2019年04月18日

●和文露訳要覧第464回

テルミンという電子音楽をお聞きになった方は多いと思う。『ネップ時代の歌と娯楽』Песни и развлечения эпохи нэпа, Кравчинский, Жеком, 2018によれば、これはロシア人テルメーンТермен(1896~1993、力点は二つ目のе)が発明し、1921年に公開したもの。当初はэтеротонと発明者本人は呼んだが、のちに発明者の名を取ってтерменвоксと呼ばれるようになった。新しもの好きのレーニンはこの発明の噂を聞き、クレムリンにテルメーンを招待し演奏させた。レーニンはこの発明を電子警報装置として使えないか(それによって護衛の数を減らせないか)どうか検討するようトロツキーに指示し、のちに国家護衛局Гохранで採用されたという。テルメーンはヨーロッパやアメリカを巡業し、大金を稼ぎ、黒人のバレリーナとも結婚したが、1938年帰国と同時に逮捕され、コルィマーに流刑となり、閉鎖研究所で働かされたという。どうも米国大使館に取り付けられた盗聴装置の開発に取り組んでいたらしい。1946年スターリン賞金賞を受賞。最初銀賞で推薦されたのだが、リストを見たスターリンにより金賞に訂正されたという。1991年ソ連瓦解の直前95歳のテルメーンはレーニンとの約束を果たすため共産党に入党した。テルメーンは長寿で自分は不死だとよく冗談を言った。その証拠に名前のアナグラムは»Термен – не мрет»だからだという。

出題)「彼はピアノの弾き語りをした」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [0]

2019年04月16日

●和文露訳要覧第463回

出題)「彼の戯曲は全国で上演されたものだった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年04月11日

●和文露訳要覧第462回

『和文露訳要覧』9-2-2項に下記追記した。
ロシア語には形式上大過去(過去の過去)を示す用法はなく、完了体過去形の点過去を援用するが、時間軸において相対的に後に起こる過去は完了体未来形で示され、比較の未来будущее сопоставительного呼ばれる。2-1-7項も参照。

(後にその言葉を彼は思い出す事になるが、その時にはそれらに注意を払わなかった)Потом он вспомнит те слова, но тогда не обратил на них внимания. 
(行き場のない貧困と10人のポクラス一家が暮らしていたキエフの小さな台所で私の物語は始まる)Моя история начнётся в маленькой кухне в Киеве, где жила безыходная нищета и десять Покрассов.

出題)「大きくなったら何になるの?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年04月09日

●和文露訳要覧第461回

『和文露訳要覧』9-8-2項に下記追記した。
чтобыの用法については10-14項で述べたが、не такが主文で使われるか、否定的な表現の場合、その内容は実際には起こらない(仮定法的)であるためчтобыが用いられる。

出題)「彼は母のすねをかじっている」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年04月05日

●和文露訳要覧第460回

『和文露訳要覧』
9-8-1 「とても~ので~である」というтак + 形容詞, чтоの構文

この構文ではтакの代わりにстольも使える。

(風がとても強くて屋根の瓦も飛ばされた)Ветер был так силён, что срывал черепицы с крыш.
(日本車の需要はぐんぐん伸びていたので、ディーラーは予約注文方式を導入せざるを得なかった)Спрос на японские автомобили рос столь стремительно, что дилеры вынуждены были ввести систему предварительных заказов.

такой (такая, такое, такие) + 名詞, чтоの構文なら下記の通り。

(彼の名字はとても発音しにくくて、舌をかんでしまうほどだ〔彼のは舌をかみそうな名字だ〕)У него такая труднопроизносимая фамилия, что язык сломаешь.
(上司のところに今行くか迷うほどの忌々しさが彼にこみ上げた)Его взяла такая досада, что он даже заколебался, ехать ли сейчас к начальнику.

9-8-2 「~するほど~するものない」не так + 副詞, как (чтобы)という構文

(デンマーク人には自らのユーモア以上に真剣に向き合うものはない)Датчане ни к чему не относится так серьёзно, как к своему юмору.
(まともにプレーするほど彼は賢くはない)Он не так умён, чтобы играть серьёзно.


