極東大学附属芸術団の函館公演などなど。
 「極東の窓」では、今年度から市民向け文化講座「はこだてベリョースカクラブ」の講義録の掲載を始めました。毎回講話の内容が実におもしろく、不可解な国・ロシアについて先生方がわかりやすく語っており、ここだけの話で終わらせるのはもったいないと思ったからです。今後もこうして、少しでも多くの人々の目に耳に、心に触れるよう、日々地道な活動を続けていきたいと思います。

 また、今年は「極東の窓」と開校以来の学報「ミリオン・ズビョースト」をまとめた文集を、15周年記念として発行し、関係者に配布できたことがとても嬉しいことでした。例えば、記念の祝賀会を開いてお世話になった方々をお招きするのも一つではありますが、一晩で終わる祝宴ではなく、形に残るものとして、15年の軌跡であるこの文集を、みなさまの手元に贈りたかったのです。

 反省すべきは、なかなかこの「極東の窓」を更新できなかったこと。卒業生からも、読んでいるという声を聞くにつけ、来年はもっとまめに母校の様子を知らせるよう心掛けたいと思います。

 函館市は今年、開港150年に沸きました。そして迎える2010年、今度はウラジオストクが建都150年を祝う番です。来年もよい年でありますよう。引き続きよろしくお付き合いください。

ロシア極東国立総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年12月21日

函館ハリストス正教会の市民クリスマス

 函館ハリストス正教会で、市民向けのクリスマス会が開催されます。当日は信者さんたちと一緒に聖体礼儀などの儀式に参加することができます。
 神父のお話や聖歌、世界一美しいと言われる正教会の行事に参加することができる、いい機会です。定員30名、直接教会にお出でください。

日 時:2009年12月24日(木)
     18:00~19:30(途中退席はできません)
場 所:函館ハリストス正教会 函館市元町3-13
     TEL0138-23-7387

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年12月02日

極東大学附属芸術団函館公演・続報

 12月8日(火)、函館市民会館大ホールにて公演が行われる極東国立総合大学芸術団について、今回来函する個々のグループと合わせて紹介します。団員はすでにロシアを出発し、現在は中国・大連で公演中です。
函館での公演をお楽しみに!

*  *  *  *  *  *  *

 極東国立総合大学附属芸術団は、若者の精神的・文化的感覚の育成と学生の創作能力、素質、関心を伸ばすことを目的に、1997年に設立されました。 
 芸術団は、合唱・バレエ・民族舞踊・演劇・サーカスなど様々なジャンルにおよぶ16のグループから成り立ち、約600の演目と年間100を超えるイベント出演数を誇ります。中国・韓国・日本など海外公演も多数行っております。 
 団体として、数々のコンクールでの受賞歴があり、また指導者がロシア連邦政府より多数の表彰や名誉称号を授与されるなど、ロシア国内においても高い評価を得ています。
 このような才能ある専門家や優秀な指導者たちによって、学生芸術団のコンサート・プログラムはプロフェッショナルな水準にあると言えるでしょう。

~グループ紹介~

1.民謡アンサンブル「ポクロフ」
(団長 ヴラーソワ S.V.)
 設立当初、小規模なフォーク愛好者たちの集まりだった「ポクロフ」は、プロフェッショナルな歌手集団へと変貌を遂げました。この「ポクロフ」は極東国立総合大学の宝物になると同時に、アジア・太平洋地域の国々でも、広く有名になりました。レパートリーはロシア民謡やコサック、ウクライナの楽曲など50曲以上に上ります。

2.民族舞踊アンサンブル「レゲンダ」
(団長 コステューケヴィチ S.P.)
 1997年に設立された、世界の様々な民族舞踊を踊るグループです。ロシア舞踊、カドリール(4人一組で踊る宮廷ダンス)、ウクライナ式連続バレエ、コーカサスのダンスなど、レパートリーは数限りなくあります。
 ハバロフスク市で開催された極東フェスティバル「学生の春2008」ではレゲンダの舞踊演目「兵士のバラード」が高く評価され、フェスティバル史上初めて、沿海州の舞踊芸術グランプリにもノミネートされております。

