月別過去の記事

2019年09月02日

ロシアまつりの看板とご対面

 2010年の卒業生、石郷岡慧さんが、かわいいフィアンセとともに学校を訪れてくれました。
 
 石郷岡さんは、2008年のロシアまつりの際、美術の才能を遺憾なく発揮して、ウレタンボードで看板を作ってくれました。その前で記念に一枚。マトリョーシカを割ってチェブラーシカが出てくるユニークなデザインです。
 
 製作の様子がこちら。当時のロシアまつりは7月に屋外で開催していましたが、2月開催となった今もずっと、毎年大切にこの看板を入り口に飾っています。お客さんがこの看板の前で記念撮影する人気のスポットなのです。
 まだ使い続けていることに、石郷岡さんも喜んでくれました。

日本にいながらロシアの大学へ!ロシア極東連邦総合大学函館校
ネイティブのロシア人教授陣より生きたロシア語と
ロシアの文化,歴史,経済,政治などを学ぶ、日本で唯一のロシアの大学の分校です。

« はこだてグルメサーカス2019のご案内 |HOME

コメントを投稿





この情報を登録しますか?