出題)「この映画は今日でも輝きを失ってはいない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [7]

2019年04月02日

●和文露訳要覧第459回

出題)「血尿は痛みを伴いますか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [7]

2019年03月29日

●和文露訳要覧第458回

出題)「ご想像もなさらないくらいの成功だったのです」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [7]

2019年03月26日

●和文露訳要覧第457回

『死に山』(ドニー・アイガー、安原和見訳、河出書房新社、2018)
 本書は1959年ウラル山脈北部でのトレッキング中の遭難死の謎を解明したサスペンスあふれる好著である。ウラル工科大の9名が死亡、1名が途中で引き返したため難を逃れた。死体は靴を履いておらず、着衣も一部脱ぎ捨てた跡があるのに、テント内は整然としていたという。非常に興味深い遭難の理由についてはここでは述べないが、当時のソ連のウラルの市民生活にも触れられており、一読の価値はある。

出題)「しかしそれは一朝一夕にできることではなかった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年03月22日

●和文露訳要覧第456回

出題)「職場での飲食は健康へのリスクをはらんでいる」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [7]

2019年03月19日

●和文露訳要覧第455回

出題)「大金の服やいろんなアクセサリーをかき集めて、彼はピストルで(店の)主人を脅して、金を払わずに出てゆこうとした」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [6]

2019年03月15日

●和文露訳要覧第454回

出題)「ボタンを押したが、爆発は起こらない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [6]

2019年03月12日

●和文露訳要覧第453回

出題)「この人はこれまで見かけたうちで最も才能のある人だ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [6]

2019年03月08日

●和文露訳要覧第452回

出題)「とっくにこの悪しき誘惑を絶つときだ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年03月05日

●和文露訳要覧第451回

出題)「映画のギャラで彼らはマンションを買った」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年02月28日

●和文露訳要覧第450回

出題)「排尿時に残尿感はありますか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [6]

2019年02月25日

●和文露訳要覧第449回

出題)「誰だって間違える」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年02月22日

●和文露訳要覧第448回

出題)「彼は学者というより、むしろ政治家だ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [4]

2019年02月19日

●和文露訳要覧第447回

出題)「それは犯罪と紙一重だ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年02月15日

●和文露訳要覧第446回

出題)「彼はグループの160ルーブルを持ち逃げした」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [6]

2019年02月11日

●和文露訳要覧第445回

『和文露訳要覧』に下記追記した。

3-1-7-1 経験の用法と不完了体動詞過去形

(不名誉な〔彼の名誉を棄損するような〕係累なし)Связей, порочивший его, не имел. <人事考課の決まり文句>

 上の例文でも分かるように、経験(~したことがある)の用法は〔過去の時制〕の項の動作の有無の確認の用法の一つであり、不完了体動詞過去形を使う。これは経験では過去の動作はあるが、現在や未来の動作はなく、過去の時制以外では使われることがない不完了体過去形が用いられているためである。

出題)「彼が加われば劇の大入り満員は間違いなしだった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年02月08日

●和文露訳要覧第444回

シャギニャーンという人は1950年代か60年代にレーニンにユダヤ人の血が混じっていることを知り、党中央に駆け込んだが、今更なぜそんなことで大騒ぎするのかと一喝されて黙ってしまったという話を聞いたことがある。レーニンの長姉も自分たちにユダヤ人の血が入っていることを公表してはどうかとスターリンに訴えたが、聞き入れられなかったという。

『和文露訳要覧』に下記追記した。
3-1-3-1 過去から過去、現在及び未来に至る and/or 反復

 過去から現在に至る継続に不完了体現在形が用いられるのは、第3章冒頭に述べたように動作に、現在のこの瞬間が含まれるため現在の時制で扱われるからである。

出題)「食欲減退(イライラ感、仕事の能率の低下)は前からですか?」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年02月05日

●和文露訳要覧第443回

『和文露訳要覧』
10-13 –тоと-нибудьの使い分け

 「何か」の露訳については、что-то, что-нибудь, что-либо, кое-что, нечтоが考えられる。その違いは、что-то = неизвестно что(何か分からないもの)で、話し手には特定のもの(確かに存在するが、具体的に何かを明言しないか、イメージ的には具体的で、明確に分かっているが言葉で表現できないもの、詳細が不明のもの)である。だから過去時制と現在時制では使えるが、未来時制でこれを使うのは普通の会話ではあまりないと思われる。日本語の「なにやら」に似ている。

(空中に何かがきらめいた)Что-то промелькнуло в воздухе.
(それとも俺に対して奴は何か企んでいるのか?)Или он что-то готовит под меня? <何かよからぬことを>
(何か隠していらっしゃいますね)Темните вы что-то.
(もし彼の身に何かが起こったら、私死んじゃう)Я умру, если что-то случится с ним. <この何かは死、別離などであり、話し手にはイメージ的に特定なものであることが分かっている>