 
3.極東国立総合大学ボーカルグループ
(団長 ペトロワ M.N. ペトロフ V.V.)
 ここには、ボーカルグループ「タリスマン」、「アルファベット」と多くのソリストが含まれます。グループのレパートリーは、古き良き時代のロシアの曲はもちろん、「恋のバカンス」や「百万本のバラ」など、日本や海外のポップスまで幅広い楽曲があります。
 2003年から2008年に渡り、ボーカルコンクールでグランプリやその他の賞を多数受賞しています。

4.サーカス「カンフェッティ」
(団長 ラズーチナ O.V.)
 このサーカス団は2001年に設立されました。団員は20名で、沿海州アルセーニエフ市のサーカス学校「ヴェショーラヤ・アレーナ」の卒業生たちです。「カンフェッティ」は学生芸術団の中で、特に魅力とユーモアを持ったグループで、ウラジオストクで唯一の、学生によるサーカス団です。
 出演者の華やかなコスチュームや難易度の高い技の数々、情熱的な感情表現は観客に歓喜をもたらします。

 
5.フロアダンス「ブラヴィッシモ」
(団長 アバトゥーロフ I.A.)
 この芸術団は1997年に設立されました。「ブラヴィッシモ」のダンサーの情熱的なラテンダンスはすべての人々の心を揺さぶり、日本、中国、韓国など海外にもその名は広く知れ渡っています。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年11月13日

極東大学附属芸術団函館公演のご案内

 12月8日(火)、函館市民会館大ホールにて、本学附属芸術団の公演を、一般市民向けに開催します。
 芸術団は、極東大学と、附属カレッジ(日本の中・高校生にあたります)に所属する学生による組織で、民族アンサンブルやボーカルグループ、バレエなどのチームがあります。今回バレエは来函しませんが、ロシア民族舞踊や合唱、日本語による歌唱などを予定しています。
 芸術大国・ロシアで特別な訓練を受けている本格的な芸術団で、学生とは思えないハイレベルな舞台を披露します。本学でのイベント参加や海外公演経験も多く、今回は中国・大連と韓国・ソウルでの公演後、来日、日本では函館公演のみとなります。
 5年前に一度来函し、函館校のイベントには出演していますが、一般の方に広くご案内するのは初めてのことです。
 今回は、函館校開校15周年、本学開学110周年、親善協会設立20周年を記念し、函館市民のみなさまに日頃の感謝と恩返しの意味を込めて、無料で開催します。ロシアのハイレベルな芸術を多くの皆様にご覧いただきたく、ご案内申し上げます。

日時:平成21年12月8日(火)
開場 18:00
開演 18:30
場所:函館市民会館大ホール 
函館市湯川町1-32-1 ( TEL0138-57-3111)
主 催:ロシア極東国立総合大学函館校、極東国立総合大学、函館日ロ親善協会
後援:在札幌ロシア連邦総領事館、函館市、函館市教育委員会、財団法人 北海道国際交流センター、北海道新聞函館支社、函館新聞社、NHK函館放送局、NCV函館メディアセンター、函館山ロープウェイ(株)FMいるか、ロシア領事館復元・活用の会
入場:無料(整理券、事前申込は不要。当日先着順の入場とします)
問合せ先:ロシア極東国立総合大学函館校事務局
函館市元町14-1
TEL  0138-26-6523、FAX 0138-26-0342
Email info@fesu.ac.jp


■2004年 函館校開校10周年記念式典での様子


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

ラジオ番組のお知らせ

 下記の日程で、本校教職員がラジオ出演します。
本学開学110周年記念式典に合わせ、10月20~24日、函館市訪問団としてウラジオストクを訪れた時の様子などをお話します。
 また、12月8日(火)急遽開催が決定した「極東大学附属芸術団函館公演」についてもご案内する予定です。
 函館地区のみの放送となりますが、是非お聴きください。


FMいるか「暮らしつづれおり」
2009年11月16日(月)11:10~11:30
出演:ロシア極東国立総合大学函館校
   校長 イリイン・セルゲイ

FMいるか「ご機嫌ラジオ!皆方流」
2009年11月18日(水)15:10~15:30
出演:ロシア極東国立総合大学函館校
   事務局 大渡 涼子


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年11月09日

第3回「函館市西部地区教育芸術祭」のお知らせ

 地域の文化発展と交流を目指し、保育園から大学・町内会までが集まって日頃の活動の成果を発表する芸術祭が下記日程で開催されます。
  
 展示部門ではロシア人留学生による書道展や、ロシアの民芸品・衣装の展示を行います。今年は、新たに極東大コレクションに加わった、モスクワ近郊の有名な陶器“グジェリ”や、ホフロマ塗りを多数展示します。美しくめずらしいロシアの工芸品を、この機会に是非、見にいらしてください。

