月別過去の記事

2017年11月02日

平成29年度「書評という仕事」講演会のご案内

 函館校も加盟しているキャンパス・コンソーシアム函館の図書館連携プロジェクトチーム・ライブラリーリンクでは、昨年度に続いて「本のこれからを考える」をキーワードに講演会を開催します。
 書評や評論など幅広いジャンルで執筆活動を続ける札幌大学名誉教授 鷲田小彌太氏を講師にお招きし、「書評という仕事」をテーマでお話しいただきます。書評は本と読者をつなぐ大切な仕事です。
 講演会は図書館職員向けの研修会ですが、本に興味のある方ならどなたでも参加いただけます。「本」のこれからについて一緒に考えてみませんか?

日 時:平成29年11月5日(日)13:00~14:30

場 所:函館市中央図書館 大研修室

テーマ:「書評という仕事」

講 師:鷲田小彌太氏

その他:定員50名、参加無料、申込み不要、当日直接会場にお越しください。

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

2017年11月01日

2017年極東大学オリジナルカレンダー 11月は?

<11月>血の上の救世主教会(サンクトペテルブルク)

 サンクトペテルブルクのメインストリート、ネフスキー大通りからグリボエードフ運河沿いに見えてくるこの教会は、ロマノフ王朝の皇帝アレクサンドル2世が1881年に暗殺された場所に建てられたため、このような恐ろしい名前で呼ばれています。しかしペテルブルクを象徴する、一度見たら忘れられない印象的な建築物です。
 訪れた日は朝から暴風雨で重い雲が立ち込め、暗い一日でした。それでも教会の中に入ると、天井の高い聖堂内は窓から漏れる薄日により、ラピスラズリや金色のモザイクで描かれたイコンが美しく輝いていました。晴れた日ならなお一層、鮮やかに輝くのだろうと想像します。
 

コメントを投稿
日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。