что-нибудь = безразлично что は「何でもいいから、ないしはイメージとして何もかたまっていない、これからはっきりする(させる)もの、明らかにする(なる)可能性があるもの、抽象的で漠然としたこと」という不定(有無を問わず)のニュアンスである。日本語では「なにかしら」という感じであろう。他にслучись что-нибудь(もし何か起こったら)と命令法でも表現できるが、これは日本語でも「もし何か起こってみろ、そうしたら」という表現もあるから理解しやすいと思う。что-либо はчто-нибудьと同義だが、もっと一般的な意味で、どんなものでもということを強調する。これなども10-3-1項の可算名詞の単数と複数の使い分けに似ている。кто-нибудьも特定の人が仮に話し手の頭にあったとしても、聞き手にとっては誰でもいいのであれば、-нибудьを使う。さらりと表現するというのは、不完了体の用法にも似ており、自己主張しない(相手の意識に負担をかけない)用法とも言える。

(何か起こったのですか?)Что-нибудь случилось? <不定(起こったかどうか不明)>
(きっと、うちのペーチャが学校でまた何かしでかしたのよ)Наверное, наш Петя опять что-нибудь в школе натворил.

(何か読むものを貸して下さい)Попросите что-нибудь почитать. <〔小数の知らない本のうちの1冊〕ということであり、что-либоに変えると、知らない本のどれでもいいから1冊という意味になる>

кто-нибудьは反復という文脈(異なる人々、異なる状況)においても任意の(不定の)「だれか」という意味で使われる。ところがкто-тоであれば名前を知っているかどうかは別にして特定の人ということになる。

(うちの課ではいつもだれかが長電話をしていた)У нас в отделе всегда кто-нибудь висел на телефоне. <кто-нибудь = тот или другой (иной)>
(だれかを人波の中に見つけようとしているかのように何度も振り向いた)Часто оглядывался, словно отыскивая кого-то в толпе.
(誰かグーニャを呼んでください)Позовите кто-нибудь Гуню!
 
кое-что(кой-чтоは口語)は聞き手には分からないが、話し手にはある程度分かっているものという意味と、いくつかのものという意味がある。нечтоは主格と対格のみで用いられ、ふつうは定語がつき、書き言葉的ニュアンスがあり、「~すべきものがない」という意味では用いられない。似た言葉のнештоは「まさか」という意味で、разве, неужелиと同義である。

(見せたいものがあるんだ)Я хочу тебе кое-что показать.
(都市の建物と田舎の農家の中間のもの)нечто среднее между городскими постройками и деревенскими избами

 когда-тоとкогда-нибудьの違いについても同様で、когда-тоは過去の「かつて」、ないしは未来の「いつか、つまり近接未来ではない未来」という意味である。一方когда-нибудь (когда-либо) は不定の時を示すわけで、普通は未来で、「いつか」という意味で多く使われるが、過去でも疑問文で動作が起こったかどうか不明のときに、「かつて」という意味で使われる場合がある。

(壁の右側にはかつて絵がかかっていた)На стене справа когда-то висела картина. <発話の時点では絵はかかっていない>
(それを〔かつて〕ご覧になったことがあるのですか?)Видели вы это когда-нибудь? <「かつて」が過去に起こったかどうかは不明>

この形容詞はкакой-нибудь (= тот или другой), какой-тоとなるが、使い分けは同じである。

(彼はある程度罪を認めた)Он признал в той или иной степени вину.

出題)「シャギニャーンの小説とその映画はあまり接点がなかった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [4]

2019年02月01日

●和文露訳要覧第442回

出題)「1930年代エセーニンの名はわが国では禁句だった」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [6]

2019年01月29日

●和文露訳要覧第441回

出題)「やるならでっかくやるのが好きだ」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年01月25日

●和文露訳要覧第440回

出題)「彼はギターでロシアの歌を弾き語りした」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [6]

2019年01月22日

●和文露訳要覧第439回

出題)「その歌の作者についてはこれまで研究者の論議の的である」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [4]

2019年01月18日

●和文露訳要覧第438回

出題)「『シンデレラ』撮影に関する多くの裏話が残っている」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年01月15日

●和文露訳要覧第437回

出題)「彼らは精神的損害の賠償を要求した」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年01月12日

●和文露訳要覧第436回

出題)「防戦一方では戦争には勝てない」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]

2019年01月08日

●和文露訳要覧第435回

出題)「1921年大晦日夜の初演はモスクワっ子を驚かせた」をロシア語にせよ。

Posted by SATOH at | Category : 和文露訳要覧 | コメントする・読む [5]