<展示部門>
日時:
 平成21年11月13日(金)~16日(月)
 9:00~19:00(最終日は17:00で終了)
場所:
 函館市地域交流まちづくりセンター 2F
内容:
 各団体による作品展示(絵画・書道・陶芸・工芸品等)
参加団体:
駒止保育園、市立弥生小学校、市立西中学校、北海道函館西高等学校、ロシア極東国立総合大学函館校、町会連合会西部地区協議会

*11月12日(木)に予定されていた西中学校での舞台部門は、新型インフルエンザ流行に伴い中止となりましたので、ご了承ください。

■昨年の展示

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年11月05日

HAKODATEアカデミックリンク2009のお知らせ

 11月7日(土)、「街がぼくらのアカデミア」をテーマに、はこだて高等教育機関合同研究発表会が開催されます。市内8高等教育機関と函館市で構成するキャンパス・コンソーシアム函館の主催によるもので、本校学生も下記の内容で参加します。
 学生による、日頃の研究成果や課外活動についての発表です。函館の若い力が集結します。是非お越しください。

日時:平成21年11月7日(土) 11:00~17:00
場所:函館市地域交流まちづくりセンター
    函館市末広町4-19 0138-22-9700
出演:「デルデル劇団」チーム
代表  ロシア語科2年 小林健裕
指導  講師 デルカーチ・フョードル

<ブースセッション>
函館からウラジオストクへ~極東国立総合大学紹介~

本校で毎年行われている「はこだてロシアまつり」の様子やロシア・ウラジオストク市の極東国立総合大学本学をパネルで紹介します。さらに、人形劇で使用する人形の展示も行います(終日ご覧いただけます)。
 


◆今年のロシアまつりでの人形劇の様子
<ステージセッション>
デルデル劇団による人形劇紹介

今年の夏に「はこだてロシアまつり」で発表したデルデル劇団の新作人形劇「失われた時間」。今回はその一部分を実際に上演し、劇の内容をご紹介します(出演予定時刻は15:45~16:00の予定です)。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年10月29日

元町で、フランスとロシアが出会う夜

091029.jpg ロシア極東国立総合大学函館校がある、ここ元町には、様々な国の宗教がひしめいている。東本願寺函館別院(日本)、函館ハリストス正教会(ロシア)、函館元町カトリック教会(フランス)、函館聖ヨハネ教会(イギリス)、日本キリスト教団函館教会(アメリカ)……。函館・元町出身の文芸評論家、亀井勝一郎(1907-1966)は、この状況を「世界中の宗教が私の家を中心に集まっていたようなもの」と表現している。この狭い地域に、このようにたくさんの宗教が集まっているというのは、世界的にも稀なことなのだそうだ。
 おもしろい話を聞いたことがある。これらの寺院は、ほぼ隣り合っていながら、祈る方向がまったく異なるのだ。東本願寺は南側にあるご本尊に向かって祈る。ハリストス正教会は東にあるイコノスタスに向かう。カトリックは西に向かい、ヨハネは北を向き祈る、といった具合だ。

 函館開港150年に沸いた今年、フランスと縁の深い函館元町カトリック教会もまた、150年を祝った。ロシアゆかりの函館ハリストス正教会も開港前年の1858年、ロシア領事館付属の聖堂として、その歴史をスタートさせている。
 夜になると本校からは、ライトアップされた、この美しい二つの教会の姿を眺めることができる。本校が現在使用している建物は、元々は函館白百合学園高校が使用していたものであり、八幡坂を挟んだ向かい側には、その母体となったシャルトル聖パウロ修道会が現在も活動を続けている。フランスとロシアが歴史的に深い関わりがあることは知られているが、ここ元町で今もまた、二つの国が向かい合っているのだ。

 このたび、本校講堂を会場に、パリ国立高等音楽院を卒業後、函館を拠点に活躍する気鋭のピアニスト、髙実希子さんのコンサート「ロマンチック・ナイト~フランス、ロシアからショパンへ~」を開催することとなった。第1部はラフマニノフ、プロコフィエフなどロシアの作曲家の作品を、第2部ではショパンの作品を披露していただく予定になっている。講堂のグランドピアノは、2年前に市民の方から寄贈されたもので、このピアノがついに、ピアニストの手によって力強く奏でられる時を迎える。

 今回、このコンサートのポスターは、実希子さんの言葉にヒントを得て、フランスとロシアの国旗をモチーフに作成した。出来上がったポスターを見て彼女は、ショパンの母国・ポーランドの白赤、そして日の丸の色もこの中には入っていると言った。
 祈りの方向は異なるかも知れないが、世界と人々の平和を願う気持ち、そして芸術を愛する心は、同じくひとつなのだ。フランスとロシアが出会う函館・元町の空気、そして可憐さと力強さを合わせ持つ実希子さんの素晴らしい演奏に、多くのみなさまに触れていただきたいと強く思う。

ロシア極東国立総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年10月07日

ミリオン・ズビョースト 第61号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第61号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、グラチェンコフ・アンドレイ教授による「未来からの銃声」です。本校でロシア語はもちろん、ロシア史・ロシア経済・ロシア国家政治体制・民族学などの講義を担当するグラチェンコフ先生の哲学的な文章には、昨今の世の中のあり方について、深く考えさせられます。

 また、学生からの投稿では、ロシア地域学科2年の芹澤寛人さんが、根室市で行われた北方領土島民の受入事業でのボランティア通訳の話と、引き続き参加した色丹島へのビザなし訪問について寄せてくれました。函館校の学生だからこそできる貴重な体験について、若者らしい視点で新鮮に語っています。是非ご一読ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年09月18日

函館市文学館「ロシアの文学について」のお知らせ

 函館市文学館が定期的に開催している「文学の夕べ」、今年度の第4回目は、函館開港150周年を記念し、本校でロシア文学を教えているアニケーエフ副校長が「ロシア文学について」と題して講演します。
 “ロシア文学の風土”をテーマに、ロシアの自然・宗教・歴史、さらには19世紀以降の文学の伝統などについてお話をします。
 わかりづらいと思われがちなロシア文学ですが、その背景を理解することでより深く味わっていただけるようになります。みなさまのご来場をお待ちしております。

講 師:アニケーエフ・セルゲイ(本校副校長・教授)
日 時:平成21年10月6日(火) 18:30~
会 場:函館市文学館 
     函館市末広町22-5
℡0138-22-9014
参加料:無料
定 員:50名

※ お問合せは、直接文学館へお願いします。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年09月15日

オープンキャンパスと地球祭のお知らせ

 ロシア極東大学函館校では、この秋も様々なイベントを通して、函館校に、そしてロシアに親しんでいただきたいと考えております。

 オープンキャンパスではデルカーチ・フョードル講師の模擬授業をはじめ、現役の学生による学校生活の紹介や、社会人として活躍する卒業生による仕事紹介などもあり、きっと参考になるはずです。疑問に思うところを教職員に直接聞くこともできますので、この機会に、函館・元町にあるキャンパスを気軽に訪れてみませんか?
 詳しくは函館校ホームページでご確認ください。

第2回 オープンキャンパス 
2009年9月27日(日) 10:00~12:00


 また、函館市内の国際交流団体が一堂に会し、世界の文化や環境について考えるイベント、第5回 地球祭が下記の通り開催されます。
 今年は学生自治会が、ロシアの串焼肉・シャシリクの販売を行います。ロシアまつりでも大人気のシャシリクを、この日も味わえますよ。
 そのほか、本校と函館日ロ親善協会が「ロシアの世界」基金 函館ロシアセンターを開放し、開学110周年を迎えた極東大学本学と、函館校開校15周年の足跡をたどるパネル展示を行う予定です。
 世界の料理レストランでは、ピロシキの販売もあります。会場はすべて本校の建物で行いますので、この機会にも是非訪れてください。
 詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

第5回 地球祭
2009年10月4日(日) 10:00~15:00

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年07月30日

チャイコフスキー・コンサート~ロシア音楽の夕べのご案内


[ポスターを持つ吉田千紗さん]
 ロシアクラシック音楽に親しんでいただく機会として、本校では函館ハリストス正教会、ロシア領事館復元・活用の会との共催により、標記コンサートを企画いたしました。札幌交響楽団のヴァイオリニスト山下暁子さんと現在モスクワに留学中の鈴木飛鳥さん、吉田千紗さんといった、いずれもロシアにゆかりの深い方々による演奏会です。
 また、吉田さんは函館出身で、高校在学中に本校でロシア語のレッスンを受けてから、ロシアに留学したこともあり、本校としても今後とも応援していきたいと考えております。
 当日の曲目は別紙の通り、チャイコフスキーのほか、先頃フィギュアスケートの浅田真央選手が今季フリー・プログラムで使用する曲として発表、注目されるラフマニノフの前奏曲「鐘」の演奏等、多彩なプログラムを予定しております。
 函館ハリストス正教会の信徒会館を会場に無料で開催します。夏の夜、ハリストスの美しい聖堂が見える会場で、多くの市民のみなさまにロシアクラシック音楽に触れていただきたく、ご案内申し上げます。

  チャイコフスキー・コンサート「ロシア音楽の夕べ」

2009年8月5日(水)午後6時開場、6時半開演
函館ハリストス正教会(函館市元町) 入場無料

主催 ロシア極東国立総合大学函館校、函館ハリストス正教会、ロシア領事館復元活用の会

出演者 山下暁子(ヴァイオリン、札幌交響楽団) 
     札幌生まれ。桐朋学園大卒、1991年札響入団。
     97-98年、ロシア・サンクトペテルブルク音楽院に留学。
     2007年、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場
     新ホールで開かれた演奏会「北海道―ペテルブルク」に出演

     鈴木飛鳥(ピアノ、モスクワ音楽院)
     札幌生まれ。桐朋学園大大学院卒。
     サンクトペテルブルク音楽院を経てモスクワ音楽院卒。
     現モスクワ音楽院大学院。フランスのN・ルビンシュタイン・
     コンクール3位
 
     吉田千紗(ピアノ、モスクワ・グネシン音楽学校)
     函館生まれ。函館白百合高卒業後、モスクワ・グネシン音楽学校
     へ。
     本年6月に卒業。9月からグネシン音楽学校大学院。
     ロシアのムジカクラシカ・コンクール2位

曲目  チャイコフスキー 「憂鬱なセレナード」、「四季」から6月、10月
     ラフマニノフ 前奏曲 作品3-2「鐘」
     グラズノフ 瞑想曲
     メトネル 「忘れられた調べ」第1集より「追憶のソナタ」など

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年07月08日

ラジオ番組のお知らせ

 いよいよ「2009はこだてロシアまつり」も近づいてまいりました。このまつりのご紹介を兼ねて、以下のラジオ番組に教職員が出演します。
 函館地区のみの放送となりますが、是非お聴きください。


FMいるか 「暮らしつづれおり」
2009年7月9日(木)10:15~10:30
出演:ロシア極東国立総合大学函館校
   事務局 大渡 涼子

FMいるか 函館市広報番組「市政だより」
2009年7月16日(木) 8:20~8:25、17:45~17:50(再放送)
出演:ロシア極東国立総合大学函館校
   講師  工藤 久栄

HBCラジオ 函館市広報番組「市民の時間(市政パトロール)」
2009年7月17日(金) 11:45~11:50
出演:ロシア極東国立総合大学函館校
   講師  工藤 久栄


コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

ミリオン・ズビョースト 第60号

 函館校の学報であり、函館日ロ親善協会の会報であるミリオン・ズビョースト/百万の星 第60号を函館校のページに掲載しました。

 今回の巻頭言は、今年4月から函館校の一員となった関谷隆事務局長による「開港150周年の歳に」です。前職で取り組んでいた「移住・定住」の話を中心に書かれています。

 また、4月に入学した学生の感想文もあります。環境の変化に戸惑いながらも、それぞれここに居場所を見つけつつある様子が伺えます。是非ご覧ください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年06月26日

大森巳喜生・訳「地下洞窟の子どもたち」

 鹿児島県曽於市在住の大森巳喜生さんが、В.Г.コロレンコの短編小説「地下洞窟の子どもたち(ДЕТИ ПОДЗЕМЕЛЬЯ)」を翻訳し、自費出版しました。
この作品は1954年発刊のソ連中等学校第5年生用の読本教科書「国民文学」からの抜粋で、既に岩波文庫から「悪い仲間・マカールの夢(中村融・訳)」として出版されたものがあります。

 大森さんは大学時代から独学でロシア語の勉強を続け、中学校の教員を定年退職後の2001年、函館校で2週間のプライベートレッスンを受けました。自身で選んだА.С.グリーンの「Алые парса(真紅の帆)」を購読するという授業を、イリイナ・タチヤーナ准教授と鳥飼やよい准教授が担当しました。大森さんは非常に熱意ある学生となり、2003年にも再び本校を訪れ、デルカーチ・フョードル講師の指導で「За даль земли(大地のはるか彼方に)」の和訳に取り組まれました。

 その後も晴耕雨読の生活をしながら勉強を重ね、このたび晴れて「地下洞窟の子どもたち」出版の運びとなった訳です。この翻訳の際には同じ鹿児島県出身の鳥飼准教授が監修を務め、1年半に渡るFAXのやり取りの中で推敲を重ねました。また、挿絵は大森さんの娘さんが描くなど、大森さんの人柄が伺われる、温かみが感じられる本になっています。
 大森さんは訳者あとがきの中で、「和訳本を上梓するのは不遜ではないか、と何度も考えたが、ロシア語を学んだ者としての意地・決意があった。合わせて等身大のロシア語学習歴の集大成を世に問うてみたいという願望が私を突き動かした」と述べています。

 大森さんの夢の実現に私たちが関われたことを嬉しく思います。そして何より、勉強を続ける大森さんの根気強さと「地下洞窟の子どもたち」の完成に心から拍手を送りたいと思います。
(*現在はプライベートレッスンは受け付けておりません。)

ロシア極東国立総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年06月17日

オープンキャンパスとロシアまつりのお知らせ

ロシア極東大学函館校では様々なイベントを通して、函館校に、そしてロシアに親しんでいただきたいと思っております。
 この機会に、函館・元町にあるキャンパスを気軽に訪れてみませんか?
 詳しくは函館校ホームページでご確認ください。

第1回 オープンキャンパス 
2009年6月27日(土) 13:00~15:00

2009はこだてロシアまつり
2009年7月18日(土) 11:00~15:00

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年05月15日

ゲオルギーのリボン

 ロシアが対ドイツ戦に勝利した戦勝記念日5月9日は、60年以上経った今でも重要な祝日として位置づけられている。近年、その傾向がより強くなり、「強いロシア」を誇示するための軍事パレードがモスクワの赤の広場で盛大に行われるようになった。日本のニュースでもその様子が報じられているが、ミサイルや戦闘機といった最新兵器が続々と登場し、一糸乱れず兵士が行進する姿は圧巻である。

 戦勝記念日に合わせて、2005年から行われている「ゲオルギー・リボン活動(Георгиевская ленточка)」というものがある。この日が近づく頃、オレンジと黒のストライプ模様のリボンが街なかで配布される。これは帝政時代の聖ゲオルギー勲章やソ連時代の栄光勲章の綬を模したもので、兵士の勇敢さを讃え、記憶するものとして、人々は車のアンテナや、バックの持ち手に結んだりするそうだ。

 先日、この活動に賛同しているモスクワの放送局「ロシアの声」から世界各地にある「ロシアの世界」基金ロシアセンターにこのリボンが送られた。ロシア文化への接点として、訪問者に配布してほしいとのことだ。到着が遅れ、今年の記念日は過ぎてしまったが函館校のロシアセンターでも配布していますので、興味のある方はお洒落にご利用を。

ロシア極東国立総合大学函館校 事務局 大 渡 涼 子

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2009年04月23日

開校15周年パンフレット・記念文集を発行しました

ph0904-3.jpg 1994年4月11日に開校した函館校は、おかげさまで本年15周年を迎えることができました。それにあたり、今までの本校の活動をまとめたパンフレット「15年の歩み」と、学報「ミリオン・ズビョースト」やブログ「極東の窓」を中心に読み物としてまとめた記念文集を作成しました。

 15年間は極東大学本学の110年の歴史と比較するとまだ浅いものではありますが、函館校も時代に即応した様々な変化を遂げており、パンフレットと文集はそれがわかる内容となっております。

 同窓生や学校関係者にはお送りする予定ですが、その他ご希望の方には事務局にて配布しておりますのでご連絡ください。

コメントを投稿